今日から滋賀で星空撮影始めます♪

カメラ初心者がのんびりお気楽に星空撮影

期待してたマルカリアンチェーン・・・

今週末はキャンプにいってました。
月もでてたのでタイムラプスぐらい撮影出来るかなとおもってたのですが何も出来ませんでした。撮影機材は持っていきましたが、残念ながら曇りで出番はありませんでした。

今回で4月末のおにゅう峠で撮影した最後のネタになります。
順番通りではないですが、250mm(APS-C)で撮影した対象では最初と最後になります。
最初がマルカリアンチェーンで最後がM13です。

マルカリアンチェーンは、過去に自宅と蔵王ダムで撮影した事があります。
自宅ではなんとなく写ったので、蔵王ダムで挑戦してみましたが厳しかったんです。
おにゅう峠だったら、どれぐらい写るのかと思って三度挑戦してみました。

マルカリアンチェーン 赤径:12h25 赤緯:+12°53

【機材】
赤道儀:Kenko SkyMemoS
カメラ:CANON EOS kiss x7i(非改造)
レンズ:CANON EF-S 55-250mm F/4-5.6 IS STM
撮影日:2017.4.29 20:30~ 場所:おにゅう峠
ISO:3200 250mm(APS-C) f5.6 300s×22 気温:9℃

【画像処理】
Rstacker:(Dark減算 Flat補正)
CameraRaw:(RAWデータ現像)
DeepSkyStacker:(加算平均合成)
PhotoShopCS6:(レベル補正 彩度調整 各マスク処理)

地味ですね・・・
この時は強風が吹いてたせいか流れ気味です。
直前まで発生していた霧の影響なのか全体的に眠たい感じです。
24枚撮影(合成22枚)したんですが、最初と最後のコマでピークが違ってしまいました。最後の1コマになると半間隔分ぐらいシャドウ側に寄ってしまっていました。月が完全に沈んでから撮影すればよかったです。
もったいないので、シャドウ側に寄ったコマも全部加算平均しました。

それにしても、なんだか思ってたのと大分イメージが違いました。
各所で迫力のあるマルカリアンチェーンを見過ぎて、期待しすぎたのかもしれません。光忙をはっきりと捉えられていたら、いい雰囲気になってたかもしれません。物足らない感がありますが、現時点で一番いい撮影地で撮影出来たのでよしとします。
でも、これだったら今の機材ではもう撮影しないかもしれません。

M13は露光時間を延ばしすぎたせいで中央が飛んでしまいボツにしました。
これでネタが尽きてしまいました。
次の遠征計画を立てようと思いますが、完全に梅雨に入る前に行きたいですね。
南の暗い所で、いて座あたりを撮影しにいきたいです。
次の新月期だと確実に梅雨入りしてるでしょうから、厳しいかもしれません。
スポンサーサイト
星野写真 | コメント:0 |

回転花火銀河(M101)

タイトルなんも思い浮かびません。

今回の記事は、4月末のおにゅう峠で撮影したM101です。
その日は、M13とマルカリアンチェーンも撮影しました。

春は系外銀河がたくさんあって、これまでにいくつか撮影しました。
自宅で系外銀河は厳しいので、自宅で試写・ホームの蔵王ダムで本番行為に及びます。M81・82はなんとか特徴がわかるレベルで写り、調子にのってトリオ銀河にも挑戦しました。トリオ銀河は期待してた割にいまいちだったんでボツにしました。

新しい光学系は欲しいですが、キットレンズで一通り撮影してみて、写しやすい・写しにくい対象。焦点距離もあげて、この対象は大きく写してみたいなぁとか。シーズ ンを通して撮影して、それらを把握した上で、次に買うべき必要な光学系の参考になればなぁと思ってます。なので、非改造カメラでも赤いのんとか撮影もします。

本題ですが、ステラリウムで大きさや等級を見ながら、見栄えのする面白そうな対象を探しました。そんな中で目についたのが、今回のM101 回転花火銀河。
見た目に銀河だと分かりやすいし、割と大きくておにゅう峠なら写るんじゃない?
そんな軽い考えで挑んだM101(回転花火銀河)です。
後で調べると大きいけど淡い銀河だと知りました。ごめんなさい(笑)

M101回転花火銀河 赤径:14h03 赤緯:+54°20

【機材】
赤道儀:Kenko SkyMemoS
カメラ:CANON EOS kiss x7i(非改造)
レンズ:CANON EF-S 55-250mm F/4-5.6 IS STM
撮影日:2017.4.29 23:15~ 場所:おにゅう峠
ISO:3200 250mm(APS-C) f5.6 480s×11 気温:9℃

【画像処理】
Rstacker:(Dark減算 Flat補正)
CameraRaw:(RAWデータ現像)
DeepSkyStacker:(加算平均合成)
PhotoShopCS6:(レベル補正 彩度調整 各マスク処理)

うーん。
淡いし小さい・・・ 

回転花火銀河といえば、腕の渦巻き構造以外で赤いプチプチも特徴ですよね。非改造カメラなので、期待 してませんでしたが写りませんでした。期待通りです(笑)
ISO3200で過去最長の480秒の追尾撮影だったので、期待しましたが甘くなかったですね。回転花火銀河だとわかるレベルだとは思いますが、渦巻き構造の細かな解像度は捉え切きれてなかったです。それでも、少し回りまで伸びた腕は写ってるようなきがします。

ダークは以前紹介した、恒温槽ダークを使いました。
フラットは自宅で何回か撮り直したフラットを使って補正しました。

今まで流れても250mm(APS-C)で300秒までを許せる範囲として撮影してました。でも、この場所でこの対象だとピー クに達しませんでした。これ以上感度は上げたくなかったので、もっと流れてもいいから480秒まで伸ばしました。北天に近いせいか、思いのほか流れ具合が悪化しなかったので良かったです。

でも撮影枚数は中途半端な11枚。
24枚は撮影しようと思ってたのですが、露光時間が予定してたより長くなって、その後の撮影時間がなくなりそうだったので11枚でやめました。(12枚撮ったと思ってましたが・・・)

おにゅう峠でこれぐらいなら、ホームの蔵王ダムだともっと厳しそうです。
それでも、これからも撮影できそうな対象を探して色々撮影していこうと思います。
まだ、しばらくはキットレンズで撮影していきます。
星野写真 | コメント:8 |

3月最初の遠征 月没まで編 (M44・45P本田なんちゃら・・・)

まだまだ朝方は冷え込みますね。
日中の気温は徐々に上がってきてます。
先週は嫁子供が帰阪していましたので、土曜日夜にいつもの場所に遠征しました。
月没が23:42なので、月没後にしし座の銀河を撮影しようと予定していました。
今回は、月没前に撮影した「M44プレセペ星団」と「45P本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星」の記事になります。

最近は近所の旦那や会社の後輩が来てたので、単独でここにくるのは久しぶりです。
道中で気づいてましたが、ヘッドランプだけ忘れました。
車に積んであるLEDランタンを片手に持っての作業は超不便でした。
両手がフリーになる有り難さを痛感しました。

前日は空の透明度がいい感じだったのですが、土曜はそんなによくなかった気がします。
誰もいないのでラジオを付けながら、珈琲片手に準備しました。
機材の準備は終わりましたが、月没まではまだ時間があります。
月明かりでも撮影出来そうな対象をStellariumで探して、月没まで撮影することにしました。

M44 プレセペ星団 赤径:8h40 赤緯:+19°40


【機材】
赤道儀:Kenko SkyMemoS
カメラ:CANON EOS kiss x7i(非改造)
レンズ:CANON EF-S 55-250mm F/4-5.6 IS STM
撮影日:2017.3.4 22:00~ 場所:蔵王ダム
ISO:3200 250mm(APS-C) f5.6 180s×13 気温:2℃

【画像処理】
Rstacker:(Dark減算 Flat補正)
CameraRaw:(RAWデータ現像)
DeepSkyStacker:(加算平均合成)
PhotoShopCS6:(レベル補正 彩度調整 トーンカーブ)

位置が少しずれてしまいました。
さしずめ、かに座のおなか部分にあるので「カニタマ」と言っておきます。
自宅で撮影した事もある対象です。
自宅で撮影した時は星の色も濁ってて、あまり綺麗な星団だとは思わなかったんです。
遠征地で改めて撮影すると、黄色と青白っぽい星のバランスがよくて綺麗な星団だと思いました。

試写するごとにヒストグラムがアンダー側に寄っていきました。
月が沈むにつれて、空が暗くなってきているんでしょうね。
まだ月明かりはあって露光時間は3分が限界でした。
月没までは延々と枚数を撮影するつもりだったのですが・・・
45P彗星のリベンジをしたくなったので、M44は13枚で切り上げました。
Stellariumで現在の座標を確認して、M44から目盛環で45Pを導入しました。

45P本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星


【機材】
赤道儀:Kenko SkyMemoS
カメラ:CANON EOS kiss x7i(非改造)
レンズ:CANON EF-S 55-250mm F/4-5.6 IS STM
撮影日:2017.3.4 23:00 場所:蔵王ダム
ISO:3200 250mm(APS-C) f5.6 180s×7 気温:1℃

【画像処理】
Rstacker:(Dark減算 Flat補正)
CameraRaw:(RAWデータ現像)
DeepSkyStacker:(加算平均合成)
PhotoShopCS6:(レベル補正 彩度調整 トーンカーブ)

月の月没時間も過ぎたところまでで、撮影しました。
今日の本番行為はしし座の銀河なので、16枚予定のところ潔く7枚で終了。
28日に撮影した時はしし座のケツあたりでしたが、もう背中あたりまで動いてました。
動いているのが自分の目(撮影)で確認したという事実に妙にドキドキします。

自宅で事前に撮影していたので迷いませんでしたが、遠征地だったらもっと写るかと思ってました。期待していただけにちょっと残念です。
背景もザラザラになってしまったので、全然駄目ですね。拡大は禁止です(笑)
それでも自宅で撮影した45Pよりは、少し彗星らしくなったでしょうか。
背景のムラに飲まれそうな程度の尾が、なんとなく右上方向にある気もします。

後にやまねももんがさんのブログで近くに41Pがいたとわかりました。
一緒に撮影しておけばよかったと思います。残念です。
彗星自体は日々暗くなっていくみたいですので、もう45Pは見納めなのでしょうか。
なんだか寂しい気がします。

この後は予定通りしし座のトリオ銀河とマルカリアンチェーンを撮影しました。
まだ処理していま せんが、月没後編に分けて記事にします。
星野写真 | コメント:6 |

2月最後の遠征・・・3度目の正直 M81/M82

遠征3度目の正直でようやく撮影できました。
といっても、開始1時間もしないうちに雲が広がってきてしまいました。
予定では土曜の夜に行くつもりだったのですが、GPV予報ではかなり怪しい感じがしました。
金曜の夜もGPVではいい予報ではなかったのですが、空を見ると晴れていてかなりの透明度でした。土曜まで待ってやっぱり曇りだとどうしようもないので、金曜の夜に遠征することにしました。

現地到着は22:30です。
数週間前に降雪した雪は解けて、ようやく蔵王ダムの奥の外周路に入ることができました。
雪の重みで折れた枝が垂れ下がっていて、雪の爪あとが残っていました。
空の透明度がよくて、雲がやってくる気配はまだありませんでした。

珈琲を飲む用意をしながらゆっくり機材の準備をして、撮影し始めたのは23:30頃。
その少し前に1台やってきたのですが、こちらには目もくれず奥の怖い駐車場にまっしぐら・・・
カップルでしょうか。やっかいなことにこちらに車を向けてヘッドライトを消す様子がありません。
皆が利用できる駐車場ですし、星の撮影をしてるってことだけで中々消してほしいと頼みにくいものです。どんな輩が乗っているかわかりませんし、しょうもないトラブルだけは避けたいです。
誰がどこでどうしようと自由ですし、そういうところで撮影してるのでそれは仕方ない事だと思ってます。同じ星屋さんならまだしも、それ以外の方々からするとヘッドライトが害になっているともわからないことです。自分の車をずらして影になるようにして撮影開始しました。
すると、奥に居た車が動き出して去っていきました。

今は晴れて星が綺麗に見えてますが、予報では曇が広がっているのでいつ雲がでてきてもおかしくありません。撮影予定はいくつか決めてきましたが、前回自宅で予習していたボーデの銀河。まずはM81・82を撮影しました。
何度が試し撮りして適正条件を決めたのですが、やはり遠征地は良いものです。
自宅では、ISO800 105秒で適正露光でしたが、ここではISO3200 210秒で適正露光となりました。(後で確認したら240秒ぐらいまでいけそうでした)

撮影枚数は32枚で約2時間の予定です。
その間は珈琲をドリップして星でも見ながら、stellarium を見ながらゆっくりするつもりでした。 
でも、西から怪しく雲が広がってきて無念の17枚で撮影終了となりました。

M81・M82 赤径:9h55 赤緯:+69°03


【機材】
赤道儀:Kenko SkyMemoS
カメラ:CANON EOS kiss x7i(非改造)
レンズ:CANON EF-S 55-250mm F/4-5.6 IS STM
撮影日:2017.2.26 23:30 場所:蔵王ダム
ISO:3200 250mm(APS-C) F5.6 210s×17 気温:-3℃

【画像処理】
Rstacker:(Dark減算 Flat補正)
CameraRaw:(RAWデータ現像)
DeepSkyStacker:(加算平均合成)
PhotoShopCS6:(レベル補正 彩度調整 トーンカーブ)

前回の自宅で撮影したM81はほとんど淡い部分が写ってなく、ドット状の物が見える程度でした。やはり遠征地というものはいいものです。
M81の腕部分や回りの構造も少しだけですが写ってるような気がします。
M82noスターバーストと呼ばれるものは残念ながら見えません。

M81の周辺部分は本来は青っぽいのでしょうか?
青っぽい成分が出てこなかったので、銀河の色合いがイエローや緑に寄ってしまいました。
あとレンズのガラス部分に指紋が付いていたようで、星にへんなひげがでてるのが残念。
次はちゃんと綺麗にしておこうと思います。

あまりトリミングはしないのですが、銀河の部分だけトリミングしてみました。




比較的写りやすい銀河みたいですが、キットレンズでも中々写るものです。
現環境においては個人的には満足してますが、違うレンズで撮影するとどれだけ違うのか試してみたくなります。この撮影のあとは、マルカリアンチェーンだとか色々予定していたのですが、撤収となりました。

いつもは撮影後にその場に居座ってダーク撮影をするのですが、こたろうさんのやりかたで撮影してみようと思いました。車の中でリモコン音は聞こえてきますが、シャッター音が聞こえてこないことに大分帰った後に気づきました。
電池が途中で切れたかと思ったら、そもそもカメラの電源が入ってませんでした(笑)

次の週末はまだ撮影できそうな条件下です。
嫁・子供も帰阪するというので、撮りきれなかった対象を撮影しに遠征にいこうと思いますが天気は微妙です。なんだかんだでもう3月とは早いものです。
星野写真 | コメント:6 |

月明かりでも、2017年初遠征 その② 魔女の横顔星雲とまが玉星雲

滋賀県南部の平野部ですが、今年初の積雪です。
北部は当たり前のように積もっていますが、南部でも年に数回まとまって積もります。

今回は、前回記事の続きになります。
1月6日に遠征した時の残りの分を処理しました。

150mm(APS-C)で撮影した、魔女の横顔星雲とまが玉星雲です。
事前にベランダに遠征して試し撮りをしていましたが、ベランダからではほぼ写りませんでした。なので暗いとこだったらなんぼかでも写 るかなと期待しての撮影です。

前回撮影した250mm(APS-C)の前に、こちらの150mm(APS-C)を先に撮影しました。なので月明かりの影響はこちらのほうが大きいはずです。
現地では150mm(APS-C)のダークは撮影しなかったので、帰ってから撮りました。

NGC1909 (赤経:5h02m 赤緯:-7°54’) 魔女の横顔星雲


【機材】
赤道儀:Kenko SkyMemoS
カメラ:CANON EOS kiss x7i(非改造)
レンズ:CANON EF-S 55-250mm F/4-5.6 IS STM
撮影日:2017.1.6 22:30 場所:蔵王ダム
ISO:3200 150mm(APS-C) F7.1 180s×8 気温:-3℃

【画像処理】
Rstacker:(Dark減算×8)
CameraRaw:(RAWデータ現像)
PhotoShopCS6:(加算平均コンポジット トーンカーブ レベル補正 彩度調整 周辺減光)
FlatAide:(Flat補正) 

何写したの?
といわれかねない画像ですいません。リゲルといくつかの星ぐらいしか目立ちません。
現地でカメラモニターやPC画面でも星雲そのものは確認できませんでした。
stellariumの画像と比較して、リゲルの位置から星雲が確実にフレーム内に収まってるようにして撮影しました。元画像では、右側1/3ぐらいは月明かりの影響がありました。

持ち上げて、なんとかアゴ?のしゃくれたとこだけでてくれました。
月明かりがない時だともう少し稼げるかもしれません。
画像の端に変な被り(熱アンプノイズ?)があったので切り落としました。
リゲルに照らされた感のまったくしない魔女の横顔です。

IC405 (赤経:5h17m 赤緯:+34°22’) まが玉星雲


【機材】
赤道儀:Kenko SkyMemoS
カメラ:CANON EOS kiss x7i(非改造)
レンズ:CANON EF-S 55-250mm F/4-5.6 IS STM
撮影日:2017.1.6 23:00 場所:蔵王ダム
ISO:3200 150mm(APS-C) F7.1 150s×8 気温:-3℃

【画像処理】
Rstacker:(Dark減算×8)
CameraRaw:(RAWデータ現像)
PhotoShopCS6:(加算平均コンポジット トーンカーブ レベル補正 彩度調整 周辺減光)
FlatAide:(Flat補正) 

曲玉?勾玉星雲?どちらが正しいのか知りません。
現地のカメラモニターやPC画面で確認しても、あまり星雲を捉えてなかったです。
強調処理すると全体の形がうっすら出てきましたが、微光星が多くて星マスクで抑え込みながら処理しました。それでも微光星が主張しきます。難しいです。荒れてきたのでやめました。

ここの領域は、まが玉星雲の横にNGC1893。
他にNGC1907やM38などの星団があって賑やかそうです。
改造カメラで撮影するととってもカラフルなんだろうなと思います。

こうなってくると改造カメラで撮影したい気持ちがでてきます。
ノーマルカメラだと、欲張ってどうしても強めに持ち上げてしまうので、色々荒れてしまってイライラします。でも、まだ非改造カメラで色々撮影しようと思います。改造カメラにしたときに色々違いがわかると思います。

次の新月期は何を撮ろうかstellariumみながら検討します。
星野写真 | コメント:2 |
| ホーム |次のページ>>