今日から滋賀で星空撮影始めます♪

カメラ初心者がのんびりお気楽に星空撮影

遠征シリーズ 17mm編 その① 夏の大三角形からの天の川

先日の新月ウィーク初めて遠征しました。
遠征といっても県内で自宅から下道で約50kmで1時間ほどの所。
(自宅と逆方向ですが会社からの方が近い)

当面の目標である天の川以外にもいくつか撮りました。
ネタも少ないのでシリーズ記事で小出しにしていこうと思います(笑)

遠征にいくなら空がいい条件で次の日も休みが最高なわけです。
となると金曜夜か土曜夜になるわけです。
先週金曜は雲が微妙に掛かってました。
遠征に行った土曜も微妙な空な感じ。

かなり迷いました。
気持ちが抑えられませんでした。
ドライブがてら遠征地の下見だけでもな気持ちで決行。

滋賀県で星撮りの聖地?らしい蔵王ダム。
駐車場に入る時にはスモールにして注意・・・・誰もいませんでした! 
ならばとヘ ッドライト付けました。

野生の鹿の親子いたーっ!(逃げていきました)

滋賀は星撮り流行ってないんですかね・・・
お仲間がいると思ったんですが・・・(情報求むです)

夜釣りやキャンプで闇は慣れてますので怖さはありません。
ただ、ただ、ただひたすらに寂しいです。
あまりにも寂しいので車の窓をあけてラジオの音量もあけた。

車から降りて空を見上げて驚きました。満点の星空!
さすが聖地!(誰もいないけど)
肉眼でももやもやっとした天の川が見えます。
きてよかったと思いました。

若干薄雲がでてました。通過するまでの間に機材の準備。
固定撮影機材しか持ってないのですぐに設置完了。
この先雲が出るのか、消えるのかわかりません。
いつ雲がきれてもいいように、構図と撮影条件出しだけ済ませます。
しばし椅子に座って空を眺めました。

天頂付近から薄雲が消えたタイミングで撮影。
空が暗い所はすばらしいです。光害の無い空は正義です。
自宅で撮影した天の川より断然濃ゆいです・・・感動です。

夏の大三角形


カメラ CANON EOS kiss x7i
レンズ TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical
撮影日:2016.8.6 23:50 場所:蔵王ダム
ISO:3200 焦点距離:17mm シャッタースピード:30s×8 F値:2.8
画像処理:CameraRaw:(RAWデータ現像)
:PhotoshopElements14(ダーク減算×8・加算平均コンポジット×8)
:FLATAIDE(フラット補正)

なにより空が暗い。
モニターで画像を確認しても、いつも全体に広がる白いかぶりが少ない。
この条件で自宅撮影するとかなり真っ白です。
もっと露出時間延ばしたい衝動がでます・・・・
赤道儀欲しくなります。

画像処理もほとんど触ってません。
少しコントラスト上げてレベル補正でシャドウ側をちょっと詰める。
星マスクで微光星強調ぐらいです。
(他に何か出来る処理技術も持ち合わせてませんが・・・)

ちょっと赤めに仕上げましたが
この周辺の天の川の色味がよくわかりません。
コンポジットが手抜きです。
四隅がいい加減です。

天の川目標達成!

と言いたいですが
でもなんだか物足りません。
迫力に欠けるというか、自分の中でのこれぞ天の川という感じが足りません。

やはりいて座方面の銀河中心部のもっこりバルジ撮りたいわけです。
夏の大三角形付近の天の川もっと濃ゆく撮ってみたい。
これで満足せず、しばらく固定撮影機材で
色んな遠征地でまだまだ撮って行こうと思います。
スポンサーサイト

星野写真 | コメント:2 |
<<遠征シリーズ 17mm編 その①_2 夏の大三角形からの天の川 | ホーム | カシオペヤ座~アンドロメダ座付近を広角で。>>

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-08-14 Sun 09:35 | | [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-08-14 Sun 17:30 | | [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |