FC2ブログ

今日から滋賀で星空撮影始めます♪

カメラ初心者がのんびりお気楽に星空撮影

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

レス改造カメラで、カメラレンズは使えるかの巻

前回の記事では、EF-Sレンズを改造し

レス改造+MFAフィルター済の改造カメラに

EF-Sレンズ(キットレンズ)が装着できるようになりました。

あとは、カメラレンズでピントが出れば実戦配備デス。

近所の空き地にテスト行ってこよっ!( ◞・౪・)◞



車で5分・・・自宅よりは暗い! 見晴らしヨシ!

_(┐「ε:)_ズコー

久しぶりに来てみたら

街灯が設置されていて

東側にはビグザムみたいな、巨大な倉庫が建ってました。

もっかい_(┐「ε:)_ズコー

まっテスト撮影地なんで問題ないですケド・・・

近所なので、ゆっくり星空でも見上げて癒されてたんですけど

見せてもらおうか、CANONのキットレンズの性能とやらを・・・

なんて、赤い人がおっしゃってマスから

早速新架台を設置して、テストしていきます。

これまでスカイメモSで使ってたレンズはこの2種類デス。

固定撮影で始めた頃から、何も変わってません。

・CANON EF-S 55-250mm F/4-5.6 IS STM  

・TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical

長時間露光も見たいので、低感度で180~300秒追尾デス。

フラット・ダーク無しの1枚撮影で

画像処理は、なにもしてない状態です。

CANON EF-S 55-250mm F/4-5.6 IS STM
 250mm(換算400mm)側 ISO800 f5.6 300秒
 x7iにどレス改+LPS-D1 ノータッチ

オカ・ペリ星雲(北アメリカ・ペリカン星雲)


滋賀県でもペリカン君は、関西のオカンに怒られてました。

LPS-D1を装着してるので

露光時間は伸びそうですケド、青よりのカラーバランスですね。

ドコマデモ回転する

スカスカ・スコスコのリング

この頼りなさが、かわいいヤツなんですケド・・・ヽ(o’∀`o)ノヤーン♪

いい仕事シマス。

TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical
 50mm(換算80mm)側 ISO800 f2.8→4.0 180秒
 x7iにどレス改+LPS-D1 ノータッチ

はくちょう座付近


オカペリ星雲~サドル付近を撮影してみたんですけど

網嬢も写ってマスね。

追尾撮影だと、17mm(換算27mm)でしか使ったことが無いんですけど

この距離が新鮮に感じマス。

どっちも結構ギリギリだったんですけど

ピントの山がちゃんと

ぴ~ンと!

起ちました( ・ὢ・ )

イケそうですね。

比較的明るい対象なので、光害地でも写ってくれます。

どんよりしてますケド。

メイン機材の横で、遠征地で使うのがとっても楽しみデス。

これでカメラレンズの使用もOKで

これからは機材を余すことなく使えそうデス。

新架台の具合も良さそうデシタ。

7月の新月期

薄雲が撮影不能濃度で散布されないことをイノリマス。

サヨウナラ~(。・ω・)ノ゙


色々検証 | コメント:10 |

改造カメラがやってきたから、レンズも改造したの巻

しっかり脚がついた我が家の赤いスカイメモS。

脚なんて所詮飾りデスヨ・・・

なんて、整備兵に言われた我が家の

「アカイメモS・シャア・アズナブル大佐」も喜んでいます。

カメラレンズで運用していこうと考えてるんですけど

改造カメラx7(SEO-SP4)はメイン機材で使ってますから

使えるのは、日常用のノーマルカメラのみ。

しばらくはノーマルカメラで撮影してなんて、思ってたトコデス\\٩(๑`^´๑)۶////


CANON EOS kiss X7i にどレス改造

出会いは突然に・・・

にどすけさんご自身の手でレス改造されたカメラなんですけど

迷人会のドクターN?こと

にどすけさんのご厚意で、使ってくださいと譲り受けました。

ありがとうございます!

大切に、そしてコキ!使わせて頂きます。

レス改造なんで

何かしらフィルターがないと、赤かぶりがハゲシイらしいデス_:(´ཀ`」 ∠):

見てもワカンナイですけど

とりあえずキャップを外して見るとデス・・・


IDAS LPS-D1 MFA フィルター

フィルターがマブイ・・・マブイ・・・デスヨ

装備済みデシタ!

パーフェクト・ジオング!

いやジオングは関係ないんですけど・・・
(冒頭からの流れでつい・・・)

もう、なんもしなくてヨイですよ!

なんて思ってたら

レンズを装着しようとおもったトコで、問題発生デス_(┐「ε:)_ズコー

MFAフィルターを付けると、EF-Sレンズが付かないデス。

この出っ張り。

CANON EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM


本来マウントの窪みに入るはずが、MFAフィルターにあたります。

EFレンズにはこの出っ張りはありませんよ。

TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical


出っ張り・レンズの位置・フィルター位置の関係を測ってみて

出っ張りを削れば、フィルターと干渉しない

ワイド端位置でも、後玉はフィルターと干渉しない

---------------------------------------------------------------------------------
※EF-Sレンズをフルサイズカメラに誤って装着した場合
 
 ミラー動作時に接触します。
 
 装着できないように、EF-Sレンズにはこのような出っ張りが存在します。
  
 電子部品や後玉を保護する役割もありますから、以後の記事内容は自己責任となります。
----------------------------------------------------------------------------------


ヤッチャイナといわんばかりに

その部分だけ部品単位で分離できる構造なんですヨネ・・・



色々検証して

元に戻せて・容易に交換部品が入手できるのを確認した上で

削り飛ばす事にしました。

後程、ジャンクレンズでこの部品だけ確保して置きます。

旋盤で削ろうと思ったんですケド

素材が薄くて柔らかいので、食い込んだ瞬間割れそうな予感がシマス。

地道に紙やすりで平坦度を見ながらシコシコします・・・

電子接点部より、キモチ高いとこまで削れば寸法的に問題ないはずデス。



あとは外周部の小さいネジ4か所と

電子接点部の横のチョーチッサイネジ2か所で元に戻しますヨ。



装着時に変な抵抗や、ワイド端位置でも干渉はないようです。

電子接点も、ちゃんと機能しますネ。

これで、EF-Sレンズも使えるようになりました。



なんだか懐かしいこの

像の鼻みたいな凛々しいキットレンズの御姿。゚(゚´ω`゚)゚。ピー

LPS-D1は光害カットフィルターみたいですから

イッタことは無いですケド、るり渓・蔵王ダム・ベランダ撮影でお役立ちそうデス。

すさみや大塔だと必要ないかも知れないですケド

何かしらのフィルターはいりますから・・・

2018年7月よりIDASフィルター価格改訂・・・
(KYOEI大阪さんのショップHPへリンクしてます)

オゥ! イエス!

結構大幅な値下げデスね・・・

タイミング良すぎ・・・ԅ( ˘ω˘ԅ)

・・・

・・・

サヨウナラ~(。・ω・)ノ゙


機材 | コメント:8 |

ポータブル赤道儀 スカイメモS ⑩ 脚の強化 GP用三脚

もうすぐ7月の新月ですけど、ちょっと不安になってきました。

このままだと3か月連続坊主も現実味を帯びてきましたヨ・・・・

何かとアブナイ時期ですから、ポチリヌス菌に感染しないように工作活動シマス。



イキナリ完成画像です。

前回、修理したGP用の三脚なんですが

譲り受ける話をもらったときに

スカイメモS用の脚で使ってみようと思ってたんです。

いま使ってる Manfrotto MT055CXPRO4 でも特に問題はないんですけど

センターポール部分の構造って

天体撮影では必要ない上に、ガタ要因ですから排除したいんですネ。

スカイメモS側の極軸微動ユニット底部のカメラネジ

GP用三脚側はM10ネジレバーと

強調処理前のヒストグラムみたいな角があります٩( ‘ω’ )و

ココとソコが繋がるようにするには、饅頭2個ほどいりそうです。

饅頭① GP用三脚側プレート

突起を回避しながら

三脚に固定・スカイメモS側にも固定できるプレート。

必要なところの寸法を測定して、地道に切削活動です。

三脚側にはインローが付いてますから、これも生かしていこうと思います。

旋盤でアルミの素材を

外径φ100 インロー径φ59.5あたりで仕上げて



中央はM10×1.5でタップをタテマス。

ココは本来、三脚側に付いているボルトレバーと赤道儀を繋ぐトコ。

スカイメモS側のプレートと繋げるために、座グリ穴加工もイレマス。



M8ボルトが通るサイズにしました。

あとは三脚側の突起を回避する切欠きを入れて完成です・・・٩( ‘ω’ )و





早速、三脚側と取り付けてみましたが

なんか接地部が微妙に浮いてますケド・・・_(┐「ε:)_ズコー



外して確認すると、三脚側の接地面に浮き出し文字が・・・



「MADE IN JAPAN」

オゥ! イェス!

削り飛ばそうと思いましたが

残したいっ!

古き良き MADE IN JAPAN

なのでプレート側を掘り込みました。



これがJAPAN以外だったら、削り飛ばしてたかもしれん・・・

饅頭② スカイメモS側プレート

コチラ側は極軸微動ユニット底部のカメラねじと

さきほどのGP用三脚側プレートを固定するプレート。

外径はGP用三脚側プレートと同じφ100にしておきます。

中央部に3/8カメラネジのキャップボルトが通る座グリ穴をホジくります。



あとは、GP用三脚側プレートからのボルト位置に

M8×1.25のタップ穴加工デス。





現場でプレートを繋ぐのも煩わしいので

この2個の饅頭は、先にスカイメモS側に装着しておきますヨ。

こんな感じです。



この状態にしておけば、現地で三脚側のボルトレバーだけで設置完了デス。

そしてGP用三脚に・・・

パイルダーオン!



昭和と平成の堅牢なお姿に

自分でいうのもナンですけど、ムラムラしちゃいます。

これで、しばらく休んでいたスカイメモSも戦線復帰です。

サヨウナラ~(。・ω・)ノ゙


スカイメモS関係 | コメント:16 |

骨折してたGP用三脚の修理

楽しかった迷人会キャンプも終わって

絶賛坊主中ですけど、梅雨明けが早くなりそうで次の新月期に期待してます。



それまで、まだまだ機材ネタで引っ張っていきますよ~\\٩(๑`^´๑)۶////

ちょっと考えている事があって

修理すれば、まだまだ使えるはずとのことで

TSUBAKIさんより壊れて使ってないGP用の三脚を譲り受けました。

まずは診断・・・



見事に骨折してますネ・・・_:(´ཀ`」 ∠):

脚の開き留めを支えるブラケットの一つが折れてますヨ!



このままだと開脚が止まらず

インリンオブジョイトイを超えてしまうかもしれん・・・。

それはとっても大変デス・・・ฅ(ミ・ﻌ・ミ)ฅ

まぁあちらはM字開脚なんですけどね・・・

これをどう直していくかなんですけど

折れてない方のブラケットをコピーする事にしました。

適当な廃材のアルミ板にブラケットを置いて

スプレーでシューっとして形状を転写します。



あとはザックリと切り出して

黒い部分を手で地道にシ○○コしていきます。

形状は適当でいいですが

穴位置だけは重要なので、ソコは慎重に穴をあけていきます。



部品も単純で小さいですから、特に難しいところはナイですね。

取り付けてみました。



ついでに他の部分のボルト類をチェックしてみると・・・



程度の差はあれ全部ひん曲がってますネ。

どうやら結構無理な力が掛かっている感じがしますヨ。

ついでにボルトは新品に交換デス。

三脚の上から加重すると、どうやら開き留めが原因ッポイ感じです。

なんだか捻るような動きがある感じデス。

なので、三角版も製作してねじれの動きも抑え込むことにしましたデス。

ここは現行のSXG-HAL13 0三脚と同じ物が取り付きます。

SXPで使用している三脚の三角版と同じ物を作ります。



買うと数千ぐらいシマス・・・

適当な厚みの鉄板に線引いてカットして穴あけるだけですネ。



取り付けて上から加重してみたところ

ビクともせんようになりました。

ビクセンだけに・・・₍₍ (̨̡ ‾᷄⌂‾᷅)̧̢ ₎₎



23年前に購入したとのことですが

完治して、まだまだ働けそうですから

これからは我が家でお仕事に頑張ってもらおうと思います。

サヨウナラ~(。・ω・)ノ゙


スカイメモS関係 | コメント:14 |

2018 迷人会キャンプ IN 白浜

第2回あすとろぐらふぃ~迷人会のキャンプが

先週末に開催され、今回ワタシも参加させていただきました。

迷人会は関西を中心にメンバーが多いんですけど

メンバーは全国各地にいて活動していますから

遠方は岡山から道端小石さんとB.S.Rさんが

関東からはさすらいさんが参加されて総勢18名でのキャンプとなりました。

ワタシは前日に滋賀から大阪の実家に戻り

今回参加できなかったTSUBAKIさんとお会いしまして色々お話などしました。

朝6:00にええじさんと共栄大阪で待ち合わせをして

キャンプ地の白浜に向かいました。



久しぶりにお会いする方、初めてお会いする方などとっても楽しみにしていました。

この一角だけ南国リゾート漂う会場

まだなんにも始まってないデスけど

楽しいコカン・・・いや予感しかないですよ・・・


(隊長クラスには角があるようです。シンマツナガでしょうか)

まだ本番の画像処理も始まっても無いのに、みなさん真剣に聞いておられます。

こたろうさんによる開会宣言ののち

自己紹介をへて、とれとれ市場未経験メンバーを中心に昼飯・宴会飯の調達班



会場で画像処理の為の、機材設置班にわかれてキャンプが動き出しました。

昼食後、キャンプのメインである「画像処理」の勉強会が昼から夕方までの予定。

今年は1チーム8人程度に分かれて2チームとして

同じお題の「サドル付近」を2チームでそれぞれ仕上げていきました。

わたしはみっさん率いるチームで、みんなで色々意見を出し合って

立体感あり・ガスりまくりの、なかなかキモチいのサドルに仕上がったと思います。


(隊長機体には角があります。シャアでしょうか)

チームで意見を出し合いながらでしたから

自分が気づかなかったところ、逆に自分が気づいた所など

意見を聞いたり言えたりできたのかなと思います。

その後は、道端小石さん率いるチームの様子をみにいったり。



画像処理がおわったあとは

ほっそんさんと勝手に787bさんの網嬢データを触ってたり・・・



TSUBAKIさんより預かってきたBKP130の光軸調整会や各々思うままの時間をすごしました。



そして夜の部・・・



お寿司に魚のアラ汁など、南紀白浜らしい料理の数々・・・

星屋が集まれば基本的には星のお話になるんですけど

・・・ざわざわ

・・・ざわざわ・・・

お酒もどんどん入って、徐々に空気がざわざわし始めたのは言うまでもないですね・・・。

本人曰く

今回は期待されてるなかでのアレで、タイミングが難しい・・・

画像処理のほうがよっぽど簡単やっ!

と言ってたとか言ってなかったとか。

とか言いながらも、着々と準備のほうをしておられたように見えました(笑)

本人たちの名誉のために伏せますが

ジオンの偉いさんも言ってます。

あえて伏せよう!

だが、変○であるとっ!



文字だけの説明で恐縮ですが

左:下半身エビ 中央:色々100% 右:下半身白鳥

そんな感じで画像をイメージください。

色んな意味での出し物!?ダシモノで盛り上がり



各々温泉に入ったあと、有田のIさん持ち込みの超レアな赤道儀を触ったり

パソコンで画像処理をしているひとを見つけると

自然とそのまわりに人が集まります。



参加できなかったTSUBAKIさんも、ラインのビデオ通話で参加できたのでよかったです。

関東のDRAGONDEMANDさんも出張で大阪にきてたところを

急遽呼び出され参加されました。

夜もふけてきたところでみなさん就寝したんですが

夜中顔になにやら優しい空気あたってて目が覚めたんですが

隣のさすらいさんが転がってきてて、あやうく・・・・でした。

次の日は近くの千畳敷に観光や撮影に行かれる方



引き続き残ってゆっくりされるかた・画像処理の続きをされるかたなど。

787bさんが双眼鏡を並べての見比べ会もあったりと。



わたしは、おりおんさんに

ステライメージでの元絵作りをお勉強させていただきました。



気が付けば、両隊長クラスと周りにみなさん集まっておられたとこが

勉強熱心な迷人会の様相です。



最後に全員でお方付けをして

プールサイドにて集合写真を撮影しました。

集合5

玄関先でこたろう将軍・おりおん提督・夕焼け熊五郎大王のお言葉を頂いて

昼前に解散となりました。

今回初めて参加させていただきましたが

年齢も上から下までバラバラですけど、迷人会の名の下互いにシゲキし合い

撮影・画像処理技術の向上に迷人会メンバーありと。

まぁ中盤だけの記事をみるとアレですけど

撮影も画像処理もバ○も一生懸命、そんな迷人会を再確認したキャンプでした。

サヨウナラ~(。・ω・)ノ゙


雑記 | コメント:18 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。