今日から滋賀で星空撮影始めます♪

カメラ初心者がのんびりお気楽に星空撮影

ポータブル赤道儀 スカイメモS ⑧ 手動導入用目盛環の製作・導入精度

天気も良かった絶好の新月期は帰阪で撮影できず。
自宅ではなんだかんだと練習撮影をしています。
何をしていたかと言えば、目盛環を製作し手動導入の練習をしています。

前回の遠征では、M42やM45などのいわゆる目に見える天体。
目でみえれば導入には問題ないのですが、撮影対象のほとんどは暗く遠く目に見えない天体。
スカイメモS購入前から、目に見えない物をどうやって導入するのだろうかと悩んでいた問題です。

自動導入機能は付いていません。試写を繰り返しその位置から対象に向けていける自信もありません。目盛環なるものがあれば、座標を合わせて導入できるこ とは知っていました。
ただスカイメモSには、その目盛環もついてません。

導入について色々情報を探しました。
そんな時に、スカイメモSに自作の目盛環で撮影されている記事を見ました。
赤道儀に触ったことも、ちゃんと見たこともなかったので目盛環について調べました。
その記事の方で、リンク先でもある「カメラde遊ing」さんに色々教えて頂きました。
内容を理解したところで、自分のスカイメモSにも目盛環を付けたくなりました。
ということで製作してみました。

自作目盛環の製作
製作前には、いつも設計構想から。
基準星の座標に合わせるときは目盛環のみ、対象の座標まで動かす時は軸と一 緒に目盛環が回る必要がある。赤緯軸は、純正の微動台座クランプツマミに、赤経軸はスカイメモSの極軸望遠鏡のアウターリング?に目盛環。

【赤緯軸】

【赤径軸】


製作イメージは出来たのですが、手持ちの材料にいいのがありません。
材料手配すると時間が掛かるので、使えそうな材料で試作することにしました。
試作段階ですが、完成した目盛り環

グレーの薄い目盛環が赤緯軸用、青い目盛環が赤径軸用です。

赤緯軸目盛環
クランプツマミの根元寸法が約φ60。
DC-50という塩ビ管キャップの内径も約φ60でした
蓋側を旋盤で切り落とし、リング状にしてクランプ部にはめ込むだけです。
蓋側は、成形段階の抜け勾配がついているようで微妙に内径が小さく丁度良いはめあいになりました。蓋と逆側は内径が開いていてスカスカすぎでした。
塩ビ管の外径が微動台座より小さいので、指 標と距離が空いてしまったので残念な出来です。
アルミかMCナイロンの材料を手配して、旋盤加工でジャストサイズで作り直そうと思います。

赤緯軸の目盛は、+90°~0°~-90°までを1目盛2°間隔でCADで作って印刷・貼り付けました。分単位まで合わせれるように、10分間隔でバーニア目盛も作りました。

赤経軸目盛環
こちらは極軸望遠鏡のアウターリングに装着します。
外径が約φ38で目盛環を付ける箇所の長さが5mmあるかないかと短い・・・
スカイメモS側の日付目盛部に勾配が付いてますので、その形状に合わせた目盛環を作るつもりでした。適当な材料が見当たらず、寸足らずのMCナイロンしかありませんでした。
とりあえず、その材料で旋盤加工して外 径(φ59 長さ14.5mm)・内径(φ37. 85 長さ6mm)と逃がしの内径を付けました。

赤緯も赤経軸もですが、手で目盛環のみ回せる固定力かつ、目盛環と軸は一緒に回るように仕上げしました。MCナイロンなので内径φ37.85からはしっくりするぐらいまでペーパー手仕上げしました。
寸足らずの材料を使ったので、日付目盛部の勾配まで材料長が足りませんでした。
仕方ないので、指標の方を暫定対策で軸方向に長めで付けました。
これも、アルミかMCナイロンの材料を手配して旋盤加工でジャストサイズで作り直そうと思います。

赤経軸の目盛は、0~23時までを1目盛10分間隔で作りました。
1分単位まで合わせれるように、1分間隔でバーニア目盛を作りました。

装着するとこんな感じです。



し っくり目のはめあいなので、基準星の座標に合わせる時は目盛環だけを回せます。
対象座標に合わせるときは、軸と一緒に目盛環も回ります。
軽圧入で脱着も容易なので、いつでも脱着・装着が出来ます。
加工機があれば、1目盛づつ溝入れして炭入れ処理したいです。

導入テスト
自宅のテスト場(ただのベランダ)で導入精度を確認しました。
最初は相対座標でやってみましたが、計算がめんどくさくなり絶対座標にしました。
座標がわかっていれば基準はなんでもいいので、ライブモニターの中心に基準星を手動導入しました。基準星の座標を調べてから、目盛環の座標を手で回し合わせます。
あとは対象の座標まで動かせばいいはずなので、赤緯軸だと微動台座の微動ツマミ 。赤経軸だと赤経軸を直接動かします。

導入精度の確認は、現状一番焦点距離が長い250mm(APS-C)で行いました。
この焦点距離で問題なければ、それ以下も問題ないはずです。
導入精度の確認だけなので、撮影条件は抑えてます。ISO800の60秒のJPGです。
レベル調整と明るさ調整だけして、画像は回転させています。右が北です。
基準星から対象へ。その対象から次の対象へ絶対座標で導入・撮影していきました。

※基準星ベテルギウス(赤緯:5h55m 赤経:+7°24)

M78 (赤緯:5h46m 赤経:0°00)

とりあえず、基準星から近くの対象を導入してみました。
小さい対象で自宅では辛い対象ですが、調整なしの一発導入でど真ん中来ました。
アルニタクを狙えば自然と狙える位置になるので、あえて目盛環を使う必 要はないのですが(笑)

M35 (赤緯:6h08m 赤経:+24°19)

中心からはややずれましたが、写野内なら位置調整出来るので問題なしです。
ライブモニターでは写らない対象なので、画面に写ったときは感動しました。
stellariumで見ると、他に散開星団があるので囲んで見ました。

M37 (赤緯:5h52m 赤経:+32°33)

これも写野内です。

M36 (赤緯:5h36m 赤経:+34°08) M38 (赤緯:5h28m 赤経:+35°51)

これも写野内。

M48 (赤緯:8h13m 赤経:-5°45)

気持ちいいぐらいばしばし導入できます。

NGC2238 (赤緯:6h30m 赤経:+5°03) バラ星雲

星団ばかりでは飽きてきたので、星雲の導入も。これは上が北です。
自宅とノーマルカメラでは厳しかったです。
無理やり炙りまくってでてきた汚いバラ。毒持ってそうです。
遠征で是非撮り直し撮影したい対象です。

ここらへんで体も冷えてきたのでやめました。
目盛環の導入精度は良さそうです。
250mm(APS-C)で写野のどこかに入っていればあとは調整出来ます。
目盛環を使うと目に見えない対象が、効率よくバシバシ撮影できて楽しいです。
目盛環を使うだけで、目に見えない天体がこんなにも簡単に導入できてしまうのかと驚きです。

目盛環でセットして、撮影が終わった時に表示される時のドキドキ・ワクワク感がたまりません。
ちゃんと導入できてた時は、思わず「いけてるやん!」と声がでそうになりました。
目盛環を動かして導入するという所も、いかにも天体撮影している感があって嬉しくなりました。

これでもっともっとスカイメモSで遊べます。
赤道儀の構造についても、少し理解も深まった気がします 。
目盛環について色々情報を頂いた「カメラde遊ing」さん、ありがとうございました。

2017年は目盛環を使って色々撮影してみようと思います。
スポンサーサイト
スカイメモS雑記 | コメント:0 |

ポータブル赤道儀 スカイメモS ⑦ K-ASTEC製アルカスイス規格クランプ・プレート

K-ASTEC製 DS38(クランプ)
K-ASTEC製 DP38-110(プレート)
ETUMI    メスメスネジアダプター ※M8×2(追加工)
アルカスイス規格のクランプとプレートを色々物色していて、値段と実績からK-ASTEC製の物にしました。





今はスカイメモSの微動台座・アリガタプレートの微動台座にカメラを取り付けています。
使い始めてすぐに操作のやりづらさを感じてしまいました。
改善します(笑)

やりづらい事
①カメラの電池交換が出来ない。
②カメラのバランス調整が出来ない。
③微動台座のツマミが回しにくい。

①については、電池蓋が塞がって開けません。
カメラを外す時、ネジのツマミは小さく回しにくくて極軸のズレに気を使う。
フレーミングもやり直しになるとか、煩わしさ満杯です。
②はスライド構造にして、カメラバランスが取れるようにしたい。カメラの向きやズームでレンズが伸びただけでバランスが崩れます。
③はカメラ底部とツマミガ近すぎて回しにくいのです。

複数の問題が解消できて、寒い中での操作性が向上するならと思いまして。
年内に改善することにしました。



こんな感じになりました。
操作性が向上して個人的に満足です。
クランプも軽い力でしっかり締ってますし、スライド方向の脱落防止機能も良いです。
アルカスイス規格のクランプやプレートは持っておけば、今後何かと使えそうです。

ETUMIのアダプターは、UNC1/4-20のネジが切ってるだけの丸プレートです。
自作予定でしたが、立ち寄った大型家電店で見かけたので買いました。
DS38をボルト2本止にするために、買ってきたその日にピッチ間隔35mmでM8(P1.25)のタップを追加工しました。

これで、外さず電池交換も出来て、バランスもスライドで対応で きて、ツマミも回しやすくなりました。
この先ずっと微動台座の小さいネジツマミを触らなくなったのも良いです。



ついでに微動台座の片持ち固定が気に入らなかったので、L型アングルを加工して持たせました。
スカイメモS雑記 | コメント:0 |

ポータブル赤道儀 スカイメモS ⑥ 250mm試写とピリオディックモーション

昨夜、ホームの蔵王ダムでスカイメモSのファーストライトを終えました。
後日記事に致します。

その前に今回は250mmでの試写とピリオディックモーションについて書こうと思います。
長文になります。

前回の記事では、Tamronのレンズで17mmと50mmの試写をしました。
10分の露光では、満足の行く結果となりました。
今後の焦点距離は17mm・50mm・250mmで多く撮影しそうなので、いきなり250mmで試写をしました。それと、試写を終えて気になる所があったのでピリオディックモーションを測定しました。

今回使用するレンズはカメラを購入したときに付属していたキットレンズです。
EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM
キットレンズの割りに中々評判が良さそうなレンズです。

三脚の水平・スカイメモSの水平を出してから極軸を合わせました。
極軸合わせは慣れてきましたので数分で完了です。
露光時間は1分・3分・5分としました。
撮影条件は自宅でISO100 F4→7.1で撮影しました。

今回も、動きの早い南の方の星を対象にしてオリオン座の二重星のミンタカを撮影しました。
離角が53秒と大きいので、ライブビューの×10でもはっきり二重星とわかります。
ついでにこの星を使ってピリオディックモーションを測定しようと思います。

ミンタカ 250mm F4→7.1 1分


ミンタカ 250mm F4→7.1 3分


ミンタカ 250mm F4→7.1 5分


パッと見はいけてるように見えますが・・・
ピクセル等倍にするとどれも流れています。
ミンタカ付近をピク セル等倍で切り出したのがこちらです。



画像の上が西側なので、どのショットも日周運動に沿って流れているような感じです。
各露光時間で10枚ほど連続で撮影したんですが、ある事に気づきました。

10枚の内、流れ具合に僅かに差があります。
上の画像はその中で具合の小さな物になりますが、完全に点像になっているものはないようです。個人的には250mmでこの具合なら満足してますが、納得はしてません(笑)

で、数日に渡り色々対策してみて原因を追求してみました。
結果的には色々やってみたので すが、このちょっとした流れを撲滅できません。
実施したことをまとめてみます。

実施対策
・各部の増し締め・極軸・バランス確認。
・撮影直前にも極軸の確認とドリフト法での確認。
・極軸望遠鏡の光軸調整
・バランスウエイトの軽量化  1kg→400g
・スカイメモS搭載重量     総重量は3kg未満
・雲台のたわみ対策      方持ち構造の支え
・雲台の各軸設置方向    赤経軸回転に軸がたわむ懸念。軸支柱向きを全パターンで。
・ストーンバックによる与圧  赤経軸回転に軸がたわむ懸念。雲台三脚に西側や東側または両方に与圧。北極星導入は与圧後。
・設置場所            ベランダ(樹脂の敷物)・庭(地面土)・駐車場(コンクリート)
・三脚の脚            4段→2段
・バランス調整         バランスが取れている状態・バランスをわざとカメラ側ウエイト側にした状態
・スカイメモS          電源を入れて安定駆動(数分以上)してから撮影
・極軸の確認          極軸望遠鏡 ドリフト法(東の星と南の星)

これだけの事を確認してその都度撮影して確認しました。
いずれも改善するには至 っていません。
三脚・雲台・スカイメモSの耐重量には十分余裕があり、極軸もずれてはいないと思うのです。
三脚の先端はゴム脚ですが、これは外して試していません。

ピリオディックモーションの測定
支える側に問題がないなら、後はスカイメモS側だと思いそちらを疑ってみました。
ピリオディックモーションというのでしょうか?ネットで調べ測定してみました。
あっているのかわかりませんが、測定方法は以下のように測定しました。

・極軸を合わせる。
・測定する焦点距離・条件で測定の基準となる二重星を撮影しておく。
 今回は離角53秒角のオリオン座ミンタカを追尾撮影。
・極軸を西か東にわざと1~2度ずらす。今回は大体2度程ずらしました。
・ 南の高度55°付近の南中した星を導入する。
 ミンタカの南中高度がそのぐらいなので、南中時間に合わせてミンタカ付近を撮影。
・ウォーム1回転分の時間で追尾撮影。スカイメモSの歯数144枚だと1回転10分。



得られたピリオディックモーションがこちら。ついでなので2周分も撮影しました。
事前に撮影したミンタカとピリオディックモーションを撮影した画像を比較明合成しました。



ミンタカの二重星から比率計算して大体50秒(±25秒)ぐらいでしょうか。
それより気になったのは軌跡の方。素人目にみてこれはアカンやつと感じました。
ウォームギア1周分の内、ギザギザかつ不規則な軌跡。
ウォームギアの歯面状態はよくなさそうです。
稀に星がジャンプするようなショット、複数連続撮影した中で流れる量に差があるのはこれが原因でしょうか?
極軸をいくら合わせてもわずかな流 れを撲滅できないのは、このあたりが原因でしょうか。

僅かな流れを撲滅できれば言う事ないですが、気楽に持ち出して5分で設置・撮影開始。
250mm・5分でこれぐらいなら、お気楽撮影としてはこれでいい気もします。
対策ばかりで解決せずモヤモヤするより、出かけてこれでガンガン撮影したほうが幸せな気がします。
スカイメモS雑記 | コメント:6 |

ポータブル赤道儀 スカイメモS ⑤ 50mm試写とドリフト法

明日は休みを取っているのでホームのダムで本番にいこうと思いましたが駄目です。
晴れてはいるのですが薄雲が掛かっていて星の光が弱すぎです。
機材は積んであって自宅待機中ですが、そろそろ月明かりも影響してきますし、大人しく家にいます。

本題ですが
50mmの試写と極軸のズレをドリフト法というので確認してみました。
使ったレンズはいつものTAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical です。
光害のある自宅での撮影で長時間露光になるのでISO200で撮影しました。
対象は南中少し前のオリオン座です。

オリオン座 焦点距離50mm f2.8→5.6 10分


絞りを5.6にしても四隅はコマ収差?(というのでしょうか)があり崩れています。
中央はほぼ点像を保っている感じです。
ただ、何枚か連続で撮影した中で、ピクセル等倍で拡大すると微妙に流れている物も見受けられます。
個人的にはまったく気にならないレベルですが。

いままで50mmだと15秒が限界だったことを考えると大変な進歩です。
M42オリオン大星雲や薄っすらですがM78や燃える木も見えます。
自宅でもこれだけ露光すると写る事に感動です。

ついでに極軸があっているかを確認してみました。
基本的には極軸望遠鏡で合わせてますが、本当にあっているのか確認したい事もあります。
ドリフト方というのがあるようなので、それで確認してみました。
やり方が正しいのかどうかはわかりませんが、その場で携帯で調べてやってみました。

①東と南の空のある程度の高度(今回は50度ぐらいでしょうか?)の星を導入
②タイマーを75秒に設定し、追尾状態で5秒・12倍速で西側に30秒、東側に40秒動かす。

こんな感じの画像が得られました。
行きと帰りは一直線なのであっているのかな?

東の空のドリフト法


南の空のドリフト法


その他に250mmでの試写もしました。
結果から言えば、流れてくるようになったという感じです。
また、ピリオディックモーションというのでしょうか?そちらも測定してみました。
こちらはまた別記事で書いていこうと思います。
スカイメモS雑記 | コメント:0 |

ポータブル赤道儀 スカイメモS ④ バランスウエイトと照明ホルダーの自作

滋賀はいまキーンと冷え込んでいます。
場所によっては平野部でも降ってるようです。

本題ですが、雲台問題の対策が一段落したところで小物系をいじいじしてみました。

・自作バランスウエイト
純正のバランスウエイトは1kgです。
カメラの重量が約580gなので、今の機材構成だとここまで必要ありません。
それに赤緯軸の微動でカメラを回転させた時のバランス取りが1kgだと調整しにくいのです。
シャフトの一番上(赤経軸側)にもってきてもウエイトの方が重いです。
アリガタプレートにも調整幅があるのですが、赤経軸に固定しているのであまり触りたくないです。

なので転がってた材料で軽い物を作りました。
ついでなので4種類作りました。



389g φ38   L50
564g φ45   L50
735g φ50.8 L50
938g φ57   L50

一番右端の黒いのが純正の1kgです。
材質はS45Cですが、転がってた材料なので重さは出来なりです。
中心にシャフトを通すφ13の通し穴。側面に固定用ボルトを通すタップを加工。(M8P1.25)
固定用ボルトのタップサイズは純正と合わせたのでそのまま使えます。
φ57だけは径方向に大きくてボルト長さが足らないので、既製品の長ボルトを使って対応します。
一番軽い389gのウエイトでバランスが取れたので総重量も軽く出来ました。

・照明ホルダーの自作
極軸望遠鏡を夜に覗くとほとんどスケールパターンが見えないので照明を使うのですが、これ付属のアリガタプレートを付けると取りつかないようです。
極軸合わせは全機材を載せてからやりますし、撮影の合間にも覗いて確認します。
どっちも純正部品なのにこれは頂けない・・・・

調べてみると別売りでホルダーがうってるようですが、機能に対して高額すぎます。
スカイメモSユーザーには周知の事実なんでしょうか?
調べたり教えてもらった情報によると簡単にホルダーが自作できるみたいです。

材料は買っても1コインで十分らしいですが、家に転がってる材料を探してみました。
庭の水道管工事で余った丁度良いサイズの塩ビ管(サイズ20×13?)がありました。
アリガタプレートの長穴の幅が丁度20mmです。
ここにはまるように円筒部の両サイドを削ればいいようです。




アリガタプレート側と照明側の長さは適当に切り揃えましたが、もう少し短くても良さそうです。
照明側の内径と塩ビ管の外径はほぼ同じなので、そのまま嵌りました。
なかなか良さそうです。
スカイメモS雑記 | コメント:0 |
| ホーム |次のページ>>