今日から滋賀で星空撮影始めます♪

カメラ初心者がのんびりお気楽に星空撮影

レス改造カメラで、カメラレンズは使えるかの巻

前回の記事では、EF-Sレンズを改造し

レス改造+MFAフィルター済の改造カメラに

EF-Sレンズ(キットレンズ)が装着できるようになりました。

あとは、カメラレンズでピントが出れば実戦配備デス。

近所の空き地にテスト行ってこよっ!( ◞・౪・)◞



車で5分・・・自宅よりは暗い! 見晴らしヨシ!

_(┐「ε:)_ズコー

久しぶりに来てみたら

街灯が設置されていて

東側にはビグザムみたいな、巨大な倉庫が建ってました。

もっかい_(┐「ε:)_ズコー

まっテスト撮影地なんで問題ないですケド・・・

近所なので、ゆっくり星空でも見上げて癒されてたんですけど

見せてもらおうか、CANONのキットレンズの性能とやらを・・・

なんて、赤い人がおっしゃってマスから

早速新架台を設置して、テストしていきます。

これまでスカイメモSで使ってたレンズはこの2種類デス。

固定撮影で始めた頃から、何も変わってません。

・CANON EF-S 55-250mm F/4-5.6 IS STM  

・TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical

長時間露光も見たいので、低感度で180~300秒追尾デス。

フラット・ダーク無しの1枚撮影で

画像処理は、なにもしてない状態です。

CANON EF-S 55-250mm F/4-5.6 IS STM
 250mm(換算400mm)側 ISO800 f5.6 300秒
 x7iにどレス改+LPS-D1 ノータッチ

オカ・ペリ星雲(北アメリカ・ペリカン星雲)


滋賀県でもペリカン君は、関西のオカンに怒られてました。

LPS-D1を装着してるので

露光時間は伸びそうですケド、青よりのカラーバランスですね。

ドコマデモ回転する

スカスカ・スコスコのリング

この頼りなさが、かわいいヤツなんですケド・・・ヽ(o’∀`o)ノヤーン♪

いい仕事シマス。

TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical
 50mm(換算80mm)側 ISO800 f2.8→4.0 180秒
 x7iにどレス改+LPS-D1 ノータッチ

はくちょう座付近


オカペリ星雲~サドル付近を撮影してみたんですけど

網嬢も写ってマスね。

追尾撮影だと、17mm(換算27mm)でしか使ったことが無いんですけど

この距離が新鮮に感じマス。

どっちも結構ギリギリだったんですけど

ピントの山がちゃんと

ぴ~ンと!

起ちました( ・ὢ・ )

イケそうですね。

比較的明るい対象なので、光害地でも写ってくれます。

どんよりしてますケド。

メイン機材の横で、遠征地で使うのがとっても楽しみデス。

これでカメラレンズの使用もOKで

これからは機材を余すことなく使えそうデス。

新架台の具合も良さそうデシタ。

7月の新月期

薄雲が撮影不能濃度で散布されないことをイノリマス。

サヨウナラ~(。・ω・)ノ゙


スポンサーサイト
色々検証 | コメント:10 |

改造カメラがやってきたから、レンズも改造したの巻

しっかり脚がついた我が家の赤いスカイメモS。

脚なんて所詮飾りデスヨ・・・

なんて、整備兵に言われた我が家の

「アカイメモS・シャア・アズナブル大佐」も喜んでいます。

カメラレンズで運用していこうと考えてるんですけど

改造カメラx7(SEO-SP4)はメイン機材で使ってますから

使えるのは、日常用のノーマルカメラのみ。

しばらくはノーマルカメラで撮影してなんて、思ってたトコデス\\٩(๑`^´๑)۶////


CANON EOS kiss X7i にどレス改造

出会いは突然に・・・

にどすけさんご自身の手でレス改造されたカメラなんですけど

迷人会のドクターN?こと

にどすけさんのご厚意で、使ってくださいと譲り受けました。

ありがとうございます!

大切に、そしてコキ!使わせて頂きます。

レス改造なんで

何かしらフィルターがないと、赤かぶりがハゲシイらしいデス_:(´ཀ`」 ∠):

見てもワカンナイですけど

とりあえずキャップを外して見るとデス・・・


IDAS LPS-D1 MFA フィルター

フィルターがマブイ・・・マブイ・・・デスヨ

装備済みデシタ!

パーフェクト・ジオング!

いやジオングは関係ないんですけど・・・
(冒頭からの流れでつい・・・)

もう、なんもしなくてヨイですよ!

なんて思ってたら

レンズを装着しようとおもったトコで、問題発生デス_(┐「ε:)_ズコー

MFAフィルターを付けると、EF-Sレンズが付かないデス。

この出っ張り。

CANON EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM


本来マウントの窪みに入るはずが、MFAフィルターにあたります。

EFレンズにはこの出っ張りはありませんよ。

TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical


出っ張り・レンズの位置・フィルター位置の関係を測ってみて

出っ張りを削れば、フィルターと干渉しない

ワイド端位置でも、後玉はフィルターと干渉しない

---------------------------------------------------------------------------------
※EF-Sレンズをフルサイズカメラに誤って装着した場合
 
 ミラー動作時に接触します。
 
 装着できないように、EF-Sレンズにはこのような出っ張りが存在します。
  
 電子部品や後玉を保護する役割もありますから、以後の記事内容は自己責任となります。
----------------------------------------------------------------------------------


ヤッチャイナといわんばかりに

その部分だけ部品単位で分離できる構造なんですヨネ・・・



色々検証して

元に戻せて・容易に交換部品が入手できるのを確認した上で

削り飛ばす事にしました。

後程、ジャンクレンズでこの部品だけ確保して置きます。

旋盤で削ろうと思ったんですケド

素材が薄くて柔らかいので、食い込んだ瞬間割れそうな予感がシマス。

地道に紙やすりで平坦度を見ながらシコシコします・・・

電子接点部より、キモチ高いとこまで削れば寸法的に問題ないはずデス。



あとは外周部の小さいネジ4か所と

電子接点部の横のチョーチッサイネジ2か所で元に戻しますヨ。



装着時に変な抵抗や、ワイド端位置でも干渉はないようです。

電子接点も、ちゃんと機能しますネ。

これで、EF-Sレンズも使えるようになりました。



なんだか懐かしいこの

像の鼻みたいな凛々しいキットレンズの御姿。゚(゚´ω`゚)゚。ピー

LPS-D1は光害カットフィルターみたいですから

イッタことは無いですケド、るり渓・蔵王ダム・ベランダ撮影でお役立ちそうデス。

すさみや大塔だと必要ないかも知れないですケド

何かしらのフィルターはいりますから・・・

2018年7月よりIDASフィルター価格改訂・・・
(KYOEI大阪さんのショップHPへリンクしてます)

オゥ! イエス!

結構大幅な値下げデスね・・・

タイミング良すぎ・・・ԅ( ˘ω˘ԅ)

・・・

・・・

サヨウナラ~(。・ω・)ノ゙


機材 | コメント:8 |

ポータブル赤道儀 スカイメモS ⑩ 脚の強化 GP用三脚

もうすぐ7月の新月ですけど、ちょっと不安になってきました。

このままだと3か月連続坊主も現実味を帯びてきましたヨ・・・・

何かとアブナイ時期ですから、ポチリヌス菌に感染しないように工作活動シマス。



イキナリ完成画像です。

前回、修理したGP用の三脚なんですが

譲り受ける話をもらったときに

スカイメモS用の脚で使ってみようと思ってたんです。

いま使ってる Manfrotto MT055CXPRO4 でも特に問題はないんですけど

センターポール部分の構造って

天体撮影では必要ない上に、ガタ要因ですから排除したいんですネ。

スカイメモS側の極軸微動ユニット底部のカメラネジ

GP用三脚側はM10ネジレバーと

強調処理前のヒストグラムみたいな角があります٩( ‘ω’ )و

ココとソコが繋がるようにするには、饅頭2個ほどいりそうです。

饅頭① GP用三脚側プレート

突起を回避しながら

三脚に固定・スカイメモS側にも固定できるプレート。

必要なところの寸法を測定して、地道に切削活動です。

三脚側にはインローが付いてますから、これも生かしていこうと思います。

旋盤でアルミの素材を

外径φ100 インロー径φ59.5あたりで仕上げて



中央はM10×1.5でタップをタテマス。

ココは本来、三脚側に付いているボルトレバーと赤道儀を繋ぐトコ。

スカイメモS側のプレートと繋げるために、座グリ穴加工もイレマス。



M8ボルトが通るサイズにしました。

あとは三脚側の突起を回避する切欠きを入れて完成です・・・٩( ‘ω’ )و





早速、三脚側と取り付けてみましたが

なんか接地部が微妙に浮いてますケド・・・_(┐「ε:)_ズコー



外して確認すると、三脚側の接地面に浮き出し文字が・・・



「MADE IN JAPAN」

オゥ! イェス!

削り飛ばそうと思いましたが

残したいっ!

古き良き MADE IN JAPAN

なのでプレート側を掘り込みました。



これがJAPAN以外だったら、削り飛ばしてたかもしれん・・・

饅頭② スカイメモS側プレート

コチラ側は極軸微動ユニット底部のカメラねじと

さきほどのGP用三脚側プレートを固定するプレート。

外径はGP用三脚側プレートと同じφ100にしておきます。

中央部に3/8カメラネジのキャップボルトが通る座グリ穴をホジくります。



あとは、GP用三脚側プレートからのボルト位置に

M8×1.25のタップ穴加工デス。





現場でプレートを繋ぐのも煩わしいので

この2個の饅頭は、先にスカイメモS側に装着しておきますヨ。

こんな感じです。



この状態にしておけば、現地で三脚側のボルトレバーだけで設置完了デス。

そしてGP用三脚に・・・

パイルダーオン!



昭和と平成の堅牢なお姿に

自分でいうのもナンですけど、ムラムラしちゃいます。

これで、しばらく休んでいたスカイメモSも戦線復帰です。

サヨウナラ~(。・ω・)ノ゙


スカイメモS関係 | コメント:16 |
| ホーム |