今日から滋賀で星空撮影始めます♪

カメラ初心者がのんびりお気楽に星空撮影

牧場に咲くばら

先日19日にみつえ高原牧場に遠征したとき撮影した分です。

クリスマスツリー星雲と迷いましたが、ばら星雲を撮影しました。

メヂャーな対象なので

作品数も多くて、人によって色味や表現が多種多様な対象デスよね。

ばら星雲は写りやすいですから

めくじら立てて炙らなくても、十分咲くのですが咲かせ方が難しいなと・・・。

階調も豊富ですし

オリヂナリチー溢れるばらを

サカヌノナラサカセテミセヨウホトトギス!

アカサカサカス!

サクラクレパス!

サクヤコノハナカン!

ばら星雲 NGC2237
赤径:6h30m 赤緯:+4°58

【機材】
赤道儀:VIXSEN SXP
カメラ :CANON EOS kiss x7(SEO-SP4)
鏡筒  :Takahashi FS-60CB+RD-C0.72×
オートガイダー:MGEN Kowa75mm ディザリング 1.5px +T.s.Worksフード
撮影日:2018.1.19 21:13~ 場所:奈良県 みつえ高原牧場
ISO:1600 255mm(APS-C) f4.2 195s×32 気温:-2℃

【画像処理】
SteraImage7:(Dark減算 Flat補正 加算平均)
PhotoShopCS6:(各マスク処理 レベル補正 彩度調整)

後半意味不明ですが

咲き誇るように、イロイロ唱えてはみましたが

咲いたものの、オリヂナチー感はあまりナイデスネ・・・

少しでもばらが映えるように、ちょっといつもより背景を黒くしめるも・・・

ちゃんとバランスよくまとまったのか・・・?

ばらの上と左にはたくさん胞子が飛んでるようで

とくに左側は極淡胞子のようですヨ。

星が少ない領域が下側にあるんですが

ここには淡い分子雲みたいなのがあるようですヨ!

いずれも出てませんケド・・・

このあたりをバランスよく出せる技術があればいいんですケドネ!

最初はホント、欲しがり過ぎてマッカッカなばらを咲かせたんですよネ・・・

最近、欲しがり過ぎかなと思って

炙りもそこそこに、あっさり目に再処理してみたんです。

強調処理だけで、十分に色も出てたので色付けもほどほどに・・・

日を置いてみると、それでもやり過ぎたかなとか・・・

ムズカシイですね。

ばら星雲を撮影してるときは、薄雲の襲来 もあって念のため35枚撮影してました。

後半3枚は完全に薄雲が掛かって使えませんでした。

みつえ高原牧場では、3対象撮影して残り1対象です

2象目の撮影を終えると、もう春の星座がのぼってきてますね。

お皿いっぱい稼ぎます!

最後にトリミングなばら星雲デス。




スポンサーサイト
星野写真 | コメント:6 |

超低空飛行のかもめを捉える

先日のみつえ高原牧場で撮影しました。

これは2対象目に撮影したんですが

1対象目に近く、南中時刻を1時間ほど過ぎてからの撮影になりました。

あまり高度の高くない天体なので、いまから撮影は無理ヂャ?



このアタリですね。

ワタシは対象の南中1~2時間前ぐらいから、2~3時間撮影が基本デス。

もう春の銀河団がすぐソコだし・・・

せっかく南の暗い場所を選んで来たので

みつえ高原牧場の南のポテンシャルを確認する意味もかねて・・・

イッタっ・・・

かもめ星雲 IC2177
赤径:7h04m 赤緯:-10°27

【機材】
赤道儀:Vixen SXP
カメラ :CANON EOS kiss x7(SEO-SP4)
鏡筒  :Takahashi FS-60CB+RD×0.72
オートガイダー:MGEN Kowa75mm ディザリング 1.5px +T.s.Worksフード
撮影日:2018.1.20 0:00~ 場所:奈良県 みつえ高原牧場
ISO:1600 255mm(APS-C) f4.2 195s×32 気温:-2℃

【画像処理】
SteraImage7:(Dark減算 Flat補正 加算平均)
PhotoShopCS6:(各マスク処理 レベル補正 彩度調整)

初めて撮影する対象なのでど真ん中構図です。

右側はちょっと 星の少ない領域がアリマスが

左側には赤いのがあるみたいで、少し右側に寄せてもヨカッタかなと・・・

一旦仕上げてみて、微光星・星色・星雲・暗黒帯と

天の川に位置しているだけあって、盛りだくさんだなと・・・

天の川の中にある天体ですし、そこはあえて生かそうと

微光星も出して、天の川らしさも出していく方向性で処理しました。

撮影しながら、星色が綺麗な領域だなと思っていたので

星色や星雲の階調も大切にしながら、かもめ本体の炙りも割とイキりました。

第2形態まで変態させるのは、ちょっと無理でしたケド・・・

星色もちょっとイキリすぎたかな・・・

星雲に淡い青いベールのようなガスも少し雰囲気を出せ ました。

撮影中は、赤道儀から何度も何度も鏡筒を反転しまっせ!

と言われながらも、ことごとく無視しつづけてましたが・・・

ビコンっ!

っと強制停止で撮影やめろっ!と怒られ撮影終了。

その時点での撮影枚数は、まだ10数枚・・・

ポチポチポチ・・・

赤道儀のリミッターを再設定からの撮影続行デスよ!

クールビューティー 

荒○○香もオドロキのイナバウワー撮影・・・

鏡筒が短いですから、接触しないかは事前に確認ズミです。はい。

ちなみに強制停止まで50°デスよ!

おかげで無事32枚撮影を終えました(笑)

薄雲通過ももありましたし

TSUBAKIさんによると、この日は空の状 態は最高ではなかったみたいです。

かなり低空になるまで撮影したので、後半は使えるかわかりませんでしたが

ヘンナかぶりもなく全部使えました。

南西低空の影響はなく、みつえ高原牧場の南~南西のポテンシャルは高そうです。


星野写真 | コメント:8 |

2018年 初県外遠征は初みつえ高原牧場

先日の19日ですが、今年初の県外遠征に出掛けました。

ずっと行こうと思っていた奈良県の御杖?

みつえ高原牧場です。

蔵王ダムは近くていいんですが、南側は明るくて冬の対象は厳しいんデス。

みつえ高原牧場だと南側は暗いと聞きますヨ。

会社からだとアクセスしやすい位置にあって

高速を使わずに行けるところが凄くポイント高いんですヨ!

下道70kmほどで1時間30分ぐらいです。

田舎ですから、下道でこの距離でもちょっとしたドライブ距離です。

これがすさみだと、バリコウ(バリバリ高速)の250kmで3時間30分ほどデスヨ。

高速代もごっつぁんです。

よさそうなら、これからは御杖に行くことも増えそうですヨ。

会社終わりに直行して18:30には到着しました。

2018年最初の新月期なので、人が多いかと思いましたが

誰もいませんヨ・・・ マぢ?

おかげでコンクリート屋根付き一等地に設置できましたが

初場所ボッチは何かと不安ですヨ・・・

まぁ真っ暗なのでアレですけど

木で作った椅子と机、牧場らしく柵があって雰囲気はスキですよ。



日中、牛肉弁当でももって来たいものです(笑)

北・東・西は見た目にも明るい感じですケド

南はそこそこ暗そうですヨ。

のんびり準備してると1組来られたのですが

迷人会メンバーで同じ北摂アストロ隊のTSUB AKIさんとヤッタラン副長でした。

どちらも、新しく持ってきた機材でゴニョゴニョしとりましたヨ・・・

一時薄雲が来たり、いつもの御杖と比べてあまり空の状態はよくないだとか・・・



夜半あたりに、8名?程の観望・撮影のご一行さんや

いつのまにか、少し離れた手前の路肩脇にどなたかいるようでした。

この日はメジャーな3対象撮影して、薄明開始時間までいました。

帰りは行きと同じぐらいの時間で自宅まで帰れましたヨ。

牧場という事もあって

最後ボッチになっても怖さはなく、牧場らしくのんびりした雰囲気で居心地がよかったです。

もっと牛久際かとおもってましたが、まったく臭いがなかったのがオドロキ。

こ れから御杖に行くことが増えそうです。

撮影したネタは・・・

まだです。


未分類 | コメント:4 |

FS-60CBのピント位置

FS-60C Bはジャスピン位置だと赤ハロが出るらしいです。

シアン色にも転びやすいので、ピント位置に気を付けないといけないようです。

細かいピント位置調整ができればと思って、電動フォーカサーを導入してます。

テスト撮影のときに色々ピントを探ってみました。

まずバーティノフマスクを併用して、ジャスピンの位置を探りました。

これがジャスピン位置です。



バーティノフマスクを付けたままでも、星の周りに赤が巻いているのがわかります。

これはライブビュー画面でもわかります。

これで撮影すると、こうなります。



次にピント位置を少しだけずらしました。



電動フォカーサーのボタ ンで軽く2プッシュぐらいです。

ジャスピン位置で撮影した画像と比較して、星回りに巻いてた赤が無くなってるのが分かります。

これも、ライブビューで赤がスッと消えて色が変わるのがわかります。

これで撮影すると、こんな感じにがシアン色に転びます。



ここまでいくとずらし過ぎのようです。

この間に適したピント位置があるようです。

ジャスピン位置で撮影しないのがなんだかモヤモヤしますが

FS-60CBはそういう鏡筒のようです(^^)

FS-60CB関係 | コメント:4 |

ファーストライト前に庭でテスト撮影

昨年の話です。

既にファーストライトの記事を投稿したあとですが

整備したSXPとFS-60CBを、ファーストライト前に庭でテストしました。

下書きしていたので、せっかくなので記事にします。

ちなみに我が家の庭から北極星は

大体140cmぐらいのところに極望が来ないと見えません。
(ベランダだと160cmぐらい必要)

スカイメモSだと三脚を一杯伸ばせば狙えるのですが

この三脚だと全伸しても足りません。

なので、事前に160mmのブロックを買っておきました。



高重心・・・・

この日は風も強く、これ以上ない悪条件っぷりです。

雑草も抜いてません!

実際 はこんな状態では撮影しませんヨ(笑)

暗くなってきても風が強いし、晴れる気配がないデス。

おまけに雨までぱらついてくる始末・・・

急いで機材を家にいれて、うたた寝デスヨ!

目が覚めると0:30ぐらい・・・庭に出 るとドカイセイ!

急いで機材を再設置して、極軸合わせしました。

事前に調整したので、スケールと星がバッチリ見えます。

中心に北極星を入れて、水平微動で水平確認です。

事前調整で概ね水平にあわせてたので、少しの調整で済みました。

あとはアプリで導入位置を確認して完了。

各軸締めると少しモニョっと動くので癖があるようです。

次に説明書をみながら、アライメント作業をやってみました。

目標は1発視野内導入です。

ホームポジションの指標がただしければ、1発目から入るはずデス。

庭からだと天頂と東の高空ぐらいしか視野がないんですが

カペラを選択すると、心地よい音を立てて動き出しました。

感動しつつも、ご近所迷惑にならないぐらいの速度に変更デス。

ちょっとずれてましたが、アライメント1個目から視野内にカペラが入ってました。

カーソルキーで視野中央にいれて、1個目のアライメント完了。

続けて2・3個アライメントしましたが、徐々に修正量が減っていきました。

アライメントの操作自体は簡単でした。

西・天頂・東の3点アライメントで、中心に導入してくれるようになりました。

おもしろくなって、リストから自動導入しまくってみました・・・

ボタンポチポチするだけで、対象が入ってくるので感動です。

次にノータッチガイドで撮影テストで す。

バーティノフマスクと電動フォーカサー使ってピント調整しました 。

電動フォーカサーの動作も問題なしです。

以下ピクセル等倍です。

PEC・大気差・バックラッシュ補正関係は全てOFFです。

60秒


星が丸いです・・・

60秒は大丈夫のようです。

180秒


少し流れ出してますね。

300秒


ミラーアップ撮影もしていないので、ミラーショックか風の影響かで形もヘンです。

PEC機能とかいうのを使えば追尾性能は少し向上するらしいですが、試していません。

SXPは風に弱いらしく高重心・強風の状況下なので、こんなものでしょうか。

ほぼ真横から風を食らっているので、ケーブル類もバタバタしてます。

ここまでテストは順調で、気持ちに 余裕が出てきたので

説明書を見ながら、MGENのテストもしてみました。

スターブック10で あえて何もない領域に向けてみました。

ライブビューに切り替えると、ガイド星がいくつも写ってました。



何もない領域・光害地でガイド星が見えるなら、遠征先でも大丈夫ですね。

ひとつツマンデ、キャリブレーション後ガイド開始。

カーソルキーが点滅しているので、オートガイドは働いているようですヨ。



カペラは電線に掛かってきたので、対象をドューベに変更しました。

300秒


お、300秒でも星が丸いデスヨ・・・・

600秒


ここまで使うことは無いですが・・・

丸いデスヨ・・・

う~ん・・・

全王さまもおったまげーです。

これが自動導入にオートガイド・・・イイじゃないか!

私の撮影環境なら、ピント・ 構図合わせは

タブレットでDSLR CONTROLLERで制御して見ますし

撮影中の画像は、WIFIでタブレットに自動で飛んできます。

極軸を合わせた後、クランプ・カメラを一切触る事がなく

座ったまま一度も立ちあがらずに、すべてが出来てしまいました。

三脚の横に設置した机で、スターブック10とタブレット触ってるだけです。

事前に色々と予習してたので、特に問題も起きずに一通りテストできました。

残った課題は、FS-60CBのピントですね。

ジャスピンだと赤ハロが出るようなので、ちょっとだけずらす必要があるみたいです。

上の画像はジャスピン位置で撮影しているので、赤ハロが出てマスネ。

ジャ スピン位置から少し動かすと、赤ハロが消えます。

ずらし過ぎると、星がシアンになります・・・

なかなかシビアですよ・・・コレ。

この記事はまた後日・・・



FS-60CB関係 | コメント:4 |

行く年のファーストライトは勾玉星雲

遅くなりましたが

2018年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

なんだかんだで年末年始はバタバタしまして、皆さんのブログにご挨拶できず・・・

SXP/FS-60CBの方ですが、一通り整備の方も終わり

自宅にて動作確認・操作練習をえて、蔵王ダムにてファーストライトをしました。

2017年にですが・・・

撮影したのは12月22日なので、行く年のネタです。

本音を言えば、ファーストライトは大塔や周参見などの暗い空でファーストライトをしたかったのですが。

遠出も出来ない日でしたので、会社帰りに蔵王ダムに向かいました。

17:00に会社を出て、途中牛丼を食べて蔵王ダムに18:00前に到着。

会社からだととっても近い蔵王ダムです。

このときまだ一部雪が残ってましたが、ダムの奥側に続く道路は問題なしです。

大塔や周参見に比べれば明るい撮影地なので

日付がまわらないと天頂でも暗さが落ち着きません。

イロイロ試写してる間に、勾玉星雲がいい位置にきてたので

ファーストライトは勾玉星雲に決めました。

勾玉星雲とどくろ星雲(おたまじゃくし星雲?)の間には特徴的な星があるので

構図合わせは楽な対象デスね。

この星はライブビューでも見えます。

この画角だとど真ん中にいれれば、IC417も左脇に添えられてちょっといいアクセントに。

贅沢構図なら右下に寄せれば、ギリギリでM38やアリクイ星雲も入りそうデス。

勾玉星雲 IC405 ・・・IC410 IC417
赤径:5h17m 赤緯:+34°22

【機材】
赤道儀:Vixen SXP
カメラ :CANON EOS kiss x7(SEO-SP4)
鏡筒  :Takahashi FS-60CB+RD×0.72
オートガイダー:MGEN Kowa75mm ディザリング 1.5px +T.s.Worksフード
撮影日:2017.12.22 22:00~ 場所:滋賀県 蔵王ダム
ISO:1600 255mm(APS-C) f4.2 180s×32 気温:-1℃

【画像処理】
SteraImage7:(Dark減算 Flat補正 加算平均)
PhotoShopCS6:(各マスク処理 レベル補正 彩度調整)

この日は少し霧に加えて凄く薄い雲が掛かってるような感じで、空の状態は良くなさそうでした。

全部混ぜては見たものの、どれも微妙に明るさが違います。

ISO1600の180秒でもうピークが真ん中に・・・

コンポジットして下処理を終えた段階で、かなり持ち上げてみても

ウスウスなのでダメかもと・・・

微光星が多い領域なので、気を付けながらゴリゴリ

星色も綺麗な領域なので、大切にしながらゴリゴリ

それでも星雲がなかなか持ち上がってこないので、モニョモニョ・・・

右側はなにもなくて寂しい感じですが、左側のIC417の存在が小さな華を添えてくれました。

中央の縦に並んだ三ツ星それぞれ色が違ってていいですね。

空の状態が悪い中でのファーストライトでちょっと残念でしたが

新しい機材にようやく血が入ってこれからという気分になれました。

ちなみに昨年、ノーマルカメラとキットレンズで撮影した勾玉星雲はコレ・・・



距離も処理方法も違いますが、ほとんど写ってなかったデスね。


星野写真 | コメント:12 |
| ホーム |