今日から滋賀で星空撮影始めます♪

カメラ初心者がのんびりお気楽に星空撮影

いて座方面は写るのか?その③

いて座方面は写るのか?シリーズのその③です。

いて座方面の天の川だけ撮影してサッと帰る。
今回の撮影ポリシーです(笑)

前回の記事で訪れた撮影地で撮れるのか気になって再び行ってきました。
自宅より車で5分のお気楽撮影地です。

前回訪れた時は時間帯が遅かったのでいて座方面の天の川は沈んでました。
南方向には視界を遮る森があります。
空が完全に暗くなる時間帯だと厳しそうだと思っていたので
晩御飯を食べてすぐの20:00頃に行きました。
南方向は光害の影響も強いし、空もまだ暗いとは言えない条件の中での撮影。

到着して南の方角を確認すると、既に森に沈みゆくさそり座が・・・。
この日はアンタレス・土星・火星が小三角形の配置のようで
なかなか絵になりそうなシチュエーショ ンです。



カメラ:CANON EOS kiss x7i 
レンズ:TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical
フィルター:Kenko PRO1D プロソフトン [A] (W) 67mm
撮影日:2016.8.31 20:00 場所:近場の田んぼ
ISO:3200 17mm F/2.8 20s×8 気温:?℃

画像処理:
Rstack:(ダーク減算×8)
DeepSkyStacker:(加算平均コンポジット×8)
CameraRaw:(RAWデータ現像)
PhotoshopElements14:(レベル補正・コントラスト・彩度・レンズフィルター(ブルー15%))

今回もまたしても光害たぷ~り含んでしまいました。
目で見ても分かる光害の中欲張っていつも失敗します。
現像の上がった作品は残念ながら透明感がなく濁り空となりました。
森沿いや右下からの光害を画像処理で少し頑張ってみましたが
変な色かぶりが処理しきれずお残ししちゃいました・・・

それでも早い時間帯と光害の中という状況の中
今まででこの方面を撮影した中では写った方だと思います。
なにより自宅と違って電線等がなくて視界がすっきりしてると気持ちいです。

未熟さゆえ画像処理の方は納得いってないのですが
アンタレス・土星・火星の小三角と絵的にはお気に入りです。
(さそり座は惜しくも尻尾の一部が入らなかったです)

もっと上手く処理できるようにならないとダメですね。
スポンサーサイト

星景写真 | コメント:0 |
<<ペルセウス座付近の星団 | ホーム | お気楽撮影地を求めて・・・ からのペルセウス座方面とすばる>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |