今日から滋賀で星空撮影始めます♪

カメラ初心者がのんびりお気楽に星空撮影

スカイメモS プレ?デビューしました。

スカイメモS購入から対策と試写を繰り返し3週間過ぎました。
新月期まで待ちきれずに、スカイメモSの遠征地デビューしてきました。

この日は、月出が22:00過ぎ。次の日から週末までは曇・雨予報です。
早い時間帯なら晴れと月明かりも少ないので、平日ですがホームの蔵王ダムへ行きました。
振り返ると、 蔵王ダムで撮影するのは2ヶ月ぶりです。
(蔵王ダムから青土ダムに抜ける鈴鹿スカイラインは冬季通行止めのようです)

20:00頃に到着しました。気温は3℃ぐらいです。
誰もいませんのでラジオを掛けながら機材の組み立てをしました。
自宅で練習したので、機材設置から北極星導入まで問題なく終わりました。
撮影しようかというところで2組ほど来られました。
一組は少しして帰ったようです。1組は3人程でなにやら楽しげにお店を広げておりました。

感度・絞り・時間の条件決めを事前に把握しておきたいというのも目的のひとつです。
天頂付近にあるM45プレアデス星団(すばる)を導入。バランス確認して各部を締めてタイマーをセット・・・

移動し ようとしたときに三脚に軽く脚があたる・・・
いつもはこんなことないのに、気持ちが焦ってたのか高ぶってて気が回らなかったのか・・・
とにもかくにも極軸がずれたので、最初の水平出しからやり直しました(笑)
何度か試し撮りをして、ヒストグラムのピークが中央付近になる条件としました。
(ISO3200 6.3 180秒)
出来ればもうひとつ感度を落としてISO1600にしたいところです。

この条件で8枚程撮影するので1対象大体24分程。
その間お暇なので、椅子とテーブルを出して珈琲セットを用意しました。
24分だと、お湯を沸かして珈琲豆挽いてハンドドリップして星空見ながら飲む。
ゆっくり飲みながら星眺めて飲み終わり、ぐらいでラストカ シャ!です。

この24分が個人的に長すぎず短すぎず、のんびり無理なく撮影と珈琲ができる時間だと思いました。いままでの固定撮影では、1対象8~16枚撮影。時間にしてにしても6~8分前後。何かとせわしなくて、ゆっくり珈琲・観望できませんでした。

すいません。
いつものように前置きが長くなってしまいました。

M45(プレアデス星団)

カメラ:CANON EOS kiss x7i 
レンズ:CANON EF-S 55-250mm F/4-5.6 IS STM
撮影日:2016.12.19 21:45 場所:蔵王ダム
ISO:3200 250mm(APS-C) F6.3 180s×6 気温:3℃
画像処理:
FlatAide(フラット補正)
DeepSkyStacker:(加算平均コンポジット×6 ダーク減算×4)
CameraRaw:(RAWデータ現像)
PhotoshopElements14:(レベル補正・明るさ・コントラスト・彩度)

飛行機・車のライトなどで没2枚。使えたコマは6枚です。
少しだけ強調処理してみました。炙りまくれば青い星雲がもっと出たと同時に色々コッテリしたのでやめました。鮮やかなM45とまではいきませんが、青い星雲は初めてなので嬉しいです。

NGC2024(燃える木)とIC434(馬頭星 雲) おまけのM78(ウルトラの星)

カメラ:CANON EOS kiss x7i 
レンズ:CANON EF-S 55-250mm F/4-5.6 IS STM
撮影日:2016.12.19 22:24 場所:蔵王ダム
ISO:3200 250mm(APS-C) 6.3 180s×5 気温:3℃
画像処理:
FlatAide(フラット補正)
DeepSkyStacker:(加算平均コンポジット×5 ダーク減算×4)
CameraRaw:(RAWデータ現像)
PhotoshopElements14:(レベル補正・明るさ・コントラスト・彩度)

うす雲・飛行機などで使えたコマは5枚だけ。
これもM45と同じで、少しだけ強調処理しました。燃える木はそれだとわかるぐらい写ってくれました。馬頭星雲は、存在がわかるぐらいには写ってくれていました。
炙りまくればもっとはっきりしましたが、こちらも控えめにしました。
あとで気づきましたが左上にM78も入ってました。
250mm(APS-C)でもこれだけ小さいんですね・・・・

もうこの時点で珈琲は2杯目です(笑)
足元にはストーブ(カセットガス)とキャンプ用ブランケット。
テーブルには珈琲とキャラメルコーン。軽いキャンプ気分です。
このあたりから西の空から割りと広範囲の雲が出てきました。

M42(オリオン大星雲)とNGC1977(ランニングマン星雲)

カメラ:CANON EOS kiss x7i 
レンズ:CANON EF-S 55-250mm F/4-5.6 IS STM
撮影日:2016.12.19 22:57 場所:蔵王ダム
ISO:3200 250mm(APS-C) 6.3 180s×3 気温:3℃
画像処理:
FlatAide(フラット補正)
DeepSkyStacker:(加算平均コンポジット×3 ダーク減算×4)
CameraRaw:(RAWデータ現像)
PhotoshopElements14:(レベル補正・明るさ・コントラスト・彩度)

時間的にも最後の対象になりそうでした。
撮っておきたかったので、雲に掛かってもよいぐらいの気持ちで撮影強行しました。
雲の襲来で焦ってたので、フレーミングが中央を外してます。(ちゃんとやれっ!)
雲の襲来で使えたコマはたったの3枚です。
それなりに写っていたので、あまり強調処理をしませんでした。
それでも中央部は白く飛んでしまってます。
色合いだけ自分好みにしてみました。ランニングマン星雲?(NGC1977)も写ったようです。

撮り終った頃にはすっかりうす雲が全体を覆っていました。
東の空にも月明かりが迫ってたので終わりとしました。
機材片付けながらダ ークを撮影しましたが4枚ほどしか撮れませんでした。

今回使用したレンズはCANON EF-S 55-250mm F/4-5.6 IS STM です。
いわゆるキットレンズなのですが、写りが良いと中々評判らしいという話を聞いていたので売らずに保管してました。単体で買うと実売価格2万円程度。オークションでも1.5万円ほどつくようです。ひとまずこのレンズで色々撮影して見ようと思います。

スカイメモSによって、焦点距離や露光時間が飛躍的に伸びました。
撮影対象の幅が広がった事が嬉しいです。(撮影中の珈琲タイムでゆっくりできる事も・・・)
ポータブル赤道儀の運営(機材の持ち出しや 設置含む)は、今までとほぼ変わらない感じで安心しました。

対象を撮影した直後のカメラのモニターで、星雲がそれだとわかるぐらいに写ってた時の興奮がたまりません。追尾撮影で長焦点・長時間露光の醍醐味を少しでも味わえたと同時に、足を踏み入れたんだと実感しました。今までと違って周辺減光が目立ち、星雲の炙りによる星の肥大化など難しくなりそうです。色々な対象を撮影しながら、すこしづつ処理も覚えないといけないです。
人生半分を過ぎてまだまだやることはありそうです(笑)
スポンサーサイト

星野写真 | コメント:8 |
<<ポータブル赤道儀 スカイメモS ⑦ K-ASTEC製アルカスイス規格クランプ・プレート | ホーム | ポータブル赤道儀 スカイメモS ⑥ 250mm試写とピリオディックモーション>>

コメント

ともさんこんにちは
どれも良い感じに撮れてますねキットレンズでも凄いです、私も暇なので家でスカイメモ引っ張りだしてもう一度あちこちの点検しています。
色々参考になります。
2016-12-24 Sat 11:50 | URL | 夕焼け熊五郎 [ 編集 ]
本格運用が始まりましたね、おめでとうございます。
もう次の何かが欲しなっているのではないでしょうか?
レンズにフィルターにカメラ改造etc...。
オートガイドもありますね。
いろいろ楽しみですね、エヘヘヘ・・・。
2016-12-24 Sat 16:24 | URL | カメラde遊ing [ 編集 ]
夕焼け熊五郎さん、こんばんわ。
個人的には長焦点のレンズ追加購入なしのキットレンズでこれぐらい写れば現状満足です。
今のところ予定ではレンズを追加するつもりはないですが、どうなるかが少し心配です(笑)夕焼け熊五郎さんも是非スカイメモSと遊んであげて下さい♪
2016-12-24 Sat 22:27 | URL | とも [ 編集 ]
カメラde遊ingさん。こんばんわ。
祝福のコメントありがとうございます♪
次の何かですか・・・サラリーマンにまとまったお金が入る時期に煽らないでください(笑)
小物の追加で我慢します・・・(我慢できるのか?)物足りなくなった時は、我慢しません。
色々楽しみなのです・・・フフフフ・・・・

2016-12-24 Sat 22:31 | URL | とも [ 編集 ]
こんにちは。
自宅でしっかりとトレーニングなさったので、現地でも順調に撮影までいけたようですね。
これってとても重要なことだと思います。
楽しいという気持ちがひしひしと伝わってきましたよ。
でも現地でコーヒーを挽くとは驚きました(笑)。
2016-12-26 Mon 08:50 | URL | やまねももんが [ 編集 ]
こんにちは。
すばるのガスがとっても綺麗ですね。私はまだうまく出せません。。
同じレンズユーザーなので、今後の作例もぜひ参考にさせてください。
(私も先日M78を撮影してみましたが、小ささ&写りにくさ?に驚きました。笑)
2016-12-26 Mon 11:29 | URL | kuu [ 編集 ]
やまねももんがさん、こんばんわ。
北極星が見えて自宅で色々出来たお陰で現地でも焦ることなくできたので良かったです。
撮影幅が広がったので、これからは朝までコースが増えそうです。豆もたくさん持っていかないとです。
ただ現地でミルを使って豆を挽くと豆の香りが漂っていい臭いもしますが、ガリガリと音がうるさいです(笑)なので迷惑になりそうな時も考えて粉も持って行きます。
2016-12-26 Mon 20:41 | URL | とも [ 編集 ]
kuuさん、こんばんわ。
光害があると星雲とか埋もれてしまいそうなので、やっぱり暗い場所で撮影するのが間違いなさそうです。
お近くで光害などの影響が少なそうな所があればいいですね♪M78(ウルトラの星)小さいですよね。250mm(APS-C)でもう少し大きいかと思ってました。ステップアップしたときの楽しみに取っておきます。オリオン座周りは色々撮影対象が多くて楽しそうです。
2016-12-26 Mon 20:47 | URL | とも [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |