今日から滋賀で星空撮影始めます♪

カメラ初心者がのんびりお気楽に星空撮影

カシオペヤ座~アンドロメダ座付近を広角で。

練習がてら夏の大三角形付近ばかり撮ってましたが
気分転換に違う方向も撮ってみました。

なんとか肉眼で確認できたカシオペヤ座方面にカメラを向けました。

ISO1600~3200で撮って見ると真っ白です。
天頂付近と違って、低いところはやはり光害の影響がテンコ盛りです。

結局、ISO:800 まで落としました。

画像処理前


我が家のこの方向、写ってる電柱のすぐ下に強烈なLED電灯があります。
(町内がよかれと思いLED化を絶賛推進中です・・・)
それに加えて近くにある大型書店のライトアーップ!
明るいですね。
それよりも我が家が盛大に写ってて恥ずかしいです。

ボツにするほどネタもないですし画像処理して見ました。

カシオペヤ座~アンドロメダ座付近


カメラ CANON EOS kiss x7i
レンズ TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical

撮影日:2016.7.1 02:00
場所:庭
ISO:800
シャッタースピード:30s
焦点距離:17mm
F値:2.8

ISOも低かったのでなんとなく背景を黒に締めて見ました。
下の光害も見よう見まねで少し処理しました。

感度の低さと光害の影響で捉えた星が少ないです。
カシオペヤ付近に通ってるはずの天の川もほとんど見えません。
まぁこれはこれで雰囲気は悪くない気もします。

星座表をみながら何か天体はあるのかな?と見比べて見ました。
星座や天体の位置など覚えてないのでこの時は気づきませんでしたが

カシオペヤ座の少し下にあるのは2重星団でしょうか?
カシオペヤのすぐ横に分かりにくいですが流れ星。
(撮ってるときは全然気づいてません)

ぐるーっと見回して・・・
なんだかぼんやりしたものが・・・調べて見るとM31 アンドロメダ銀河でした。
存在自体は写真で見たことがあるので知ってましたが
こんなとこにいたんだと始めて知りました。
ちゃんと写ってその存在がわかるものなんだと感動しました。

自分で撮ってそれと星座表を見比べると色々分かって楽しいです。
他は何が写ってるのかよくわかりませんが。

もっと暗いとこでISO感度をあげて撮りたいです。
撮影方向を変えるとまったく違った雰囲気になって楽しいです。
けれどこの方向は光害がつらいですね。

ちなみにベランダ遠征の時は写ってる自宅の2Fの所になります。
ここはあえて頭上を開けて設計したので真上はお空です。
スポンサーサイト

星景写真 | コメント:0 |
<<遠征シリーズ 17mm編 その① 夏の大三角形からの天の川 | ホーム | 広角レンズで撮って見ましたのついでの天の川。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |