今日から滋賀で星空撮影始めます♪

カメラ初心者がのんびりお気楽に星空撮影

ポータブル赤道儀 スカイメモS ⑩ 脚の強化 GP用三脚

もうすぐ7月の新月ですけど、ちょっと不安になってきました。

このままだと3か月連続坊主も現実味を帯びてきましたヨ・・・・

何かとアブナイ時期ですから、ポチリヌス菌に感染しないように工作活動シマス。



イキナリ完成画像です。

前回、修理したGP用の三脚なんですが

譲り受ける話をもらったときに

スカイメモS用の脚で使ってみようと思ってたんです。

いま使ってる Manfrotto MT055CXPRO4 でも特に問題はないんですけど

センターポール部分の構造って

天体撮影では必要ない上に、ガタ要因ですから排除したいんですネ。

スカイメモS側の極軸微動ユニット底部のカメラネジ

GP用三脚側はM10ネジレバーと

強調処理前のヒストグラムみたいな角があります٩( ‘ω’ )و

ココとソコが繋がるようにするには、饅頭2個ほどいりそうです。

饅頭① GP用三脚側プレート

突起を回避しながら

三脚に固定・スカイメモS側にも固定できるプレート。

必要なところの寸法を測定して、地道に切削活動です。

三脚側にはインローが付いてますから、これも生かしていこうと思います。

旋盤でアルミの素材を

外径φ100 インロー径φ59.5あたりで仕上げて



中央はM10×1.5でタップをタテマス。

ココは本来、三脚側に付いているボルトレバーと赤道儀を繋ぐトコ。

スカイメモS側のプレートと繋げるために、座グリ穴加工もイレマス。



M8ボルトが通るサイズにしました。

あとは三脚側の突起を回避する切欠きを入れて完成です・・・٩( ‘ω’ )و





早速、三脚側と取り付けてみましたが

なんか接地部が微妙に浮いてますケド・・・_(┐「ε:)_ズコー



外して確認すると、三脚側の接地面に浮き出し文字が・・・



「MADE IN JAPAN」

オゥ! イェス!

削り飛ばそうと思いましたが

残したいっ!

古き良き MADE IN JAPAN

なのでプレート側を掘り込みました。



これがJAPAN以外だったら、削り飛ばしてたかもしれん・・・

饅頭② スカイメモS側プレート

コチラ側は極軸微動ユニット底部のカメラねじと

さきほどのGP用三脚側プレートを固定するプレート。

外径はGP用三脚側プレートと同じφ100にしておきます。

中央部に3/8カメラネジのキャップボルトが通る座グリ穴をホジくります。



あとは、GP用三脚側プレートからのボルト位置に

M8×1.25のタップ穴加工デス。





現場でプレートを繋ぐのも煩わしいので

この2個の饅頭は、先にスカイメモS側に装着しておきますヨ。

こんな感じです。



この状態にしておけば、現地で三脚側のボルトレバーだけで設置完了デス。

そしてGP用三脚に・・・

パイルダーオン!



昭和と平成の堅牢なお姿に

自分でいうのもナンですけど、ムラムラしちゃいます。

これで、しばらく休んでいたスカイメモSも戦線復帰です。

サヨウナラ~(。・ω・)ノ゙


スポンサーサイト
スカイメモS関係 | コメント:16 |
| ホーム |