FC2ブログ

今日から滋賀で星空撮影始めます♪

カメラ初心者がのんびりお気楽に星空撮影

去年より近づいた、2018年アンドロメダ銀河

M31 アンドロメダ銀河
赤径:0h42m 赤緯:+41°16



【機材】
赤道儀:VIXSEN SXP
カメラ :CANON EOS kiss x7(SEO-SP4)
鏡筒  :Takahashi FS-60CB+RD-C0.72×
オートガイダー:MGEN Kowa75mm ディザリング 1.5px +T.s.Worksフード
撮影日:2018.11.10 18:45~ 場所:奈良県五条市
ISO:3200 255mm(APS-C) f4.2 180s×53 気温:10℃

【画像処理】
SteraImage7:(Dark減算 Flat補正 加算平均)
PhotoShopCS6:(各マスク処理 レベル補正 彩度調整)

久しぶりに更新でーす。

待ちに待った11月の新月期

WINDY見ても朝まで晴色、あのGPVも真っ黒の予報日

当日の予報も変わることなかったので、7月以来の大塔へゴーゴー!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

新月期ずっぽしの週末遠征としては、7月以来の遠征なのです。

しばらく沈んで・・・・いえ更新がなかったのは

5月~11月まで、しっかり遠征にいけたのは7月だけだったのが理由です。

月没も早くて朝まで快晴予報!

さて、メインのオリオン座が昇ってくるまでどうしようかなと・・・

今年は撮影時期を逃した感もあって、撮らないかもと思ってたんですけどね。

みんな大好きアンドロメダ銀河

キングオブギャラクシー!

朝まで快晴! 銀河の果てまで!(ゝω・´★)キラッ☆彡
(これは関係ないか・・・

南中前の絶好の位置、取らない理由はないですね~。

時間はたっぷり!

調子にのって50枚も撮ったんで、あとの対象に微妙に影響することに・・・

銀河なので、ほどよいノイズ感があったほうがいいので

この枚数はちょっと多かったかもい_(-ω-`_)⌒)_

外縁ブルーの中央はカスタードクリームに・・・

クリーミーマ○風に・・・・

違った・・・。(・:゚д゚:・)ハァハァ

美味しそうなタルト風に仕上げてみました・

銀河本体に負けないように、星色も強めにしてみました。

1年前にキットレンズで撮影したんですけど

60CBでは初めての撮影になりました。

この日は、星撮りには絶好日ですから

大塔の撮影地には迷人会メンバーをはじめ、たくさんの星屋が集まりました。

ところせましと並ぶ機材に、薄明終わりから開始まで

お祭りのような雰囲気になりました。

気温は5℃を下回ってましたが、朝まで熱い夜でした~ ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

実は、11月初め頃に迷人会のほっそんさんと御杖にいったんです。

月没が2:00ぐらいの日でしたね。

魔女に会いたくて、キキの横顔に直焦点をズームイン・・・!!(ちょっと古いか)

いやいやいや・・・

魔女の横顔って失敗すると

湯婆婆がでてくるんですね・・・いや銭婆かな・・・

って、どっちでも一緒かっ!

サヨウナラ~(。・ω・)ノ゙


スポンサーサイト
星野写真 | コメント:12 |

怒られ過ぎて〇〇化したペリカン君

7月の新月期に、大塔で撮影したオカンとペリカンです。

北アメリカ・ペリカン星雲 NGC7000(北アメリカ星雲)
赤径:20h58m 赤緯:+44°19(NGC7000)



【機材】
赤道儀:VIXSEN SXP
カメラ :CANON EOS kiss x7(SEO-SP4)
鏡筒  :Takahashi FS-60CB+RD-C0.72×
オートガイダー:MGEN Kowa75mm ディザリング 1.5px +T.s.Worksフード
撮影日:2018.7.15 0:40~ 場所:奈良県五条市
ISO:3200 255mm(APS-C) f4.2 180s×33 気温:24℃

【画像処理】
SteraImage7:(Dark減算 Flat補正 加算平均)
PhotoShopCS6:(各マスク処理 レベル補正 彩度調整)

オカペリといえば

すっかり天文業界に定着した・・・かどうかはわかりませんけど

もはや、北アメリカ・ペリカン星雲と呼ぶのにも違和感すら覚えます₍₍ (̨̡ ‾᷄⌂‾᷅)̧̢ ₎₎

いつか、SB10にオカペリで登録されるかもしれません。

夜半前からは、見た目には晴れてきてたんですケド

高温・多湿の影響でガスっぽかった、この日の大塔

次の日の状況を考えたら

十分な撮影時間が取れただけでも、ラッキーだったように思います\\٩(๑`^´๑)۶////

パソコンで確認すると、ボヤっとした感じの眠たい元画像もありますけど

強調しなくても

もう、オカンめっちゃ怒っとるし・・・_:(´ཀ`」 ∠):

ペリカンめっちゃ怒られとるし・・・

強調処理したら、ペリカン君死んでしまうんじゃないだろうか・・・

関西では個性的なオカンがいっぱいおられます。

豹柄の服と巨大バイザーが似合う

ウチのオカンを感じつつ

赤だけのオカンになっていかないように

顔の部分に含まれる、青成分も持ち上げながら仕上げてみました。

オカンとペリカンだけに集中しがちなんですけど

下の領域がすこし大人しいので

暗黒帯や下側の淡い星雲部もしっかり表現したいトコです(σ´・ω・)

本来、下は暗めだったんですけど

下も少し上げた方が、上下の見た目の明るさバランスがよくなりました。

最初の段階から、星の様子がいまいち決まらず

最終的に手直ししたので、次回はそのあたりもしっかりと処理していきたいです。

絵心ないですけど、ちょっとお絵かき・・・



ペリカン君、怒られ続けてついに使徒化!?。

後輩:彩度100! パターン赤です!
   
   使徒とは断定できません。
   
   どうしましょう先輩・・・

先生:来たな・・・

指令:あぁ、間違いない「使徒」だ。
  
    このための、オバンゲリオンだ・・・

と、特務機関のエライサンもオッシャッテマスから

間違いないようです。

本当は、逃げちゃダメなんですけど

サヨウナラ~(。・ω・)ノ゙


星野写真 | コメント:20 |

ミナミの嬢王 網状星雲

きりんサンが好きです。

でも、網嬢はも~っと好きで~す(。・ω・。)ノぁぃ♪

みんな大好き網状星雲

先日の大塔で撮影してきました。

網状星雲 NGC6992 6960
赤径:20h56m 赤緯:+31°44(NGC6992)


【機材】
赤道儀:VIXSEN SXP
カメラ :CANON EOS kiss x7(SEO-SP4)
鏡筒  :Takahashi FS-60CB+RD-C0.72×
オートガイダー:MGEN Kowa75mm ディザリング 1.5px +T.s.Worksフード
撮影日:2018.7.14 22:04~ 場所:奈良県五条市
ISO:3200 255mm(APS-C) f4.2 180s×31 気温:24℃

【画像処理】
SteraImage7:(Dark減算 Flat補正 加算平均)
PhotoShopCS6:(各マスク処理 レベル補正 彩度調整)

東と西、北(ピカリング)の嬢王は撮影許可が下りたんですケド

ちょっとミナミの嬢王とトラブって、撮影許可が下りずにトリミングしました。

ここの主役は嬢王なんデスけど

困ったことに、微恒星もよく写ってくれます。

ビビらずに、バランスを見ながら微恒星もだしてやると

エレガントな嬢王達を引き立てるように、場の清涼感も出た感じがします。

出し過ぎると、星だらけで埋もれちゃいますケド。

触ったら怪我しそうな
 
  プラズマバチバチ東の嬢王

曲線が綺麗で細身でエレガント

  フィラメント西の嬢王

ワタシは、気が強そうでツンデレっぽい東の嬢王がスキです(ノ*’ω’*)ノ~~~~♥)

長焦点の筒で、個別に口説きに掛かるもよし

短焦点で、一度でお持ち帰りするもよし

どちらで行くかは、そこは口説きのテクニックと要相談です~

短い筒連合所属のワタシは、一度でお持ち帰りコースを選んでみました。

ワタシ、欲張りですから( ・`ω・´)キリッ

って、選択の余地はナインですケド_(┐「ε:)_ズコー

ところがドッコイ、マッコイじいさん。

ミナミの嬢王はプライドが高くて、目も合わせてくれず・・・

全員お持ち帰りの予定でセットした構図は

ミナミの嬢王がいないという、なんとも間抜けな構図に・・・

そんな間抜けな構図はコチラ。



最近注目の、西のウーコガスは

サドル・トライアングルからの、暗黒帯が被ってルヨウデス。



中央付近にも背景ムラがあって

大塔でココだけ被るなんてありえないんで

暗黒帯から繋がってるガスと判断して、消さずに処理しました。

ちょっとした変化ですケド、あるものならソコは残す方向で・・・

ピカリング周の青いガスや

南に伸びる部分が、もう少し写ると思ったんですけど

この日は、大塔では珍しい気温と湿気の高さ・・・

ガスっぽかったし、薄雲もあって写らなかった・・・

ってイイワケしておきます_:(´ཀ`」 ∠):

ミナミの帝王は全話・劇場版まで全部見たんですケド

嬢王は見てなかったので

ミナミの嬢王は、一筋縄ではいかなかったてのも・・・あるとおもいますっ!

まっ、帝王も嬢王も関係ないデスけどね。

サヨウナラ~(。・ω・)ノ゙


星野写真 | コメント:16 |

ここはサドル・トライアングル付近といいます。

ほんとアツいです・・・

風が吹いても、熱風なんで全然涼しくないデスね。

そんな時は、お部屋でスイカバー食べながら画像処理が良いデス。

サドル・トライアングル付近

【機材】
赤道儀:SKYMEMOS+GP三脚改
カメラ :CANON EOS kiss x7i(にどレス改)+HEUIB-II MFA
レンズ :TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical
撮影日:2018.7.15 00:03~ 場所:奈良県五条市
ISO:3200 50mm(換算80mm) f2.8→f4.0 180s×23 気温:24℃

【画像処理】
SteraImage7:(Dark減算 Flat補正 加算平均)
PhotoShopCS6:(各マスク処理 レベル補正 彩度調整)

これも先日の大塔で撮影しました。

前々からきになってたとこなんですケド

ここもメジャー対象が多くて、サドル付近の赤い星雲の散らかり具合が萌えです。

ゴチャゴチャ大好きです。゚(゚´ω`゚)゚。ピー

タイトルに、カッコいい名前が付いてますケド

わたしが勝手に命名しただけで、どこにも通じませんので絶対にイワナイように。

おお恥かいても、責任は持ちませんよ~_(┐「ε:)_ズコー

短いレンズで贅沢に、全部オマトメの贅沢構図デス。

サドル周辺のゴチャゴチャは、かなり広範囲に広がってて

サドルからドーベルマン付近もオモシロそうです。

調子にのってギュンギュンすると

サドル周辺が、ベラの口みたいに真っ赤になりますから

鞭でピシピシっされたいかたは、彩度ギューンがよろしいかと思います

先日の銀河中心部(バンビ周辺)とは、まったく違った印象デス。

同じ天の川でも、場所が違うと全然違いマスね。

最初に処理したときは、全体的に赤黒い雰囲気だったんですケド

ちょっと赤を抑えました。

気を付けないとほんと、真っ赤になりますから・・・

ベラに鞭でピシピ・・・・\_(・ω・`)

って、もう叩かれたくナイので黙っておきます。
(何度も叩かれたヨウデス)

小さいので、色や階調もギュってなってるので

その辺もできるだけ、保持しながら処理したいトコロデスね。

相変わらず下1/4はボケが始まってますけど

1万程度のレンズで、ここまで写ってくれたら十分楽しめマスね。

小さいですけど、網状星雲や三日月星雲も写ってマス。

サドル・トライアングルってなんぞ? (・ω・ ) (ω・ )



何かこの領域に呼び名が欲しくて、付けてみたんですケド

北アメリカ星雲からサドルを通って

ドーベルマンから網状星雲を繋ぐ、天体の三角形をトライアングルって・・・

まっ、絶対流行りませんけどネ(゚Д゚)、ペッ!!

なんでもイインです。

サヨウナラ~(。・ω・)ノ゙


星野写真 | コメント:16 |

天の川を行進するバンビとそのお友達

先日の大塔遠征で撮影しました。

3ヶ月ぶりに、新鮮な素材が手に入ってウキウキです(*’ω’ノノ゙☆パチパチ

この日はメイン機材の横で

新架台で、スカイメモSとレス改造カメラで撮影してました。

改造したキットレンズは、今回お留守番なんデスけどね・・・_(┐「ε:)_ズコー

バンビの横顔周辺

【機材】
赤道儀:SKYMEMOS+GP三脚改
カメラ :CANON EOS kiss x7i(にどレス改)+HEUIB-II MFA
レンズ :TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical
撮影日:2018.7.14 22:07~ 場所:奈良県五条市
ISO:3200 50mm(換算80mm) f4.0 180s×16 気温:24℃

【画像処理】
SteraImage7:(Dark減算 Flat補正 加算平均)
PhotoShopCS6:(各マスク処理 レベル補正 彩度調整)

超メジャーなバンビ周辺を撮ってみました~(*´ω`)o。゚

短めの焦点距離でも、よく撮られる場所だと思うんですけど

改造カメラで撮影を始めたのは今年の冬なので

わたしはまだまだ、シーズン通して撮った事ないトコが多いんデス。

メジャーな対象テンコ盛りっ!

明るい対象が多いので、普通に仕上げても賑やかになりますね~

普通ってなんやねんって感じデスケド

短い筒だと対象が小さいんで、天の川に負けないように

彩度高めの方向でいってみました~ 

天の川って、色んな色の成分が混ざってて

G成分もわりとあって、なかなか複雑で表現がしっくりしないんですけど

Gを少し感じるような天の川で

全体的にハイコントラスト・カリカリ・ジューシーに揚げてみました( ˘•ω•˘ ).。

前半撮影分なので、キリの影響もあると思うんですけど

いつもより枚数も少ないので、ちょっと荒れた感がありますネ。

青ハロもなんか悪目立ちしてますけど

アップ用に解像度落としたら、より目立ちますね~。゚(゚´ω`゚)゚。ピー

これでも大分処理して落としたんですけど。

久しぶりの撮影で、テストも整備もして意気込んでたんですけど

撮影開始時はこんな空だったんデス・・・



前半は、ほとんど雲で使えなそうになかったんですけど

後半も5枚ほど、大塔名物「南のコブ平」がこんにちわっ!って



本当に先ッチョだけなんで

普段はやらないトリミングって思ってたんデスケド

コンポジットの隠しオプションで、「セロ」にチェックしたら山消えた( 。´◕ω◕)y

そんなオプションあったら、最高ですけどね~

でも、ちゃんと消えてくれました~♪

わし星雲の上にナンかあるなぁって思ってたんデス。

普通はオメガ・わし星雲の縦構図でなんでしょうけど

そこから左上に向かって、なんかゴチャゴチャしてる・・・



ちょっと気になりますケド

直焦点だとアカンヤツかも・・・(((´゚ω゚`)))ガタガタ

久しぶりに使ったレンズですけど

この世界に飛び込んだときの、始まりのレンズなんですコレ。

中古で1万円ぐらいで購入して、ずっと星景写真で使ってました。

周辺は伸びるし、青ハロも盛大にでるんですけど

久々に使ってみたら、下1/4ぐらいまでボケも始まってました・・・

それでも、しっかり撮影して処理すれば楽しめそうです。

しっかりできてるかは分かりませんケド

サヨウナラ~(。・ω・)ノ゙


星野写真 | コメント:14 |
| ホーム |次のページ>>