今日から滋賀で星空撮影始めます♪

カメラ初心者がのんびりお気楽に星空撮影

こと座 今昔ものがたり

7月の新月期、結局なにも収穫が無いまま終わってしまいました。
8月の盆休みは月が絶好調だし、なんともタイミングが悪いです。

記事のタイトルは、品のある書籍のようですが、内容は対した事ありません。

梅雨が明けた1年前の今頃、初めてベランダで撮影を始めました。
何も考えずに頭上で一番輝く星を撮影した記憶があります。
あとで、それがこと座だったと知りました。

1年前に初めて撮影したこと座


キットレンズで55mm(換算88mm) 15秒の固定撮影でした。
周辺減光もまったく気にしてる様子が無くて、減光ヴァリヴァリです。
これでも目では見えない星が写って、感動した記憶があります。
星座表と見比べながら、2重星だとか、リング星雲(M57) を探してみたり。
こと座周辺の星が、星座表通りに並んでるのを見たりして、たった1枚で1週間ぐらい楽しんだきがします。そんなこんなで毎日この1枚を見てるうちに、こと座の形を覚えていった気がします。その後も他の星座を撮影して、同じように見比べて星座を覚えていくようになりました。
(ペルセウス座だけはいまだに覚えきれません)

なので、こと座にはちょっと他より思いいれがあったりします。
(織姫をアイしてるということではない)

梅雨があけても毎日すっきりしない日が多い中
一瞬でも星が見えた夜に、こと座を撮影してみることにしました。


【機材】
赤道儀:Kenko SkyMemoS
カメラ:CANON EOS kiss x7i(非改造)
レンズ:TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical
撮影日:2017.7.21 0:00~ 場所:ベランダ
ISO:800 50mm(換算80mm) f3.5 90s×22 気温:25℃

【画像処理】
Rstacker:(Dark減算 Flat補正)
CameraRaw:(RAWデータ現像)
DeepSkyStacker:(加算平均合成)
PhotoShopCS6:(レベル補正 彩度調整 星マスク処理)

特に見所はないですが(笑)
ダーク無し、周辺減光だけ補正してます。
マスク作って星にちょっと お化粧して、明るさをちょっとサワサワしただけです。

そこそこ光害のある我が家のベランダだと、こんなもんです。
天の川に近いからなのか、写りきれてない微光星予備軍がたくさん見えますあります。
光害の少ない所で撮影すれば、もっと写りそうです。

今回はTAMRONのズームレンズで撮影したので、50mm(換算80mm)です。
追尾撮影になって露光時間は稼げるようになっても、90秒でまっちろです。

それでも1年前と比較して、星が流れず、あの時写ってなかった星が写せるようになったんだと実感しました。まぁ、ベランダからなので、対して写せては無いのですが。

1年前に ちょっと興奮したあの2重星が、仲良く並んでいる姿を見てちょっと嬉しくなりました。
さらに、1年前には確認すらできなかった、リング星雲(M57)も確認できました。
かなりチッサくて存在だけですけど。
リング型まではわからないですが、青緑色っぽいので中央部の色なのかもしれません。
250mm(換算400mm)で狙っても、かなり小さそうです。

今回もこの画像で、1年前と同じようにstellariumと見比べてみました。
この領域、特に何もなかったんですね・・・
リング星雲(M57)と、M56(球状星団)ぐらい?
M56(球状星団)もかなり小さい球状星団なんですね。
ちょっと寂しすぎたので、ソフトフィルターつけて、こと座だけでも目立たせれば良かったかなと思います。

次の新月期やその前後期あ たり、スッキリ晴れて遠征に出かけたいです。
スポンサーサイト
ベランダ遠征 | コメント:4 |
| ホーム |