今日から滋賀で星空撮影始めます♪

カメラ初心者がのんびりお気楽に星空撮影

遠征シリーズ 50mm編 その① M31 アンドロメダ銀河

遠征シリーズ記事 50mm編その①です。

17mmで撮った後はレンズはそのままで
50mmにズームしてピントを合わせなおしました。
カシオペヤ方面を撮った後なのでM31アンドロメダ銀河を撮影しました。
試し撮りを何回かして構図を決めました。

当初はISO:3200で撮影したデータを画像処理してたのですが
試しで撮ったISO:6400のデータがあったのでこちらを再処理しました。
ISO:6400でもヒストグラムはかなり左よりです。

何度も何度も言います。
「露出時間上げたい。赤道儀ほしい・・・」

M31 アンドロメダ銀河


カメラ CANON EOS kiss x7i
レンズ TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical
撮影日:2016.8.7 1:20 場所:蔵王ダム
ISO:6400 50mm F/2.8 15s×8 気温:27℃
画像処理:
Rstack:(ダーク減算×8)
CameraRaw:(RAWデータ現像)
PhotoshopElements14(加算平均コンポジット×8・レベル補正・コントラスト・明るさ・彩度調整)
FLATAIDE:(フラット補正)

自宅でも撮影してみましたが
空が暗くて感度をあげた分、自宅よりよく写りました。
もう少し薄い味付けの方がそれらしい気もしますが。
あと写ってるとはいい難いレベルですが
NGC205(M110)らしきものもなんとか確認できます。

図鑑などでよくみる大迫力な物と比べると全くですが
広がりもなんとか写ってて今はこれで満足です。

いつか赤道儀を手に入れた際は追いかけまわしてやりたいと思います。
それまでは目標の一つにしておきます。

アンドロメダ銀河はやっぱりいいもんですね。
ロマン銀河です・・・・
スポンサーサイト

星野写真 | コメント:0 |
<<遠征シリーズ 50mm編 その② NGC7000 北アメリカ星雲 | ホーム | 遠征シリーズ 17mm編 その③ カシオペヤ座からのアンドロメダ座>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |