FC2ブログ

今日から滋賀で星空撮影始めます♪

カメラ初心者がのんびりお気楽に星空撮影

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

オリオン座のミッツマングローブ付近とM78

オリオン座三つ星付近
赤径:5h40m 赤緯:-1°56 (アルニタク)



【機材】
赤道儀:VIXSEN SXP
カメラ :CANON EOS kiss x7(SEO-SP4)
鏡筒  :Takahashi FS-60CB+RD-C0.72×
オートガイダー:MGEN Kowa75mm ディザリング 1.5px +T.s.Worksフード
撮影日:2018.11.11 0:40~ 場所:奈良県五条市
ISO:3200 255mm(APS-C) f4.2 180s×37 気温:5℃

【画像処理】
SteraImage7:(Dark減算 Flat補正 加算平均)
PhotoShopCS6:(各マスク処理 レベル補正 彩度調整)

朝まで快晴!銀河の果てまで!!(ゝω・´★)キラッ☆彡

だった、11月の大塔で撮影したオリオン座の三ツ星付近です。

先日の事で言えば、メリーさんのクリスマスで子供たちは大喜びだったでしょう。

世のオサンはといえば、淡い期待を込めて

朝枕をめくってみたり、掛けても無い靴下をみたりしてはいけないですよ~。

ワタシは、掛ける予定の靴下を履いてしまって寝たので、入れてもらえなかったようです。

来年からはストッキング履いとき・・・いや掛けときま~す(ノ*’ω’*)ノキャッ

この日は、朝まで快晴でメジャーな3対象を撮影出来たんですケド

メインディッシュはコチラ。

オリオン三ツ星付近と言えば、私の中では燃える木と馬頭星雲があるトコ。

市街地で見上げるオリオン三つ星付近と言えば、

オリオン座の真ん中で綺麗に並ぶ、星ミッツでマングローブですよね。

以前、縦構図でM78からアルニタクにかけて撮影したんですけど

今回は横構図で、M78からミッツマングローブの贅沢構図で撮影してみました~♪

燃える木や馬頭星雲あたりは明るいですけど

他に気をとられて炙ってると、あっというまに燃え盛っちゃいます。

はい。何度も燃やしてしまったのはいうまでもありません(*´ω`σ)

左に広がるウ○コ色のガスは

触れば触るほどキチャナクなるので、自然に出るままがいいですね。

やっぱり、ウ○・・・は自然にでるのが・・・

すいませーん(・ω・;)

アルニラムからミンタカ周辺に広がるガスも、頑張って炙ってみました。

アルニラム周辺には、ちょっと小さめの青白い星がたくさんあって

この星々が全体でみたときに、いいアクセントになっています。

あと、問題のジャスピンで撮影したときに強くでる赤ハロなんですけど

何度か赤ハロの処理はしてあるんですけど

十分に処理しきれず

微恒星の赤に引っ張られて、全体的にスッキリ仕上げれなかったのが気に入りません。

フリンジ軽減や星マスクなどで処理はしてあるんですけど

何度もやると、さすがに影響も出てきてボロンチョに・・・

ここら辺のトコで今回は完成としましたm(。≧Д≦。)mスイマセーン!!

ジャスピンコ 

赤ハロ出るなら 

ズラピンコ

(*・ω・)アイ♪

サヨウナラ~(。・ω・)ノ゙


スポンサーサイト
星野写真 | コメント:14 |

平成最後になるかもしれないかもめ星雲

かもめ星雲 IC2177
赤径:7h04m 赤緯:-10°27



【機材】
赤道儀:VIXSEN SXP
カメラ :CANON EOS kiss x7(SEO-SP4)
鏡筒  :Takahashi FS-60CB+RD-C0.72×
オートガイダー:MGEN Kowa75mm ディザリング 1.5px +T.s.Worksフード
撮影日:2018.11.11 3:13~ 場所:奈良県五条市
ISO:3200 255mm(APS-C) f4.2 180s×28 気温:5℃

【画像処理】
SteraImage7:(Dark減算 Flat補正 加算平均)
PhotoShopCS6:(各マスク処理 レベル補正 彩度調整)

秋キャンプロスから回復しつつありますが

年内の仕事はもう終わってもいいかなぁ?

いいよねっ! と思うこの頃ですฅ(ミ・ﻌ・ミ)ฅ

11月の大塔遠征で撮影した「かもめ星雲」です。

記事にするのをすっかり忘れていたのは

ナイショのショナイです・・・

ちなみに今年の1月にも、みつえ高原牧場でも撮影してたりします。

星が綺麗なところで、お気に入り対象の一つです。

毎年同じ構図で撮ってしまうかもしれません。

既に2回撮影してたりするんですけどね・・・_(┐「ε:)_ズコー

この日の4対象目だったと思いますが

1・2対象目に時間を掛け過ぎて、割を食ったかもめ星雲。

かもめ本体はまだ出やすいので、他よりちょっと枚数すくな目になって頂くことに・・・

この領域はとにかく微恒星が多いですよね・・・

というか、最近撮影するトコどこも微恒星が多いんですけどね。

んですけど、綺麗な色の星も多いので

星と星雲のバランスを意識して処理すれば、あまり気になってこないかと。

かもめの顔あたりの変化を大事にしつつ

薄いベールのようなガスも意識しながら、ちょっと派手目に仕上げてみました。

今回の遠征では4対象全て、ジャスピンで撮影して赤ハロを出してみました。

赤い星雲に極力影響しないように処理したんですけど

ちょっと微恒星の色が処理しきれない感じがありますね・・・

やっぱり、次回からはちょっとだけシアン側にずらそうと思います。

高度が高い対象じゃないですけど、大塔の空だと被りが少ないので撮影しやすいですね。

ただ、大塔だと南中位置に丘があるので

気を付けてないと光害被りならぬ

山被りでモロ被り・・・なんてことに・・・・_(┐「ε:)_ズコー

国外ではかもめ星雲と呼ぶらしいですけど

国内ではわし星雲なんですかね・・・

わし星雲といえば私の中ではM16なんで、やっぱりかもめのほうがしっくりきます。

か~も~め~の水兵さん(=゚ω゚)ノ

まぁ、どっちでもいいんですけど。

今年も残すところ、あと20日になりました。

って、まだ結構ありますね・・・

月没はちょっと遅いですけど、今週末は期待できそうです。

46Pとすばるの2ショットを、狙っている方も多いんじゃないでしょうか。

ってことで、今年の在庫も残すところあと3個となりました。

って、まだ結構ありますね。

月没はちょっと遅いん・・・

このくだりはさっきやった・・・

サヨウナラ~(。・ω・)ノ゙


星野写真 | コメント:14 |

去年より近づいた、2018年アンドロメダ銀河

M31 アンドロメダ銀河
赤径:0h42m 赤緯:+41°16



【機材】
赤道儀:VIXSEN SXP
カメラ :CANON EOS kiss x7(SEO-SP4)
鏡筒  :Takahashi FS-60CB+RD-C0.72×
オートガイダー:MGEN Kowa75mm ディザリング 1.5px +T.s.Worksフード
撮影日:2018.11.10 18:45~ 場所:奈良県五条市
ISO:3200 255mm(APS-C) f4.2 180s×53 気温:10℃

【画像処理】
SteraImage7:(Dark減算 Flat補正 加算平均)
PhotoShopCS6:(各マスク処理 レベル補正 彩度調整)

久しぶりに更新でーす。

待ちに待った11月の新月期

WINDY見ても朝まで晴色、あのGPVも真っ黒の予報日

当日の予報も変わることなかったので、7月以来の大塔へゴーゴー!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

新月期ずっぽしの週末遠征としては、7月以来の遠征なのです。

しばらく沈んで・・・・いえ更新がなかったのは

5月~11月まで、しっかり遠征にいけたのは7月だけだったのが理由です。

月没も早くて朝まで快晴予報!

さて、メインのオリオン座が昇ってくるまでどうしようかなと・・・

今年は撮影時期を逃した感もあって、撮らないかもと思ってたんですけどね。

みんな大好きアンドロメダ銀河

キングオブギャラクシー!

朝まで快晴! 銀河の果てまで!(ゝω・´★)キラッ☆彡
(これは関係ないか・・・

南中前の絶好の位置、取らない理由はないですね~。

時間はたっぷり!

調子にのって50枚も撮ったんで、あとの対象に微妙に影響することに・・・

銀河なので、ほどよいノイズ感があったほうがいいので

この枚数はちょっと多かったかもい_(-ω-`_)⌒)_

外縁ブルーの中央はカスタードクリームに・・・

クリーミーマ○風に・・・・

違った・・・。(・:゚д゚:・)ハァハァ

美味しそうなタルト風に仕上げてみました・

銀河本体に負けないように、星色も強めにしてみました。

1年前にキットレンズで撮影したんですけど

60CBでは初めての撮影になりました。

この日は、星撮りには絶好日ですから

大塔の撮影地には迷人会メンバーをはじめ、たくさんの星屋が集まりました。

ところせましと並ぶ機材に、薄明終わりから開始まで

お祭りのような雰囲気になりました。

気温は5℃を下回ってましたが、朝まで熱い夜でした~ ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

実は、11月初め頃に迷人会のほっそんさんと御杖にいったんです。

月没が2:00ぐらいの日でしたね。

魔女に会いたくて、キキの横顔に直焦点をズームイン・・・!!(ちょっと古いか)

いやいやいや・・・

魔女の横顔って失敗すると

湯婆婆がでてくるんですね・・・いや銭婆かな・・・

って、どっちでも一緒かっ!

サヨウナラ~(。・ω・)ノ゙


星野写真 | コメント:12 |

怒られ過ぎて〇〇化したペリカン君

7月の新月期に、大塔で撮影したオカンとペリカンです。

北アメリカ・ペリカン星雲 NGC7000(北アメリカ星雲)
赤径:20h58m 赤緯:+44°19(NGC7000)



【機材】
赤道儀:VIXSEN SXP
カメラ :CANON EOS kiss x7(SEO-SP4)
鏡筒  :Takahashi FS-60CB+RD-C0.72×
オートガイダー:MGEN Kowa75mm ディザリング 1.5px +T.s.Worksフード
撮影日:2018.7.15 0:40~ 場所:奈良県五条市
ISO:3200 255mm(APS-C) f4.2 180s×33 気温:24℃

【画像処理】
SteraImage7:(Dark減算 Flat補正 加算平均)
PhotoShopCS6:(各マスク処理 レベル補正 彩度調整)

オカペリといえば

すっかり天文業界に定着した・・・かどうかはわかりませんけど

もはや、北アメリカ・ペリカン星雲と呼ぶのにも違和感すら覚えます₍₍ (̨̡ ‾᷄⌂‾᷅)̧̢ ₎₎

いつか、SB10にオカペリで登録されるかもしれません。

夜半前からは、見た目には晴れてきてたんですケド

高温・多湿の影響でガスっぽかった、この日の大塔

次の日の状況を考えたら

十分な撮影時間が取れただけでも、ラッキーだったように思います\\٩(๑`^´๑)۶////

パソコンで確認すると、ボヤっとした感じの眠たい元画像もありますけど

強調しなくても

もう、オカンめっちゃ怒っとるし・・・_:(´ཀ`」 ∠):

ペリカンめっちゃ怒られとるし・・・

強調処理したら、ペリカン君死んでしまうんじゃないだろうか・・・

関西では個性的なオカンがいっぱいおられます。

豹柄の服と巨大バイザーが似合う

ウチのオカンを感じつつ

赤だけのオカンになっていかないように

顔の部分に含まれる、青成分も持ち上げながら仕上げてみました。

オカンとペリカンだけに集中しがちなんですけど

下の領域がすこし大人しいので

暗黒帯や下側の淡い星雲部もしっかり表現したいトコです(σ´・ω・)

本来、下は暗めだったんですけど

下も少し上げた方が、上下の見た目の明るさバランスがよくなりました。

最初の段階から、星の様子がいまいち決まらず

最終的に手直ししたので、次回はそのあたりもしっかりと処理していきたいです。

絵心ないですけど、ちょっとお絵かき・・・



ペリカン君、怒られ続けてついに使徒化!?。

後輩:彩度100! パターン赤です!
   
   使徒とは断定できません。
   
   どうしましょう先輩・・・

先生:来たな・・・

指令:あぁ、間違いない「使徒」だ。
  
    このための、オバンゲリオンだ・・・

と、特務機関のエライサンもオッシャッテマスから

間違いないようです。

本当は、逃げちゃダメなんですけど

サヨウナラ~(。・ω・)ノ゙


星野写真 | コメント:20 |

ミナミの嬢王 網状星雲

きりんサンが好きです。

でも、網嬢はも~っと好きで~す(。・ω・。)ノぁぃ♪

みんな大好き網状星雲

先日の大塔で撮影してきました。

網状星雲 NGC6992 6960
赤径:20h56m 赤緯:+31°44(NGC6992)


【機材】
赤道儀:VIXSEN SXP
カメラ :CANON EOS kiss x7(SEO-SP4)
鏡筒  :Takahashi FS-60CB+RD-C0.72×
オートガイダー:MGEN Kowa75mm ディザリング 1.5px +T.s.Worksフード
撮影日:2018.7.14 22:04~ 場所:奈良県五条市
ISO:3200 255mm(APS-C) f4.2 180s×31 気温:24℃

【画像処理】
SteraImage7:(Dark減算 Flat補正 加算平均)
PhotoShopCS6:(各マスク処理 レベル補正 彩度調整)

東と西、北(ピカリング)の嬢王は撮影許可が下りたんですケド

ちょっとミナミの嬢王とトラブって、撮影許可が下りずにトリミングしました。

ここの主役は嬢王なんデスけど

困ったことに、微恒星もよく写ってくれます。

ビビらずに、バランスを見ながら微恒星もだしてやると

エレガントな嬢王達を引き立てるように、場の清涼感も出た感じがします。

出し過ぎると、星だらけで埋もれちゃいますケド。

触ったら怪我しそうな
 
  プラズマバチバチ東の嬢王

曲線が綺麗で細身でエレガント

  フィラメント西の嬢王

ワタシは、気が強そうでツンデレっぽい東の嬢王がスキです(ノ*’ω’*)ノ~~~~♥)

長焦点の筒で、個別に口説きに掛かるもよし

短焦点で、一度でお持ち帰りするもよし

どちらで行くかは、そこは口説きのテクニックと要相談です~

短い筒連合所属のワタシは、一度でお持ち帰りコースを選んでみました。

ワタシ、欲張りですから( ・`ω・´)キリッ

って、選択の余地はナインですケド_(┐「ε:)_ズコー

ところがドッコイ、マッコイじいさん。

ミナミの嬢王はプライドが高くて、目も合わせてくれず・・・

全員お持ち帰りの予定でセットした構図は

ミナミの嬢王がいないという、なんとも間抜けな構図に・・・

そんな間抜けな構図はコチラ。



最近注目の、西のウーコガスは

サドル・トライアングルからの、暗黒帯が被ってルヨウデス。



中央付近にも背景ムラがあって

大塔でココだけ被るなんてありえないんで

暗黒帯から繋がってるガスと判断して、消さずに処理しました。

ちょっとした変化ですケド、あるものならソコは残す方向で・・・

ピカリング周の青いガスや

南に伸びる部分が、もう少し写ると思ったんですけど

この日は、大塔では珍しい気温と湿気の高さ・・・

ガスっぽかったし、薄雲もあって写らなかった・・・

ってイイワケしておきます_:(´ཀ`」 ∠):

ミナミの帝王は全話・劇場版まで全部見たんですケド

嬢王は見てなかったので

ミナミの嬢王は、一筋縄ではいかなかったてのも・・・あるとおもいますっ!

まっ、帝王も嬢王も関係ないデスけどね。

サヨウナラ~(。・ω・)ノ゙


星野写真 | コメント:16 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。