今日から滋賀で星空撮影始めます♪

カメラ初心者がのんびりお気楽に星空撮影

色々なとこに行って見ましたが撃沈

本当に晴れません。
ここまで長く曇雨が続くとは思ってませんでした。
今回の新月ウィークも厳しい感じです。

先日の金曜日の夜は晴れる感じの予報でしたがGPVでは怪しい。
20時ごろの自宅では晴れ間が見え下見したい場所もあり機材をもって出かけました。
最終目的地は県内遠征先の以前訪れた蔵王ダム。
色々寄り道しながらドライブ気分でいきました。

希望ヶ丘文化公園西ゲート




以前レジャーで訪れた時の見晴らしがよくて撮影地として気になってました。
昼間はこんな感じで素晴らしい所です。
夜は駐車場には入れないとは思ってましたが
駐車場に入るまでの道も封鎖されてたのは予想外。撤退です。



幹線道路をしばらく戻ると空 き地があります。
希望ヶ丘文化公園とはまったく関係ない幹線道路脇の撮影地です。
南方向が開けているのでいて座方面が狙える絶好の場所の予定だったのですが
光害も強く電線もあった・・・ ダメですね。

この時点ではほぼ晴れの空でしたので目的地の蔵王ダムまで一気にドライブ。
ここからだと40km弱でしょうか。

蔵王ダム
今日は東方面を撮影したかったので前回と反対側の駐車場に止めました。
トイレ前に車1台ありましたが星屋さんではない。というか誰もいません。
ついでにトイレを済ませ少し車で奥にいくとさらに1台・・・・
そしてなぜか上半身裸で車の外にいます・・・
さらに車のヘッドライトはつけっ放しです。絶対に星屋さんではない・・・
空を見ると全面曇り空と裸族でこりゃダメです。

ブルーメの丘
蔵王ダムの数km手前にあります。
一度遊びにいったことがあって広大な駐車場があったと記憶してます。
なのでいってみたのですが夜間は駐車場閉鎖でした。
仕方なくすぐ近くの道路わきの空き地で撮影。



こんな感じの空でおもしろくもなにもありません。

日野川ダム




ブルーメの丘から少し走った所にあります。
住宅街を抜けた先に突然現れます。
夜間も車で管理棟まで入っていけてそこでぐるっと転回できるので安心です。
蔵王ダムに比べると小規模で池って感じだけど視界は良さそうです。
しばらくここに居座ってみましたが晴れそうにないので帰ることにしました。

帰り道の途中には会社があり一旦そこまで戻りました。
空をみると7割ほど晴れてました。
かなり迷って蔵王ダムから25km戻ってきてまた25kmの道のりを戻りました。

蔵王ダムにはいかず何故か日野川ダムへ。
戻ってきたら3割程の晴れ間になってて気分は駄々下がりです。
夜中にこの界隈をウロウロ・・何をしてるんだろうと思いました。
やっぱり帰ろうと日野川ダムをあとにして幹線道路にでたらまた晴れになってました。

左に曲がれば自宅(50km)
右に曲がれば蔵王ダム(数km)

停止線で1分ほど迷ったあとハンドルは右回転してました。
0時頃蔵王ダムに再び戻ってきました。
裸のおっさんがいると嫌なので前回側の駐車場に直行しました。
今回も鹿の親子2匹とたぬ きっぽい小動物数匹を見かけました。

湿気の多い空で雲が流れるというよりその場で湧くという状態。
おまけに月も上ってきてて月明かりもあり空の状態はとても悪い・・・。
自宅と比べると星はよく見えてますが前回きたときよりは悪い感じです。
ササッと用意してササっと撮影しました。

17mmでカシオペヤ~M45方面
50mmでM45方面とミルファクと二重星団方面

を雲が消えたタイミングで撮りました。
湿気と雲と月明かりで全部ボツコースかなぁという感じです。
気が向けばアップします。

なんだかんだで150km走った気がします。
下見が色々できたのでよかったのですが、その中で新規の撮影地としては日野川ダムぐらいです。

他にも県内では朽木方面・高島方面・奥伊吹方面などいってみたいですが
冬は豪雪地帯なのでいくならいまの時期しかないです。
高島方面はまだ知っているのでいいのですが、朽木と奥伊吹は知らないので
一人で行く気になるかどうかが怪しいです。

しかし滋賀の星空聖地の一つと言われてる蔵王ダムで星屋さんと一度も出会いません。
(といってもまだ2回ですが)
スポンサーサイト
雑記 | コメント:0 |

ペルセウス座付近の星団

ここ2週間ほど秋雨前線と台風の影響でまったく晴れませんね。
いよいよ撮りためたデータも今回の記事でなくなってしまいました。

今回の記事は9月3日にベランダから撮影した物になります。
この日は空の状態も良くベランダからでも星の瞬きが綺麗でした。
何を撮ろうかと考えて空を見上げるとペルセウス座が高い場所まで上ってきてました。

以前17mmで撮影した時に星団が多く見られたので
すばるも撮影したかったしズームで星団をメインに撮影しました。

M45 プレアデス星団(すばる)


ソフトフィルターが擬似的なすばるの青白い雰囲気を出してくれてます(笑)
15秒の露出でしたが、カリフォルニア星雲もうっすらと。

mel20 散開星団


ペルセウス座のミルファクを取り巻く散開星団らしいです。
17mmで撮影した時に星がまばらだけど集まってるなと思っていたのですが散開星団だったのですね。

mel25 ヒアデス星団


アルデバランを従える?星団。

カシオペヤ座 二重星団 NGC869 NGC884
IMG_3132_DSS1
カメラ:CANON EOS kiss x7i 
レンズ:TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical
フィルター:Kenko PRO1D プロソフトン [A] (W) 67mm
撮影日:2016.9.3 2:30~3:00 場所:ベランダ
ISO:3200 45mm F/2.8 15s×8 気温:?℃

画像処理:
Rstack:(ダーク減算×8)
DeepSkyStacker:(加算平均コンポジット×8)
CameraRaw:(RAWデータ現像)
PhotoshopElements14:(レベル補正・コントラスト・彩度・レンズフィルター(ブルー15%))
(今回の撮影データ共通)

構図も正しいのかよくわかってません(笑)
17mmで撮影したときは星が固まってるなという感じがしたのですが
45mm程度のズームじゃなにがなんだかわかりませんね。

手持ちのズームレンズで撮影してみたかったので撮影したのですが
ベランダ撮影ですし45mmぽっちのズーム程度だと逆にしょぼいきがしてきました。
いずれ赤道儀で撮影する時までの練習ということで・・・
星野写真 | コメント:2 |

いて座方面は写るのか?その③

いて座方面は写るのか?シリーズのその③です。

いて座方面の天の川だけ撮影してサッと帰る。
今回の撮影ポリシーです(笑)

前回の記事で訪れた撮影地で撮れるのか気になって再び行ってきました。
自宅より車で5分のお気楽撮影地です。

前回訪れた時は時間帯が遅かったのでいて座方面の天の川は沈んでました。
南方向には視界を遮る森があります。
空が完全に暗くなる時間帯だと厳しそうだと思っていたので
晩御飯を食べてすぐの20:00頃に行きました。
南方向は光害の影響も強いし、空もまだ暗いとは言えない条件の中での撮影。

到着して南の方角を確認すると、既に森に沈みゆくさそり座が・・・。
この日はアンタレス・土星・火星が小三角形の配置のようで
なかなか絵になりそうなシチュエーショ ンです。



カメラ:CANON EOS kiss x7i 
レンズ:TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical
フィルター:Kenko PRO1D プロソフトン [A] (W) 67mm
撮影日:2016.8.31 20:00 場所:近場の田んぼ
ISO:3200 17mm F/2.8 20s×8 気温:?℃

画像処理:
Rstack:(ダーク減算×8)
DeepSkyStacker:(加算平均コンポジット×8)
CameraRaw:(RAWデータ現像)
PhotoshopElements14:(レベル補正・コントラスト・彩度・レンズフィルター(ブルー15%))

今回もまたしても光害たぷ~り含んでしまいました。
目で見ても分かる光害の中欲張っていつも失敗します。
現像の上がった作品は残念ながら透明感がなく濁り空となりました。
森沿いや右下からの光害を画像処理で少し頑張ってみましたが
変な色かぶりが処理しきれずお残ししちゃいました・・・

それでも早い時間帯と光害の中という状況の中
今まででこの方面を撮影した中では写った方だと思います。
なにより自宅と違って電線等がなくて視界がすっきりしてると気持ちいです。

未熟さゆえ画像処理の方は納得いってないのですが
アンタレス・土星・火星の小三角と絵的にはお気に入りです。
(さそり座は惜しくも尻尾の一部が入らなかったです)

もっと上手く処理できるようにならないとダメですね。
星景写真 | コメント:0 |

お気楽撮影地を求めて・・・ からのペルセウス座方面とすばる

お気楽に撮影できる場所と言えば自宅なのですが
視野が悪かったり空が明るかったりで不満は多いわけです。
町内で視野がよさそうなとこを探して見ましたが、光害は対して変わらない上に不審者で通報されるデメリットの方が高く結局自宅で撮影します。

暇があればgooglemapのストリートビューで探索もします(笑)
そんな感じで近場で良さそうな所にあたりをつけてたとこがあり行って見ました。
その日空の状態がよくM45(すばる)が綺麗に見えてたので下見がてら行って見ました。
時間は0:00頃でした。

空を確認しながらゆっくり動きたいのと道路事情がわからないので電動自転車で出発。
機材は前かごに積みました。 自転車の電源いれたら充電残量15%です。
充電残量7%までに目的地にいけなければもれなく帰路はゲームセットです。

このあたりは登りと下りがおおくて電動自転車所有率が高いです。
登りは電動で下りは電動をきってすこしでも節約しました。
山側の方に向かってこぎながら空を見上げるといい感じです。
目的地まで2/3ぐらいのとこでいよいよ充電残量が10%になりました。
電池の余裕をみればここらへんで限界です。

仕方なく目的地までは諦めて引き返しました。
引き返す時に道路に脇道があるのを見つけ入っていきました。
丘高になってる場所のようです。

会社がひとつとあとは田んぼのみです。
民家からも幹線道路からも100mほど離れていて視 野も広くて良さそうです。

滋賀県は位置的に南方面の光害は避けれそうにありません。
これは大きく場所を移動しない限り無理なのかもしれません。
早速三脚とカメラをセットして東方向のM45プレアデス星団。
有名なすばるを狙ってペルセウス座方面を撮影しました。

ペルセウス座とM45プレアデス星団(すばる)


カメラ:CANON EOS kiss x7i 
レンズ:TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical
フィルター:Kenko PRO1D プロソフトン [A] (W) 67mm
撮影日:2016.8.28 1:00 場所:近場の田んぼ
ISO:3200 17mm F/2.8 30s×16 気温:?℃

画像処理:
Rstack:(ダーク減算×16)
DeepSkyStacker:(加算平均コンポジット×16)
CameraRaw:(RAWデータ現像)
PhotoshopElements14:(レベル補正・コントラスト・彩度・レンズフィルター(ブルー15%))

相変わらず周辺減光と隅の星の流れが酷いです・・・

左下から光害はあるようです。でもがひつこい感じのしない雰囲気です。
この下にある会社の廊下灯のような気がします。
あえて処理せずにそのまま残しました。
肉眼での見え方は自宅とちがって星の輝き度が高くはっきり見えます。
画像処理が悪いのか思ってたよりは写ってなかったかな?という感じです。
右下に少し木がはいってしまいました。

このあたりの領域は星団が多くてにぎやかなんですね。
持ってませんが双眼鏡で星団巡りでもしたいなと思いました。
画像処理の途中で気づきましたが、うっすらとカリフォルニア星雲も写ってました。
彩度をあげて確認すると間違いないようです。

画像処理前に彩度のみ強調したデータ


下見ということで、 あとは自転車にまたがって小一時間ほど肉眼で楽しみました。
またこようと思います。
星野写真 | コメント:0 |

いて座方面は写るのか?その②

写るのかシリーズ。町内編です。
前回記事ではベランダからのいて座方面の銀河は写るのかを書きました。

今回は不審者覚悟で町内の少し歩いた開けた場所で撮影してみました。
電線が無いので期待したのですが
結果から言うとさらに酷い事になってしまいました。
お見苦しい物を見せてしまうようで申し訳ない感たっぷりです。

視界がひらけた分、光害の影響がさらにひどくなりました。
おまけに飛行機の航跡×2、雲の襲来、光害という攻撃力抜群の3種要素に見舞われました。
せめてもの抵抗で15枚ほどコンポジットしました。
ダークは引きましたが、枚数以外の条件は前回記事と同じです。

RAWからJPGに落としただけの状態はこんな感じです。



光害のデータを加算平均で重ねると何故か激しく濁ります。
これもやはりヒストグラムのピークを中央に持ってきましたがほとんど光害?
うっすらと天の川はみえるようなので画像処理でどこまででるかは・・・
ともかく処理して見ました。

いて座方面


カメラ:CANON EOS kiss x7i 
レンズ:TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical
フィルター:Kenko PRO1D プロソフトン [A] (W) 67mm
撮影日:2016.8.27 21:15 場所:町内空き地
ISO:1600 17mm F/2.8 15s×15 気温:?℃

画像処理:
Rstack:(ダーク減算×15)
DeepSkyStacker:(加算平均コンポジット×15)
CameraRaw:(RAWデータ現像)
PhotoshopElements14:(レベル補正・レンズフィルター(ブルー15%))

かなり苦しいですがうっすらと天の川は見えます。
光害の処理はしてません。
というかきつくて自分の技術では太刀打ち出来ませんでした。
ベランダからのほうが隣家に光害が遮られてまだましだったきがします。
町内が絶賛推進中のLED街灯も照らしてくれました。
とにもかくにもベランダ・町内からの南方向は厳しいというのがわかりました。
星景写真 | コメント:0 |

いて座方面は写るのか?その①

いて座方面の天の川は写るのか?
ベランダ編です。
少し前の物なのですが、あまりにもひどいのでボツにしようかどうかと思いました。
せっかくなので記録として載せようと思います。

我が家の南向きは鉄塔のボスみたいなのが居座っていて中空あたりまで電線が走ってます。
おまけに光害の影響も大きくてまったく撮影に向かない方向です。
上空は開けてます。

とにかくこの方向の天の川を撮影したいと思って撮影しました。
ベランダから火星と土星が見えているのでその左に銀河中心部があるはずです。
丁度屋根の上辺りに位置してるはずなので撮影して見ました。
ちなみに肉眼ではアンタレス・火星・土星ぐらいしか見えません。

RAWからJPGに落としただけの状態はこんな感じです。



光害もひどいですが絵面的にも最悪です。
枚数は多く撮りましたがたくさんコンポジットすると背景がぶれてさらに酷い事に・・・
なので4枚だけコンポジットしました。
めんどくさいのでダークも撮りませんでした。

いて座方面

カメラ:CANON EOS kiss x7i 
レンズ:TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical
フィルター:Kenko PRO1D プロソフトン [A] (W) 67mm
撮影日:2016.8.21 8:45 場所:ベランダ
ISO:1600 17mm F/2.8 15s×4 気温:?℃

画像処理:
CameraRaw:(RAWデータ現像)
PhotoshopElements14:(加算平均コンポジット×4・レベル補正・レンズフィルター(ブルー15%))

もっと遅くに撮りたかったのですがこれ以上待つと沈みそうでした。
どうやら天の川は写るようですが汚ったないですねぇ。
星も大して写ってないし、全てが酷いもんです。なんだか全体的に濁っています。
とてもじゃないですが作品と呼べる代物じゃないです。

光害は画像の右下あたりから強く出てます。
すこしだけ処理しました。

ヒストグラムを見てピークを中央に持ってきましたが
ISO1600 の15秒であっとういうまに中央にピークがきました。
光害の影響が強い場所ではピークを中央に持ってこないほうがいいのでしょうかね?

とにもかくにも自宅からいて座方面の天の川は写るようです。
星景写真 | コメント:0 |

夏のオリオン座と冬の大三角

ここ最近ちょこちょこ撮影していますが
画像処理の技術が乏しく処理に納得いきません。
イライラが積もってきました(笑)

そんなこんなで寝ようと思いベランダにでるともうオリオン座が上ってきてました。
先週の週末の話で時間はもう3:30です。

しばしベランダでなにもせず眺めて癒されました。
せっかくなので三脚とカメラをセットして1枚撮りで撮影してみました。
いままで撮影してなかったときはきがつきませんでしたが
改めて見ると意外とおおきい事に気づきました。
さすが冬を代表する星座です。

オリオン座と冬の大三角


カメラ:CANON EOS kiss x7i 
レンズ:TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical
フィルター:Kenko PRO1D プロソフトン [A] (W) 67mm
撮影日:2016.9.3 3:30 場所:ベランダ
ISO:1600 17mm F/2.8 30s 気温:?℃

画像処理:
CameraRaw:(RAWデータ現像)
PhotoshopElements14:(レベル補正・コントラスト・明るさ・彩度調整)

1枚撮りですしダークもコンポジットもなし。
空の色だけ整えました。

せっかくなのでオリオン座が電線から出るまで待ちつつ
冬の大三角が屋根の上にでてくるまで待ってから撮影しました。

今週はずっと天気がよくないので溜まっているデータの処理を進めます。
星景写真 | コメント:0 |

ソフトフィルターの効果 カシオペヤ座

先日購入したソフトフィルターの効果を確認してみました。
撮影した日は空の状態がよくてベランダでも星がよくみえる絶好の条件。
ベランダで撮影しました。

何を撮ろうかと思いましたが
もう空は秋の星座が高く上り夏の星座はもう主役ではなさそうです。
結局カシオペヤ座を撮りました。

カシオペヤ座


カメラ:CANON EOS kiss x7i 
レンズ:TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical
フィルター:Kenko PRO1D プロソフトン [A] (W) 67mm
撮影日:2016.8.26 0:30 場所:ベランダ
ISO:3200 50mm F/2.8 15s×14 気温:?℃

画像処理:
Rstack:(ダーク減算×14)
DeepSkyStacker:(加算平均コンポジット×14)
CameraRaw:(RAWデータ現像)
PhotoshopElements14:(レベル補正・コントラスト・明るさ・彩度調整)
FLATAIDE:(フラット補正)

丁度 50mm でカシオペヤ座だけが入りました。
個人的には効果が強すぎず弱すぎずでいい感じです。
星野写真 | コメント:0 |
| ホーム |