今日から滋賀で星空撮影始めます♪

カメラ初心者がのんびりお気楽に星空撮影

実は撮ってた夏の大三角形(天の川)

珍しく、週末にかけて晴れが続いています。
撮影に出かけたいところですが、来週か再来週のために在宅率を貯めておきます。先日、いて座方面の天の川を最後に撮影したと思ったんですが違いました。

データの最後に1枚だけ、違うものがありました。
せっかくなので処理しました。
天頂に達するにはまだ数時間後ですが、南と違って光害の影響は小さかったです。福井方面の光害が、左下にあったんですがうまく処理できました。周辺減光は放置してます・・・
おにゅう峠だと、ここの濃い部分も肉眼で見ることができてました。

天の川 夏の大三角

【機材】
赤道儀:Kenko SkyMemoS+自由雲台
カメラ:CANON EOS kiss x7i(非改造)
レンズ:TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical
撮影日:2017.4.30 3:00~ 場所:おにゅう峠
ISO:400 17mm(APS-C) f2.8 480s×1 気温:9℃

【画像処理】
PhotoShopCS6:(レベル補正 彩度調整 各マスク処理)

前回記事の天の川と同じで、ISO400 480秒の1枚撮りです。
ダークもフラットも無しです。

記憶に無かった予定外の1枚の割に、そこそこ写ってました。
こっちも四隅は鳥が飛んで、星も盛大にハローハローしてます。

デネブ周辺は割と赤いのかな?
改造カメラだともっと派手な雰囲気になるんでしょうか。
処理をしてたら、背景が白っぽい・明るい?なぁって、でも光害でも無さそう・・・そう感じながら処理してたのですが、ものすごい微光星でびっしりなことに驚きです。これ全部星なんでしょうか?

初めて遠征して蔵王ダムで、天の川を撮影したのがこれ
固定撮影と追尾撮影の違いはありますが、全然印象が違います。
空の暗さが蔵王ダムと比べて違うのが大きいですが、この頃に比べたら少しは上達したのでしょうか(笑)
いて座方面ほどの派手さはなくても、ここはここで好きかもしれません。
最初に撮影した天の川がこの領域でしたし、感慨深いものがあります。

天の川合成1

前回記事のいて座方面の天の川とお遊びで繋げてみました。
別々で処理したので、全然明るさも合ってませんが気にしないでください(笑)
雰囲気だけです。右下・左上でしか重なる所がなかったです。
隅は歪んでいて合わないのか、合う部分が少なすぎたのか、PSのPHOTOMERGEでは上手く繋がらず。手動で繋げてみました。
スポンサーサイト
星景写真 | コメント:2 |

久しぶりの広角 念願の天の川撮影

先日4月30日のおにゅう峠へ遠征したときの記事になります。
いくつか撮影しましたが、全然処理ができていないので分けて記事にしていきます。
逆からになりますが、今回は最後に撮影した分になります。

撮影を始めたきっかけの一つでもある天の川。
昨年ははくちょう座付近の天の川を何度か撮影しました。
一番撮影して見たいと思っていた、いて座方面の天の川をようやくちゃんと撮影できました。
昨年は、シーズンが進んでしまっていたりで、ベストな時間帯には撮影できてませんでした。
事前に調べてみたら、3:00頃に南中しそうだったので、最後に撮影しました。

昨年、ここに昇った時には固定撮影でも素晴らしい星空が撮影できました。
追尾撮影で撮影したら、どうなるのだろうかというワクワクもありました。
ただ、やっぱり春の星座は地味で前回の初冬程、空の迫力が欠けてたでしょうか。
夏の星座が昇ってきてからは一気に星空が賑やかになり、素晴らしい星空になりました。

昨年は23:00着でしたが、今回は明るい内に山頂を見ておきたくて17:30着。
少し前までは雪に入口が閉ざされていて通行止めだったようです。
山頂には僅かですが雪も残ってました。

早くに着いたので山頂を散策したり、機材の準備をしたりしました。
数時間前まで雨が降っていたので、ここから2時間ほど濃い霧に覆われてしまいました。
暗くなる前に晩御飯をしようと、お湯を沸かしてコンビニ弁当と味噌汁を食べました。

結構な霧で視界も悪くて、機材が濡れだしたりで割と寒い状況になりました。
21:00頃に月没ですし、それまでは曇ってようが霧がでてようがで、焦りはなかったです。
気温が落ち着けば霧は晴れるはずなので、しばらくはお湯を沸かして珈琲の時間を過ごしました。予想通り霧が晴れたので、計画してた順番で撮影していきました。

この場所でも南側は光害の影響が強くありました。
それでも濃い部分やはくちょう座あたりの天の川は肉眼でも見る事ができました。
最初はコンポジット前提でISOを上げた条件で複数枚撮影しました。
1枚物に興味もあったので1枚撮りに挑戦して、今回の記事も1枚撮りのほうを記事にしました。
横構図で撮影したかったので、ドイツ式から自由雲台に付け替えて撮影しました。
自由雲台での撮影も事前に、自宅ベランダで練習してきたので問題なく撮影できました。

天の川

【機材】
赤道儀:Kenko SkyMemoS+自由雲台
カメラ:CANON EOS kiss x7i(非改造)
レンズ:TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical
撮影日:2017.4.30 3:00~ 場所:おにゅう峠
ISO:400 17mm(APS-C) f2.8 480s×1 気温:9℃

【画像処理】
PhotoShopCS6:(レベル補正 彩度調整 各マスク処理)

撮影ISO400 480秒の1枚撮りです。
ダークもフラットも無しです。

これはフィルター無しですが、フィルター有りでも撮影すればよかったと思います。
このレンズの四隅は相変わらずです。星が鳥みたいです。
青ハロというのでしょうか? 盛大に出てました。

処理の方も久しぶりだ ったので、上手くできたかはわかりません。
マスクだったり色々と復習しながら処理しました。
星と天の川を別でマスクして、星の色もだしつつ、天の川にもきちんと色をのせれたつもりです・・・
今まで撮影した、いて座の天の川の中では一番良く写ったと思います。
昨年撮影を始めたころ、自宅や近所で撮影した天の川がこちらこちら
雲泥の差です。

天の川自体の色合いがよくわからず、色々ネットで見たのですが、個人好みに仕上げる感じが多いのでしょうか。自分の中の天の川はこんな感じの色合いにしてみました。色彩をいじればいじるほどケバケバしくなったので、適当なとこでやめました。全体的に少し硬調に寄った雰囲気ですが、個人的にはいい感じです。

方角的に厳しい事もあって、光害は完璧に取り除けませんでした。
グラデーションマスクやらで少し処理しましたが、下側は強すぎて完全に飛んでます。
技術の無さを棚にあげれば、光害があったほうが自然な感じがして好きですよ!(笑)

WEB用に画質や解像度を落としたら、オリジナルのシャキっとした感じがなくなってしまいました。
ちょっと残念です。

バンビの横顔というのでしょうか?
よく色んなブログでお見かけする対象です。
あまりトリミングはしないのですが、ちょっとトリミングしてみました。



星がたくさんあって青みが強くて綺麗な領域ですね。
今度望遠で撮って見たいです。

アンタレス付近から伸びる暗黒帯も見えます。
これは天の川中心部のほうの暗黒帯と繋がってるようにみえますね。
アンタレス周辺にある反射星雲のっぽいのもちょっと見えます。
天の川の中にいる土星も中々シュールです。

銀河の中心部だけあって、たくさんの天体があって賑やかです。
しばらくは、このあたりだけでおなかが一杯になりそうです。
残りの分もすこしづつ処理してアップしていこうと思います。
星景写真 | コメント:4 |

標高846mで見た星空・・・

先日の遠征時に撮影した時の記事になります。
いつものように道中からについてうだうだ書き連ねます。

新月は少し過ぎてしまいましたが、月没は早く終日快晴予報の金曜日。
以前から行きたいと思っていた「おにゅう峠」にいきました。
滋賀の北湖西岸側の星撮りでは有名な朽木方面。

県内の遠征ですが自宅から約80kmで約2時間の道程。
山方面に曲がった後は1車線のくねくね林道です。
林道といっても滋賀県側は山頂まで舗装されていますので1車線を除けば安心です。
鹿との素敵な出会いもたくさんあります(笑)
麓では霧が発生していて翌日はいい雲海日よりになりそうな気配でした。

山頂めざして登っていくと霧もなくなり雲海ポイントらしいところを通りました。
まだ日付も回ってないのに三脚をガードレールにまたがせて凄い数が並んでいました。
恐らくそこが雲海ポイントなのだと思います。
山頂はまだまだ先なので星屋と雲屋でポイントが被ることはなさそうです。

しばらく走ると記念碑やお地蔵さんを祀る小屋がある場所にでました。
先は下りになっているのでここが山頂のようです。
標高846mで山頂で滋賀と福井県の県境になってます。
視界は開けていて福井県の小浜市方面の明かりが見えます。
(昼間だと日本海まで見えるそうです)

風裏になりそうな小屋の裏側に珈琲休憩地として椅子とテーブルを用意。
色々準備しながら暗闇に目が慣れてきた頃に改めて空を見上げると
宝石箱をひっくり返したような星空が広がっていました。
正直な話、星が見えすぎて星座がしばらくわかりませんでした(笑)
淡い冬の天の川もザラザラしたような感じで見えてた気がします。
見たことの無い星空に興奮してうれションしてしまいそうでした。
なんだかんだして撮影し始めたのは到着から30分も過ぎてしまってました。

共通設定
カメラ:CANON EOS kiss x7i
レンズ:TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical
フィルター:Kenko PRO1D プロソフトン [A] (W) 67mm

秋の星の宴

撮影日:2016.11.5 0:00 場所:おにゅう峠
ISO:6400 17mm F/2.8 30s×14 気温:5℃
画像処理:
DeepSkyStacker:(加算平均コンポジット×14)
CameraRaw:(RAWデータ現像)
PhotoshopElements14:(レベル補正・レンズフィルター(ブルー15%))

カシオペヤ座からアンドロメダ銀河。各種星団が賑やかです。
今までも似たような構図で良く撮った好きな領域です。
天の川や暗黒帯もはっきり写ってアンドロメダ銀河の腕の部分も濃く写りました。
カシオペヤ座から二重星団の横にも赤いなにかを捉えてるきもします。
画像処理はほぼノータッチです。背景を少し暗くしたのとブルーを少しいれたぐらいです。
気温も寒かっ たのでダークもなしです。
ホームの蔵王ダムでここまで写ったことはなかったです。

秋の星の宴(主役はすばる)

撮影日:2016.11.5 0:30 場所:おにゅう峠
ISO:6400 17mm F/2.8 30s×16 気温:5℃
画像処理:
DeepSkyStacker:(加算平均コンポジット×16)
CameraRaw:(RAWデータ現像)
PhotoshopElements14:(レベル補正・レンズフィルター(ブルー15%))

似たような領域ですが、少し下げてすばるをメインに撮ってみました。
カリフォルニア星雲とすばるが横に並んで暗黒帯が中央に居座る好きな構図です。
今まではただ黒っぽいなと思ってた暗黒星雲もそれだと分かるぐらいに写ったと思います。
これも画像処理は上と同様です。
カリフォルニア星雲もいままでより写ってくれました。

秋の星と冬の星の宴

撮影日:2016.11.5 0:15 場所:おにゅう峠
ISO:6400 17mm F/2.8 30s×16 気温:5℃
画像処理:
DeepSkyStacker:(加算平均コンポジット×16)
CameraRaw:(RAWデータ現像)
PhotoshopElements14:(レベル補正・レンズフィルター(ブルー15%))

さらにカメラを下げて17mmですばるとオリオン座までを入れました。
オリオン座もまだ昇りきってなくて横向いてます。
オリオン座周りの赤いのは・・・あるような無いような・・・。
ノーマル機の固定撮影30秒ではさすがに苦しい。

この前の記事で同じような構図・条件で撮影した写真と全然違います。

せっかくなので木をいれた構図も。

撮影日:2016.11.4 23:45 場所:おにゅう峠
ISO:6400 17mm F/2.8 30s×14 気温:5℃
画像処理:
DeepSkyStacker:(加算平均コンポジット×14)
CameraRaw:(RAWデータ現像)
PhotoshopElements14:(レベル補正・レンズフィルター(ブルー15%))

14枚を加算平均してるので背景がブレブレブレン ビーです。

冬の大三角形

撮影日:2016.11.5 3:00 場所:おにゅう峠
ISO:6400 17mm F/2.8 30s×8 気温:5℃
画像処理:
DeepSkyStacker:(加算平均コンポジット×8)
CameraRaw:(RAWデータ現像)
PhotoshopElements14:(レベル補正・レンズフィルター(ブルー15%))

帰る直前のラストショットです。
帰ろうと思って撤収中に南をみたらオリオン座がギンギンでした。
うまい具合に小屋と木の間にオリオン座と冬の大三角形の構図になりました。
手が寒くて帰る直前だったのでピントがいまいちな気もしますが・・・
さっきのオリオン座よりは周りの赤いのがある気がします(笑)

その後、深夜1:30ぐらいからは福井方面にカメラを向けて
昇る北斗七星を狙ってタイムラプス用に1時間半程度(180枚)撮影しました。
その間はお暇な時間なので、テーブルと椅子に座ってお湯を沸かして
珈琲豆を挽いてハンドドリップで淹れてゆっくりと肉眼で星空を眺めました。
流れ星も割と流れてました。

気温は5℃ぐらいでた まに風が吹いてましたが
カセットガスストーブと現地淹れの珈琲で寒さはそんなに感じませんでした。
3:00ぐらいまで居ましたが最終的には4・5台車が登ってきてました。
雲海ポイントに入れなかった雲海狙いの人のようです。
私は雲海を狙うことなく下りましたが、雲海スポットはさらに三脚が増えてました。
三脚と三脚は重なって雲台横並びみたいな・・・・

4時間ほどでの夢のような時間でした。
今回の遠征が終わりある程度の満足感を得た気がします。
(あくまでも個人的な満足度です)
固定撮影30秒の壁の向こう側を見たい衝動がより強くなりました。

今回はどの写真もソフトフィルター有りで撮影しました。
特に明るさやコントラストを上げたり、星マスクを作っての強調処理はしてないのですが
いつもより星がギンギンです。それだけ空が暗かったということでしょうか。

これから雪が積もりいけなくなる季節ですが
可能なら今年中に行ける限り行ってみたいと思うところです。
星景写真 | コメント:10 |

新撮影地と昇るオリオン座

先日の記事のその後になります。
友人の嫁さん・子供らが帰った後は片づけて10km程先にある青土ダムに向かいました。
ここは昼間に何度か遊びに来たことがあります。
その時に働いていたおっちゃんに夜ここに 入って星撮ってもいいですか?
と事前に確認したところ、いいよいいよと言ってくれてました。
熊はでないけどカップルは出るかもとの事(笑)

ちなみに外周路にはいくつも駐車場があります。
別にそこでもいいのですが、今回は友人同伴なので夜の状況を確認したかった
場所まで行きました。

丁度オリオン座が山からでてきてたので早速撮影しました。

オリオン座

カメラ:CANON EOS kiss x7i 
レンズ:TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical
フィルター:Kenko PRO1D プロソフトン [A] (W) 67mm
撮影日:2016.10.10 1:30 場所:青土ダム
ISO:6400 17mm F/3.5 30s×16 気温:15℃

画像処理:
DeepSkyStacker:(加算平均コンポジット×16)
CameraRaw:(RAWデータ現像)
PhotoshopElements14:(レベル補正・コントラスト・彩度・レンズフィルター(ブルー15%))

丁度16枚撮り終えたところでアクシデント発生。
先に帰った友人の嫁さんから家の鍵もってません!と・・・
ってことですぐに帰りました(笑)

10分ほどしかいませんでしたが下見と味見はできました。
ダークは撮れませんでしたが、なくても十分だったかもしれません。
もしかしたらオリオン座周りの赤いのが写るかもと思いましたが駄目でした。
30秒程度だと厳しいようです。
これもステップアップしたときの楽しみにしておきます。

空の暗さは蔵王ダムと比較して気持ち劣るぐらいでほぼ同じかなぁと感じました。
視野は蔵王ダムに比べて悪いですが、ロケーション的にはこちらのほうが好きです。
写真でもわかるように低空には何かの光があるようですが実際はさほど気になりません。
お気に入り撮影地になりそうです。

それと、最近は星景写真で低空の光害処理をしないようにしました。
そのほうが自然な感じがしてくるような気持ちになって来ました。
とそれは表向きな理由ですが、実際は処理技術が未熟なだけだったりします。

PhotoshopElements14でレイヤーを作成して
グラデーションマスクのレベル補正で光害の処理をしようとすると
レイヤーを作った時点で 8bit 変換されてしまいます。
それが原因かは分かってないのですが諧調の境目が凄く目立ってしまいます。
いくつもレイヤーを作ってレベル補正をすこしづつやっても駄目だったのであきらめてしまいました。
弱いかぶりなら問題ないのですが強いかぶりだと顕著にでてきます。
とりあえずはいまは棚に上げておくことにします。
星景写真 | コメント:2 |

台風一過。秋の夜空に上る秋の星座

まともな星空を投稿するのが随分久しぶりな気がします。

台風一過を期待して先週の木曜日に県内遠征先の蔵王ダムへ行きました。
GPVの予報は久しぶりの真っ黒です。
意気込んだのはいいのですが、この日は木曜日なんですよね。
台風後で月明かりのない夜、週末予報は雨。(実際は晴れでした)
その後しばらくは月の影響がでそうなので、今いくべきと判断しました。

自宅からだと1時間ですが、会社からだと30分掛かりません。
残業後に行きました。嫁に飯はいらない!とだけ連絡しました(笑)
コンビニで珈琲とからあげ君(赤)とピザまんが今夜の食事です。

21:00頃に到着しました。
東側を撮影する予定だったので管理棟側に行きました。
まだ職員の方がおられるようで街灯がついてて明るいので対岸に移動。

いつも遭遇する鹿がいないのが気になりましたが理由はすぐに判明しました。
なんと先客が2組おられました。
滋賀の聖地と言われる蔵王ダムで初めてお仲間と会いました。
その後、さらに1組来られて私も含めて4組になりました。
みなさん考えることは一緒のようです。

ですが断続的に雲が凄いはやさで通り抜けていきます。
透明度もよくないし期待してた割には肩透かしを食らったような空です。
到着してかれこれ1時間ぐらいはダメな状況でした。
お仲間も車の中で待機してました。

22:00を回ったぐらいにようやく雲が切れ て透明度も上がってきました。
同時に風も強くなって肌寒くなりました。
気温は17度ぐらいで自分だけ半袖でじっとしてると寒いです。
機材のクッションがわりに詰めてきた冬用のねまきを着込みました(笑)
またいつ雲が出るかわからないのでタイミングを見て撮影できたのがこれです。

カシオペヤ座からすばる(M45)

カメラ:CANON EOS kiss x7i 
レンズ:TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical
フィルター:Kenko PRO1D プロソフトン [A] (W) 67mm
撮影日:2016.10.6 23:00 場所:蔵王ダム
ISO:6400 17mm F/3.5 30s×12 気温:15℃

画像処理:
DeepSkyStacker:(ダーク減算×16 加算平均コンポジット×12)
CameraRaw:(RAWデータ現像)
PhotoshopElements14:(レベル補正・コントラスト・彩度・レンズフィルター(ブルー15%))

ちょっとやってみたかった縦構図とレンズを絞って撮影してみました。
丁度カシオペヤ座とM45(すばる)が収まりました。
縦構図だと風景もそれなりにはいって夜空の部分も多く入っていいですね。
レンズ絞りは開放より少し絞ったほうがいい結果がでると聞いたので絞って見ました。
正直違いが分かりません・・・まだまだ未熟ですね。

空が暗いので目一杯条件をあげましたがいまの機材では限界です。
ヒストグラムのピークが真ん中に届きません。
これ以上の世界は赤道儀を手にしてからということにしておきます。

先行の2組は撤収されましたが、お隣さんはまだ残ってました。
日付が変わる頃に赤道儀を組み立て始めたのでこれから本番のようでした。
次の日も仕事なので私の方はもう少し撮影して撤収しました。
初めてお仲間と出会えたのでご挨拶しようと思っていたのですが結局ご挨拶できずじまいでした。

返り際に最後に残っていたお隣さんにだけ「お先に失礼します」とだけ挨拶できました。
みなさん無言で黙々と撮影に集中してらっしゃるので、話しかけるのも悪いかもと思ってしまいます。

とにもかくにも久しぶりに星空を堪能できたので気持ちが満たされました。




星景写真 | コメント:4 |
| ホーム |次のページ>>