FC2ブログ

今日から滋賀で星空撮影始めます♪

カメラ初心者がのんびりお気楽に星空撮影

改造カメラがやってきたから、レンズも改造したの巻

しっかり脚がついた我が家の赤いスカイメモS。

脚なんて所詮飾りデスヨ・・・

なんて、整備兵に言われた我が家の

「アカイメモS・シャア・アズナブル大佐」も喜んでいます。

カメラレンズで運用していこうと考えてるんですけど

改造カメラx7(SEO-SP4)はメイン機材で使ってますから

使えるのは、日常用のノーマルカメラのみ。

しばらくはノーマルカメラで撮影してなんて、思ってたトコデス\\٩(๑`^´๑)۶////


CANON EOS kiss X7i にどレス改造

出会いは突然に・・・

にどすけさんご自身の手でレス改造されたカメラなんですけど

迷人会のドクターN?こと

にどすけさんのご厚意で、使ってくださいと譲り受けました。

ありがとうございます!

大切に、そしてコキ!使わせて頂きます。

レス改造なんで

何かしらフィルターがないと、赤かぶりがハゲシイらしいデス_:(´ཀ`」 ∠):

見てもワカンナイですけど

とりあえずキャップを外して見るとデス・・・


IDAS LPS-D1 MFA フィルター

フィルターがマブイ・・・マブイ・・・デスヨ

装備済みデシタ!

パーフェクト・ジオング!

いやジオングは関係ないんですけど・・・
(冒頭からの流れでつい・・・)

もう、なんもしなくてヨイですよ!

なんて思ってたら

レンズを装着しようとおもったトコで、問題発生デス_(┐「ε:)_ズコー

MFAフィルターを付けると、EF-Sレンズが付かないデス。

この出っ張り。

CANON EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM


本来マウントの窪みに入るはずが、MFAフィルターにあたります。

EFレンズにはこの出っ張りはありませんよ。

TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical


出っ張り・レンズの位置・フィルター位置の関係を測ってみて

出っ張りを削れば、フィルターと干渉しない

ワイド端位置でも、後玉はフィルターと干渉しない

---------------------------------------------------------------------------------
※EF-Sレンズをフルサイズカメラに誤って装着した場合
 
 ミラー動作時に接触します。
 
 装着できないように、EF-Sレンズにはこのような出っ張りが存在します。
  
 電子部品や後玉を保護する役割もありますから、以後の記事内容は自己責任となります。
----------------------------------------------------------------------------------


ヤッチャイナといわんばかりに

その部分だけ部品単位で分離できる構造なんですヨネ・・・



色々検証して

元に戻せて・容易に交換部品が入手できるのを確認した上で

削り飛ばす事にしました。

後程、ジャンクレンズでこの部品だけ確保して置きます。

旋盤で削ろうと思ったんですケド

素材が薄くて柔らかいので、食い込んだ瞬間割れそうな予感がシマス。

地道に紙やすりで平坦度を見ながらシコシコします・・・

電子接点部より、キモチ高いとこまで削れば寸法的に問題ないはずデス。



あとは外周部の小さいネジ4か所と

電子接点部の横のチョーチッサイネジ2か所で元に戻しますヨ。



装着時に変な抵抗や、ワイド端位置でも干渉はないようです。

電子接点も、ちゃんと機能しますネ。

これで、EF-Sレンズも使えるようになりました。



なんだか懐かしいこの

像の鼻みたいな凛々しいキットレンズの御姿。゚(゚´ω`゚)゚。ピー

LPS-D1は光害カットフィルターみたいですから

イッタことは無いですケド、るり渓・蔵王ダム・ベランダ撮影でお役立ちそうデス。

すさみや大塔だと必要ないかも知れないですケド

何かしらのフィルターはいりますから・・・

2018年7月よりIDASフィルター価格改訂・・・
(KYOEI大阪さんのショップHPへリンクしてます)

オゥ! イエス!

結構大幅な値下げデスね・・・

タイミング良すぎ・・・ԅ( ˘ω˘ԅ)

・・・

・・・

サヨウナラ~(。・ω・)ノ゙


スポンサーサイト
機材 | コメント:8 |

旧SP系赤道儀用 ベースプレートの製作

えぇ梅雨まっさかりですね。

今回も処理ネタ以外で、だらだら引っ張っていきますよ~(T-T)

久々の工作活動です。

ビクセンの旧SP系赤道儀で

タカハシ規格部品を取り付けるアダプターの製作デス。

迷人会のええじさんからのご依頼なんですが

オークションにもほとんど流通してこなくて、入手が難しいとのこと。

天文機材ショップで販売してたけど、今は販売してない部品らしいデス。

形状は単純なので、作ってみましょうということになりました。

必要寸法の測定はおまかせして、ワタシは図面に起こして加工担当です。

このプレートが手に入るなら、ある程度の出費は覚悟してたようですが

廃材を利用して、なるべくお金をかけずに製作してあげたいワケデス。



四次元ポッケに製品寸法より

かなり大きいアルミがアッタヨウデスよ。

かなり削る必要がありマスネ・・・

ほとんど・・・カスであるとっ!

いつも使ってる卓上旋盤だと、フトコロが足りないので

会社の中型旋盤をお借りして削りマス。

まずは製品の外径と厚みになるまで、地道に切削活動です。



でも必要なのはたったコレだけっ!

あとは大量の削りカスになりますヨ!

あえて言おう

カスであると!(もうええっちゅうのっ!

ジオンの偉いさんもあえて言ってマス。

中心にカメラネジ穴用タップの下穴(φ5.1)もホヂッておきます。



これはオリジナルにはない追加機能です。

外側4か所の取り付け穴部ザグリなんですが

寸法的に外径よりちょっと破れる設計のヨウデス。

これはオリジナルでもそうなってマス。

ボルトが通る穴も、外径に対してほとんど余裕がナイみたいです。

ちょっとのずれも許されない状況です。

今回穴とタップ位置の関係も重要ですから

穴位置だけ知り合いの加工屋に持ちこんで、ツンツンしてもらいました。



あとは 、ボール盤でM8タップの下穴と取り付け穴のザグリ加工デス。

M8タップはハンドタップでキリキリして・・・

中央のカメラネジ部のタップは、ご自分でやられるとのことなので

下穴マデデス。

ってことで完成です。サイコウヽ(o’∀`o)ノヤーン♪



M8はタカハシ規格の35mm間隔デス。

試作のつもりでしたが、問題なく仕上がったのでこのまま納品デス。

これで旧SP系の赤道儀に

タカハシ規格のマウントやホルダーが取り付け可能デスね。

後日、ええじさんから写真が送られてきました。





同じ迷人会のあみかんさんもSP系赤道儀を使っておられるので

もうひとつ製作してお渡し致しました。

めでたし・めでたし

サヨウナラ~(。・ω・)ノ゙


機材 | コメント:10 |

望遠鏡・赤道儀・・・色々機材買いました。

もうご存知だと思いますが、先日大阪のKYOEIさんで撮影機材一式を購入しました。

丁度スカイメモSを買って1年です。

ノーマルカメラとキットレンズを使って、1年間追尾撮影をしました。

この世界に足を踏み外し・・・いや踏み入れ、これからも続けて行くと・・・

この1年間で、色々撮影をし話を聞きながら

自分の撮影スタイルで、どういう対象を撮影していくのだろうと考えていました。

それに必要な機材、将来の事も考えながら色々アドバイスを頂きました。

この数か月検討し、購入した機材はコチラ。

赤道儀

ビクセン       SXP リミテッド(極軸望遠鏡レス仕様)

 
            SXG-HAL13 0三脚
            三角トレー

            
            ※KYOEIオリジナル極軸望遠鏡


新型極軸望遠鏡は使いにくいと聞き、極軸望遠鏡無しにしました。

代わりにSXPに装着可能な、極軸望遠鏡を購入しました。

今のスタンドアローンな使い方に慣れた事もあって

PCレスで自動導入可能なスターブック10搭載のSXPを購入しました。

将来的には、もう少し重量のある鏡筒も載せるかもしれないので、余裕を見ての選択しました。

鏡筒

タカハシ    FS-60CB


         ×0.72レデューサー/回転装置(SKY90)/カメラマウント(DX-60WEOS用)


K-ASTEC バンドセット一式(60 CB用)
KYOEI     汎用アリミゾプレートDX


レデューサーを装着して焦点距離255mmです。

焦点距離は、いまのキットレンズとほとんど同じですが

F値は5.6→4.2になります。

もう少し長い焦点距離を考えましたが、撮影したい対象の多くがはみ出ちゃいます。

APS-Cで使いますし、今撮影していきたいこの距離が良いと思いました。

取り回しもしやすくていいです。

オートガイダー


     MGEN-75GSS
     
     K-ASTEC カメラケーブル(EOS用)

             ステップアップケーブル(SU512)

             アルカスイスセット

スタンドアローン構 成を組みましたので、MGENを選択しました。

ディザリング撮影に興味もあります。

小物類

ノーザンクロス   アリミゾマウント(大)


シュミット        樹脂製バーティノフマスク65-100mm


スカイウォッチャー 電動フォーカスモーター


ダイジ         電源 SG3500 LED 12V20Ah    

スカイメモSで1年修行をしたので、赤道儀の基本的な扱いは大丈夫そうです。

クランプや赤緯・赤径を手で動かすのでさえ

気を使っていたので、重量があり安定していています。

鏡筒については初めての物なので、触るのも慎重です・・・コワイヨ・・・

ファーストライトに向けて、毎日少しづつ整備中です。

しばらく整備ネタが続きます。


機材 | コメント:6 |

改造カメラ x7 SEO-SP4

先々週、仕事から戻ったら宅急便が届いていました。

嫁:カメラ買ったの~?

ワタシ:改造したら、お星さんよーうつるらしいノ。

別に隠すつもりもなかったので、即答しましたよ。

しかし、なんでカメラだとわかったのか謎でした。

荷札を見ると、

カメラ

オォ イエス! 

本体はCANON EOS kiss x7 です。



改造は、SEO-SP4です。

瀬尾さんから 、10~14日程かかりますとのことでしたが、1週間で戻ってきました。

大塔で撮影したM45の処理に掛かりっきりで、開封できてませんでした。

カメラ横にシールがはってありますね。

ずっと天気が悪かったので、室内で試写しました。

ライブビューに切り替えたら、見た感じ意外と普通・・・

疑問を感じつつ、改造x7で壁を撮影してみました。



全然普通の色っぽい感じですよ・・・

試しに同じ設定のノーマルx7iで撮影してみました。



ワタクシメのメはいい加減なものです。
 
改造x7で撮影した方は、うん、赤っぽいですよ。

改造x7で撮影した画像のホワイトバランスを整えてみました。

いい感じです。



レンズでピントもちゃんと来ます。

これからの時期、赤いのんがたくさんあるので

星座ソフトみながら何を撮影するか、考えるのが楽しみです。


機材 | コメント:12 |

いまさらなレンズフード

今週の新月期は、残念ながら絶望的なご様子です。

スカイメモSを購入してから、55-250mmのキットレンズをずっと使ってます。

かれこれ1年弱、ずっとフードがないままで使ってたんです。

これから本格的な寒さも迎えますし、外部光対策も兼ねてフードを買いました。

いまさらなんですが・・・・

Canon レンズフード ET-63 L-HOODET63



純正でもそんなにお高いものでなかった・・・

もっと早く買っておけばよかったと思います。

値段も値段なんで、当然樹脂製ですよ。

装着してみました。



250mmにすると、こんな感じに胴体がでてきますね。

高級感はナイです。

まぁ、それでもフードがついただけでもテンションあがってたりしますがφ(゜゜)ノ゜

で、ちょっと前に宅急便であるところに送られていったブツ。

数日前に帰ってきました。
機材 | コメント:4 |
| ホーム |次のページ>>