FC2ブログ

今日から滋賀で星空撮影始めます♪

カメラ初心者がのんびりお気楽に星空撮影

改造カメラのテスト

天候が悪くテスト撮影が出来てなかったのですが、ようやくテスト出来ました。

新月期で本来なら遠征す る所でしたが、都合が悪くベランダでテストです。

我が家は、駅からそれなりに離れた位置にありますが

天頂でも深夜を過ぎないと、それなりに光害があります。

撮影できそうな対象をstellariumで探してみました。

カシオペヤ座近くに、パックマン星雲とかソウル星雲とかいうのがアリマスね。

パックマン星雲なんか、250mm(APS-C)だとちょっと小さいデスけど・・・

パパッと設置して極軸合わせて、ササっと導入してリモコンセットしてお風呂デス。

ベランダ撮影といえど、ちゃんとダークとフラット補正もしますよ。

さらに、コンポジットまでしますヨ。

やっぱり北側が光害でかぶっていたので、かぶり補正もしますヨ。

グイッ!

色相彩度100です。

まずはパックマン星雲です。



お・・・写ってますヨ!

続いてソウル星雲デス。



これも形が分かるぐらい写ってますヨ!

自宅で撮影しても、赤成分が濃ゆいですヨ!

ちなみに感度は、ISO800の90秒です。

2対象を撮影した時点で終わろうと思いましたが、オリオン座が上ってきてました。

そういえば、改造するとゴーストの問題があるらしいと聞きますヨ。

まだ高度が低かったのですが、輝星入りでどうなるか撮影してみました。

アルニタク周辺



低空のかぶりが酷かったのですが、補正して・・・

燃える木も馬頭周辺の赤成分がクッキリデス。

遠征地でもっと露光掛けたときにどうなるかですが

この画像をレベル補正でガン切りした限りでは、ゴーストはでてきてない様子。

画像自体はまったく処理してませんが

この時点でこれぐらい写ってるなら、炙れば少しぐらいは出てきそうです。

光害の強い自宅でもこれだけ写るなら、遠征地だともっと期待できそうです。


スポンサーサイト
色々検証 | コメント:8 |

改造カメラ x7 SEO-SP4

先々週、仕事から戻ったら宅急便が届いていました。

嫁:カメラ買ったの~?

ワタシ:改造したら、お星さんよーうつるらしいノ。

別に隠すつもりもなかったので、即答しましたよ。

しかし、なんでカメラだとわかったのか謎でした。

荷札を見ると、

カメラ

オォ イエス! 

本体はCANON EOS kiss x7 です。



改造は、SEO-SP4です。

瀬尾さんから 、10~14日程かかりますとのことでしたが、1週間で戻ってきました。

大塔で撮影したM45の処理に掛かりっきりで、開封できてませんでした。

カメラ横にシールがはってありますね。

ずっと天気が悪かったので、室内で試写しました。

ライブビューに切り替えたら、見た感じ意外と普通・・・

疑問を感じつつ、改造x7で壁を撮影してみました。



全然普通の色っぽい感じですよ・・・

試しに同じ設定のノーマルx7iで撮影してみました。



ワタクシメのメはいい加減なものです。
 
改造x7で撮影した方は、うん、赤っぽいですよ。

改造x7で撮影した画像のホワイトバランスを整えてみました。

いい感じです。



レンズでピントもちゃんと来ます。

これからの時期、赤いのんがたくさんあるので

星座ソフトみながら何を撮影するか、考えるのが楽しみです。


機材 | コメント:12 |

もしかしてコレはアレですか? M45

先日大塔遠征時の2対象目デス。

1対象目のアンドロメダ銀河の撮影が終わったのは、午前2:00頃。

1対象目を40枚撮影したので時間が押し気味で、ちょっと時間が足りないかも・・・

アンドロメダ銀河も肉眼でみえるような大塔の夜空。

この日は自作の目盛環を出すことなく、どちらの対象もドットサイトで導入しました。

最後の4・5枚は薄明フラッシュで焼かれてしまってました。

他にも、たくさんの火○●4号が飛んでいきました。
(合計9発!)

こんなもんは、最新防衛システムσクリッピングで迎 撃デスヨ!

1晩同じ対象を撮り続けていた、有田のIさんも同じだったのではないでしょうか。

予定よりすくなくなってしまったけど、28枚合成しました。

色調整の段階で、背景が上手く決まらない・・・

なんだか、背景あちこちにムラがありますヨ・・・

もしかしてだけど~ もしかしてだけど~♪

  もしかしてだけど~ もしかしてだけど~♪

    ムラムラしてるのって~ アレなんぢゃないのぉ~♪

M45 プレアデス星団  赤径:3h47 赤緯:+24°07

【機材】
赤道儀:Kenko SkyMemoS
カメラ:CANON EOS kiss x7i(非改造)
レンズ:CANON EF-S 55-250mm F/4-5.6 IS STM
撮影日:2017.9.25 2:24~ 場所:湖奈良県五條市大塔
ISO:3200 250mm(APS-C) f5.6 240s×28 気温:15℃

【画像処理】
SteraImage7:(Dark減算 Flat補正 加算平均)
PhotoShopCS6:(各マスク処理 レベル補正 彩度調整)

ウッスラですけど

ムラの正体は、バックに広がる分子雲だったようです。
(背景の白いザラザラしたやつだと思います)

嬉しくて炙りまくってみましたが、ウスチラカルだけだったので

そっちに捉われずに、M45本体を処理していきました。

特徴的な刷毛目を強調しつつ、もうちょっともうちょっと・・・

欲張って調子にのって炙ってたら、気が付けばド派手に・・・・

欲を抑えながらの処理しました。

青いけど薄いブルーよりな感じが好みですが、個人によりそうです。

反射で撮影したキラーンなすばるを多く見てるので、ちょっと物足りない気も・・・

だんだん贅沢になってきました。

色のある星が周りに多いので、反射で撮影してみたいものです。

昨年、スカイメモSを買って始めた撮影したM45がこちら。


青いガスがちょっと写って、ものすごく嬉しかった記憶があります。

次の遠征からはアレを使って撮影しますヨ。


星野写真 | コメント:14 |

いまさらなレンズフード

今週の新月期は、残念ながら絶望的なご様子です。

スカイメモSを購入してから、55-250mmのキットレンズをずっと使ってます。

かれこれ1年弱、ずっとフードがないままで使ってたんです。

これから本格的な寒さも迎えますし、外部光対策も兼ねてフードを買いました。

いまさらなんですが・・・・

Canon レンズフード ET-63 L-HOODET63



純正でもそんなにお高いものでなかった・・・

もっと早く買っておけばよかったと思います。

値段も値段なんで、当然樹脂製ですよ。

装着してみました。



250mmにすると、こんな感じに胴体がでてきますね。

高級感はナイです。

まぁ、それでもフードがついただけでもテンションあがってたりしますがφ(゜゜)ノ゜

で、ちょっと前に宅急便であるところに送られていったブツ。

数日前に帰ってきました。
機材 | コメント:4 |

大塔でリベンジ M31 アンドロメダ銀河

9月25日、奈良県五條市大塔に遠征しました。

前半北側が曇ってましたが、後半は快晴になり好条件で撮影できました。

ちょっと湿度高めで、機材はまずまずのショビレーヌでした。

気温は大体15℃前後ぐらいで、ちょっと肌寒い感じですね。

この遠征で撮影したのは2対象デス。

1対象目は、40億年後に同世帯となるお隣の銀河デス。

1シーズン中、同じ対象を撮影することは無いのですが

処理のやり方も含め、もう一度撮影してみようと思いました。

最低32枚を目指し、念のため4分で40枚で前半2枚捨てましたデス。
(ここでちょっと時間を使いすぎて2対象目の枚数が足りない・・・)

M31 アンドロメダ銀河  赤径:0h42 赤緯:+41°16


【機材】
赤道儀:Kenko SkyMemoS
カメラ:CANON EOS kiss x7i(非改造)
レンズ:CANON EF-S 55-250mm F/4-5.6 IS STM
撮影日:2017.9.25 23:00~ 場所:湖奈良県五條市大塔
ISO:3200 250mm(APS-C) f5.6 240s×38 気温:15℃

【画像処理】
SteraImage7:(Dark減算 Flat補正 加算平均)
PhotoShopCS6:(各マスク処理 レベル補正 彩度調整)

前回と同じだとあれなので、今回は北上のアンドロメダ銀河デス。
前回と比べてすっきりした感じになったと思うのですが・・・
その時はいいと思ってアップした前回のM31・・・改めて見るとゴテゴテですよね。

アクセントになる星と銀河のバランスを見ながら

自分が一番 キモ ティイイー!

と感じるとこで・・・

星と星雲の奥ゆき感を出そうと思いますが、なかなか難しいです・・・
今後の課題にしていきたいテーマです。

強調処理前に、カラーバランスを整えたのがよかったのか
中心付近はややクリーム系、外縁は淡いブルーに色付きました。
中心部はもう少しうまく飛ばせたらよかったかな・・・

次回は、同じ日に撮影したもうひとつのメジャー対象デス。


星野写真 | コメント:12 |

改造用カメラご到着

天体改造する用のカメラを用意しました。
改造にはまだ出してません。
これからの満月期に改造に出して、次の新月期に間に合えばいいかな。

CANON EOS kiss x7 ボディです。


APS-Cのバリアングル非搭載モデルですね。

予定では使っている x7iを売りにだしてからだったのですが、先に購入しました。
ヤフオクで使えるTポイントが失効寸前だったので。

ヤフオクで落札しましたが新品です。
動作確認も特に問題ないです。
当たり前ですが、付属品も全部未開封で揃ってますね。

写真ではわかりづらいですが、x7iと比べてバリアングルがないぐらいと思ってました。
実際見て手に持つと、x7iと比べると凄くコンパクトですよ。
重さも全然違います。



x7iとボタン配置や操作メニューはほぼ一緒ですね。
説明書見なくても大丈夫です。

一通りチェックしてから改造に出そうと思います。
改造後の不具合なのか、元々だったのかわからないと困るので。
改造はSEO-SP4にします。

残念ながらx7iのバッテリーと互換性が無くて、外部電源も流用出来ませんね。
一緒にアマゾンで外部電源も注文しておきました。
サードパーティ製ですけど、特に問題なく動きましたが、たまに電池マークがおかしくなります。
AC100Vに繋いでるはずですが、電池残量が減ったりしますよ。
切れるようなことは無かったですが、問題ありならカプラーだけ純正品を使おうと思います。

x7とx7iが両方あるのでダークノイズの比較をしてみました。
ISO3200 300秒 気温15℃前後です。
それぞれ3枚連続で撮影した中の3枚目になります。
わかりやすいように、PSのCameraRawで露光量を+5にしたものです。
そのほかのパラメーターは0です。

画像クリックで大きい画像が出ます。

【液晶ONでの比較】

x7
x7 on

x7i
x7i on

x7iは画面中央右端にバリアングルの配線の影響と思われるノイズがありますね。
x7にはありません。

【液晶OFFでの比較】

x7
x7 off

x7i
x7i off

液晶ON同様、x7iには画面中央右端にバリアングルの配線の影響と思われるノイズがあります。
どちらも液晶ONより、ノイズが少ないように思います。
個体差はあると思いますが、私の固体ではx7iに比べてx7の方がノイズがやや多いように思います。
変わりに、x7の方はバリアングル配線によるノイズはなくなりました。
ちょっと気になるのは、x7のほうのノイズの出方。
x7のほうが縦方向に濃淡が目立ちます。

x7iの方もよくみればそうなっているのですが、x7iのほうは全体にまんべんなくノイズがある感じです。

【固定ノイズの比較】

x7
x7 off kotei

x7i
x7i off kotei

液晶OFFの状態で露光量やパラメーターなど変更してない素の状態でのダークノイズです。
やはりx7のほうが固定ノイズが多い印象です。

液晶画面はOFFの方がノイズは少ないと聞いていたので、ここ最近はOFFしています。
改めて検証しても、その通りでした。
非バリアングルモデルのx7の方がノイズが少ないことを期待しましたが、そうならなくてちょっと残念です。
個体差もありますし、バリアングル配線のノイズが消えただけでもよしとします。
機材 | コメント:4 |
| ホーム |