今日から滋賀で星空撮影始めます♪

カメラ初心者がのんびりお気楽に星空撮影

ポータブル赤道儀 スカイメモS ⑤ 50mm試写とドリフト法

明日は休みを取っているのでホームのダムで本番にいこうと思いましたが駄目です。
晴れてはいるのですが薄雲が掛かっていて星の光が弱すぎです。
機材は積んであって自宅待機中ですが、そろそろ月明かりも影響してきますし、大人しく家にいます。

本題ですが
50mmの試写と極軸のズレをドリフト法というので確認してみました。
使ったレンズはいつものTAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical です。
光害のある自宅での撮影で長時間露光になるのでISO200で撮影しました。
対象は南中少し前のオリオン座です。

オリオン座 焦点距離50mm f2.8→5.6 10分


絞りを5.6にしても四隅はコマ収差?(というのでしょうか)があり崩れています。
中央はほぼ点像を保っている感じです。
ただ、何枚か連続で撮影した中で、ピクセル等倍で拡大すると微妙に流れている物も見受けられます。
個人的にはまったく気にならないレベルですが。

いままで50mmだと15秒が限界だったことを考えると大変な進歩です。
M42オリオン大星雲や薄っすらですがM78や燃える木も見えます。
自宅でもこれだけ露光すると写る事に感動です。

ついでに極軸があっているかを確認してみました。
基本的には極軸望遠鏡で合わせてますが、本当にあっているのか確認したい事もあります。
ドリフト方というのがあるようなので、それで確認してみました。
やり方が正しいのかどうかはわかりませんが、その場で携帯で調べてやってみました。

①東と南の空のある程度の高度(今回は50度ぐらいでしょうか?)の星を導入
②タイマーを75秒に設定し、追尾状態で5秒・12倍速で西側に30秒、東側に40秒動かす。

こんな感じの画像が得られました。
行きと帰りは一直線なのであっているのかな?

東の空のドリフト法


南の空のドリフト法


その他に250mmでの試写もしました。
結果から言えば、流れてくるようになったという感じです。
また、ピリオディックモーションというのでしょうか?そちらも測定してみました。
こちらはまた別記事で書いていこうと思います。
スポンサーサイト

スカイメモS雑記 | コメント:0 |
<<ポータブル赤道儀 スカイメモS ⑥ 250mm試写とピリオディックモーション | ホーム | ポータブル赤道儀 スカイメモS ④ バランスウエイトと照明ホルダーの自作>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |