今日から滋賀で星空撮影始めます♪

カメラ初心者がのんびりお気楽に星空撮影

3Dプリンターでプレートを作ってみる。

久しぶりの工作ネタです。
といっても今回自分が作業したのは、データ作りだけ。
あとは勝手に機械がやります(笑)

知り合いが3Dプリンターを買ったらしいので、早速なめなめしにいきました。
ですが、触ったりナメタリしても、ワタクシの心はちっとも満たされません。

使ってナンボ!
作ってナンボ!

用意してきた3Dデータを突っ込んでやりました。
(3Dデータには丸穴も入れましたが、強度的にどうかと思ったので積層時は無しにしました)




みた事あるとプレートだと思います。
K-ASTECさんのプレートが、機械で製作できる大きさに丁度良かったので
これを参考に3DCADで3Dデータを作りました。
ワタクシも一個持って使ってます。

ただの丸や四角の塊を作っても面白くないので、お題を持ってみました。
今後3Dプリンターで何か作ろうと思った時に、どれぐらいの精度や強度で製作出来るのかがお題です。
(知り合いの機械は、ワタクシメノモノ。ジャイアン理論です(笑))



約2時間ほど待って、出来上がったのがこちら。
基本的なパラメーターはそのままで積層していきました。
密度やらピッチやら速度やら色々と触れますが、今回はあまりいじらずどんな感じか見ます。

あたりまえですが軽いです。
面は思っていたより平滑な感じですが、ツルツルとはまた違う面です。
積層跡の感触は感じるものの、起伏は小さく手触りでは平面だと感じれる面です。
平面度は0.05~0.2mm 先端に行くにしたがって悪くなっていきましたが、思ったより良さそうです。
個人的には、面としては実用範囲内です。

裏側の段付き積層も、問題なくできていると思います。


どうかなと思っていた側面の溝。


アルカスイス規格に対応したクランプ溝ですが、綺麗にできていました。

全体的にエッジ部はだれるかと思ってましたが、想像以上にシャープです。
まったくだれてません。コーナーRも滑らかさんです。

片端に設けた幅2mm高さ2mmのストッパー部もちゃんと積層出来てます。
力を掛けてもポロっと剥がれる気配もありません。


一定の固さはあるよう に思います。
裏側は10mm厚に対して5mmの段付き積層。
厚みが半分の部分に、長穴形状を積層をして、強度的には低下しそうな箇所です。
それでも割と力を入れないと折れそうにないです。
力を入れれば僅かに撓んでいるのは感じますが、思ってたより強度はありそうです。
弱すぎるといった感じはしない。
格子状に積層しているので、曲げ方向には有利だと思います。

材料を変えたり積層条件を変える。
予め考慮して肉厚設計にするとかで、ある程度の強度は持たせれる感じです。
最適条件と設計次第でしょうか。

寸法精度は、今回の条件下では外寸で概ね0~0.4mmの誤差。
積層部が長くなればなるほど、甘くなっていく傾向があります。
mm単位ぐらいの精度だと思ってましたが、予想を裏切る精度に驚きです。
エッジがだれずにシャープなので、外寸精度は良いみたいです。

今回の3Dプリンターは、家庭用の安価モデルで、積層サイズも150mm×150mmぐらいです。
積層条件をきちっと煮詰めていけば、もっと良いものができそうです。
家庭用のモデルでも、ここまでの物が出来れば、作るものによったら十分活用できそうです。
でも、稼動部や高負荷な所に使うような部品は、十分に検討して設計したほうが良さそうです。
そういう所は、やっぱり強度・精度的に削りだし品がいいのかなと思います。

せっかくなのでカメラに装着。


K-ASTECさんのプレートを持っているので使いませんが、良いでしょう(笑)

また時間がある時に遊んで見ます。
雑記 | コメント:0 |

永源寺ダムに寄ってみた。

撮影地の新規開拓というわけではないのですが、
先日キャンプにいった帰りに、近かったので東近江市にある永源寺ダムによってみました。
場所的には、日野町にある蔵王ダムから、15分ほど北に走った所にあります。

永源寺ダムです。
<
ダムの堤防からの眺めです。
この日は減衰傾向だったのか、水が少なかったです。
道路に出てもう少し先に進むと管理棟の駐車スペースがあるようです。
この日は家族もいたので行きませんでした。
そちらのほうが落ち着いて撮影できるかもしれません。
堤防の街灯が終日点灯しているかはわかりません。
蔵王ダムは遅くても22:00頃には消えます。

空の暗さはわかりませんが、近くのキャンプ場で見た感じでは蔵王ダムと同じぐらい。
なので、行くなら15分でも近い蔵王ダムでいいのかもしれません。

位置的にはこんな感じです。

赤丸付近でキャンプしていました。
このあたりはダムが多いです。
蔵王ダムの少し横にある日野川ダムにも行ったことがあります。
住宅街のすぐ横にダムがあるので、規模は小さくて池みたいでした。

ちなみに台風5号の影響で、蔵王ダムも永源寺ダムに行く道も現在通行止めです。
避難勧告がでているようです。
雑記 | コメント:2 |

キャンプに行ってきました。

梅雨があけても湿気が多く、夜もすっきりしなく遠征に行けません。
先週の木曜日は夜スッキリ晴れていい空でした。
そんな時に限って、次の日からキャンプがあり前日の夜に遠征できない日でした。

先週の金曜に滋賀県内にあるキャンプ場に行って来ました。
下見では、サイトの横に川があり北・東・南は開けていて撮影出来そうなキャンプ場です。
方角的には、ホームの蔵王ダムの少し北側にある永源寺ダム方面のキャンプ場です。



中々、新月期とキャンプ日が合いませんでしたが、今回は新月期でのキャンプです。
なので撮影する気満々で撮影機材も準備しました。
計画では、上の写真の場所に機材を設置して影しようと思っていました。

でも当日にGPVで確認すると駄目そうだったので、結局機材は置いて行きました。

完全に雲が湧いてきたのが23時頃で、それ以降星は見えなくなりました。
雲が湧き始めるまでに、1対象ぐらいなら撮影できたかもしれません。

キャンプに行くと大抵嫁・子供は21時頃に寝ます。
自分は焚き火をしながら珈琲を1:00ぐらいまで飲んでいます。
予約したサイトは林間サイトなので、所々開けていて木々の間から星が見えていました。

カメラと三脚だけは持ってきていたので、もったいないので雲が広がる前に少しだけ撮影しました。久しぶりの30秒の固定撮影です。1枚撮影でPSのCameraRawでノイズ処理だけしました。



丁度真上の木々が開けているところにこと座が見えるタイミングで1枚。
丁度ハンモックに寝ながら見上げてるとこんな感じです。
少し雲が湧き始めてます。



こちらは南側。
バンビの横顔が木々に隠れそうですが、土星が丁度木々の間に入っていました。
こちらも1枚だけ撮影しました。
車の前は炊事場の明かりです。
こちらも雲が湧き始めてます。

冒頭の場所までいけばもっと開けた写真が撮影できましたが、これで気分的には満たされた気がしました。



最後にワタクシの珈琲しながらのくつろぎスペース。
気温と湿気、焚き火で地獄のような熱さに耐え切れず、開始10分で焚き火をやめた後です(笑)この後、雲が全面に湧くまで木々の間からみえる星をみながら、珈琲を飲んで寝ました。

今週末晴れてくれれば撮影に出かけようと思いますが、あまり良くなさそうな感じです。
雑記 | コメント:5 |

PROGRESS MS 05

なんだか謎のタイトルですが、先日の七夕の日。
例年、晴天率の低い七夕の日ですが、今年は珍しく晴れていました。
微妙に眠たい空でしたが、しばらく撮影できてなかったので機材を出しました。

時間は既に午前2:00頃。
昇ってきたM31を試し撮りしようと思いました。
機材のチェックも兼ねながら設置しましたが、久々なのでもたつきました。
そうこうしていると薄雲もでてきたので、撮影自体はしませんでした。
機材が問題ない事が確認できただけで良しとします。

本題ですが

せっかく七夕だし、天の川でも見ておこうと天頂付近を見ていました。
(自宅からでは天の川は見えま せんが・・・)
デネブ方向から、木星より明るい飛行体がカシオペヤ方面に一定の速度で動いていました。
撮影してると、流れ星や衛星などは珍しくはないのですが、ここまで明るいのは初めてです。

部屋に戻って、飛行体が見えた日時と時間を sutellarium に入力してみました。
すると、さっきの飛行隊が同じように動いているのがシミュレートされました。
なんだろうと思ってクリックしてみると・・・

PROGRESS(プログレス) MS 05

と出てきました。
ネットで調べると、ISSの補給船のようです。
最近の打ち上げを確認すると、2017年2月22日。
既にミッションを終え漂流している状態なのかもしれません。

7月7日(正確には7月8日)の七夕に天の川を横切るなんて、中々のデリカシーのなさです(笑)

stellarium で動く様子を動画にしました。
stellarium で見ても、大きくて明るい飛行体とわかります。
飛行体が移動するだけで、おもしろくもなんともないですが。



梅雨の時期は stellarium を眺めて我慢します。
雑記 | コメント:0 |

珈琲を飲むために考える。

なんだかんだで、5月6月は撮影できませんでした。
そうこうしているうちに、本格的に梅雨にも突入してしまいました。
昨年は梅雨が長引いたので、今年は早く明けてほしいものです。

久々の更新ですが、撮影とはあまり関係ないネタ・・・
いや、ほとんど関係ないかな。

自分は珈琲が好きなので、撮影時の待ち時間は大体珈琲を飲んでます。
基本ブラックですが、たまに粉紅茶だったりします。
現地で豆からミルで挽いて、ハンドドリップしたりしてたりします。
粉にしろ豆にしろ必ず必要なのがお湯だったりするわけです。

今回はお湯を沸かすため熱源を考察してみました。
興味ない方は、ここでブラウザーを閉じてみましょう。

年間通して色々試しましたが、どれも一長一短です。

・カセットコンロ
・シングルバーナー
・ジェットボイル

いずれもキャンプで使用してる熱源です。

カセットコンロ


いわゆる家庭で使うカセットガスを差し込んで、パチンのやつで手軽さは一番。
キャンプなどの屋外で使うことが多いので、風防がついた「イワタニ マーベラス」という物を使ってます。パワーもあるし、風防付でキャンプによく似合う雰囲気なのでお気に入りです。

手軽でよかったのですが、気温が下がる冬につれて欠点を露呈しました。
氷点下近くになると、カセットガスが冷えてパワーが出ません。
寒くてはやく飲みたいのに、冬場のような低温時はとってもお時間が掛かります。
冬以外はいいけど、一番必要な真冬に使えません。

シングルバーナー


ならばこれはという訳で、燃料加圧式。
キャンプ用に2つ持ってます。
圧を加えられるので、低温や標高が高い場所でも比較的安定した火力がデマス。
冬はこれに決まりかと思いました。

ただ燃料式は加圧したりプレヒートが必要だったり何かとメンドクサイ訳です。
燃料ラインが暖まって混合燃料が気化するまで安定した炎になりません。
なので、事前に燃料ラインをトーチなどでプレヒートが必要です。
ちゃんと暖めないと生ガスが出ます。

しなくても、自身の炎でそのうち暖まりますが時間も掛かるし、その間は炎上します。
オレンジの炎で周りが明るくなるぐらい炎上します。
撮影にはとっても悪影響です。

燃料ラインをトーチでプレヒートして、加圧してバルブを開けて別の火を近づけて着火。
着火後はさらに加圧・・・、取り扱いに慣れが必要です。
キャンプであれば、加圧作業であったりプレヒート作業の手間を楽しめたりするわけですが
冬の撮影時は一刻もはやくお湯がほしいわけです。

冬場に安定した火力が見込まれたこの熱源も、適しているとは言えなくなりました。

・ジェットボイル


今年の晩冬から試してる熱源がこれです。(右側のやつです)
コンパクトな荷物が好まれる登山でよく使われるものです。
燃料はいわゆるカセットコンロとおなじガス。(缶形状は違います)
お湯をいれる所に全てスタッキング(収納)出来るので、持ち運びはとってもコンパクトで軽量。車なので、コンパクトさや軽量である必要はありませんが。取り扱いもバルブを回して、スイッチで着火なので別の火は必要なし。

ジェットボイルの売りは、熱効率を高めた構造でお湯が沸く時間がとっても早いです。
あとは低温時や標高が高い状況下で使えるかです。
先日のおにゅう峠に持って行きましたが、結果は上々。
標高900m、8℃の環境でしたので、氷点下での性能はまだ未知数です。

プレヒートも必要なく炎上の心配はなし。
とっても炎が小さいので撮影にも影響がありません。ある程度の風なら影響もないです。
ただ缶はカセットガス同様、使ってくると冷えてくるので、カバーを付ける対策は必要だと思います。携帯性・取り扱い・炎の大きさ・沸くまでの時間と、この中ではジェットボイルが最適な熱源です。今年の真冬で最終テストです。

ちなみに夏場は、氷ももっていってアイスコーヒーにします。

最後に暖かい珈琲と共に、冬場の撮影を乗り切る最終兵器。

ガスヒーター


カセットガスで3時間ほど燃焼。
ほぼ正面ぐらいですが、あるとき~ ないとき~ では段違い。
足元はとってもアツイぐらいです。
冬場はこれと冬用ブーツで足元の防御は完璧です。
これもカセットコンロと同じメーカーのイワタニ製です。
これからしばらくはまったく必要のないモノです。

以上、撮影とは関係ネタをつらつらと書き連ねました。
雑記 | コメント:4 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>