今日から滋賀で星空撮影始めます♪

カメラ初心者がのんびりお気楽に星空撮影

照準器を買う。 オリンパス EE-1

先週末、突然PCのHDDがお亡くなりになりました。
データは生きていると判断したので、USB-SATAケーブルで繋ぎデータを救出しました。
新しいHDDを買ってきて、救出データの移行、OSの再インストールと環境復帰に丸2日を費やしました。
メールのデータのみ救出できず全て無くなりました。
この記事をきっかけに、みなさんいますぐバックアップを取りましょう(笑)

記事の本題ですが

照準器を買いました。
オリンパスのEE-1という照準器です。

以前、この記事でちょっと紹介しました。
星撮影だけでは使い道が限られるので、その時は買うつもりはそんなになかったです。
子供の 運動会で使おうと思ったのと、臨時収入が重なったので買いました。
望遠時に照準器で子供を追尾しながら、撮影しようかと思います。

梅雨明け後、すっきりしない空ばかりですが、先週数時間だけ気持ちよい空がありました。
早速、ベランダに遠征して使ってみました。

以前の記事以降、星撮影での使い道を考えていました。
撮影前には、必ずピント星でピント調整をするわけですが、まずカメラにピント星を導入する事から始まります。
私これがチョーヘタクソなんです。
見えない対象は、自作目盛環で導入するので逆にたやすいのです。
それにしてもまずは基準星を導入しないと始まらないわけです。

250mm(換算400mm)で撮影する事が多いので、い きなり250mm(換算400mm)でピント星を狙います。
スカイメモSの赤径・赤緯軸を回して、カメラに導入します。
カメラと私のシンクロ率が高いときはすぐに、そうでない時は結構手間取ります。

手間取る原因は、位置が合ってないかピントが合ってないとか。
赤緯軸を少し回しては赤径軸を動かしてやっても、一向に導入出来ない事があります。
原因はピントそのものがあってなかったというオチ。
これだと、位置があってても星が導入できたかもわかりません。

1台のカメラしか所有してないので、普段使いでも今のカメラを使ってます。
ピントリングの位置は、いつもバラバラです。
こうなると、カメラの方向が悪くて導入できていないのか
ピントが合ってな くて導入できてないのか、わからなくなります。
照準器を使う狙いは、間違いなくカメラの方向は合っているという確信を得たいというわけです。

そんなことしなくても、広角や標準でいれてからやるとか、事前に遠くの建物で大体のピントを合わせておくとか
色々やりようはあるのですが、望遠で取る時は望遠1発でキメたいんです(笑)

過去の記事で何度もでてきてますが、キットレンズのピントリングはスカスカなんです。
すぐ動く上に当たりがありません。右にも左にも延々回ります。
なので、大体この場所で星が見えるぐらいに合う場所の見当がつきません。
一度、印を付けてみましたがその場所に合わしてもダメだった記憶があります。
方向性だけはあるようです。

本体はプラスティック製なので軽いです。
未使用時は閉まえて、使う時にだけ開けます。

閉まっている時は自動でOFF状態になるので、切り忘れがないです。
ホットシューに嵌めてネジで固定。ガタつきも無くていい感じです。

中にレティクルが表示されて、ダイヤルで輝度を1~5段階に調整できます。

左右と上下のダイヤルでレティクルの位置を調整します。
事前にLV画面中央に建物をいれて、レティクルの中央に建物がくるように調整しておきました。

ベランダに撮影機材一式をセットして対象を星にして使ってみました。
適当に見えている、アルタイルやベガ・アンタレスなど一等星クラスを照準器で狙いました。
ファインダーやLV画面と違って、素通 しのガラスなので全体が見えて対象を狙いやすいです。

結果のほうは、照準器のレティクル中央に対しLV画面で若干左下。
それでも、LV画面のどこかには入っているので問題なしです。
レティクルの位置調整はダイヤルで簡単に出来るので、中央中央になるよう再調整しました。
再調整後は、中央中央で完璧になりました。
両眼・片眼でも大丈夫です。

せっかくなので、ほぼ見えてない3等星・4等星クラスでも試してみました。
空の状態が良い時に、自宅からなんとか見える限界です。
結果は、問題なく導入可能でした。
何度か狙っている星とは全然違う星だった事があるので、これで間違いはなくなりそうです。

だんだん楽しくなってきて、意味なく照準器で導入 。
LV画面に入っているか確認をしてみたり。
あんな体勢やイケない体勢から、導入に問題ないか確認したり。
小一時間ぐらい遊んでしまいました。
まぁピントが合っている状態からなら、位置だけの問題なのでさほど効果や有難味は薄いです。
問題はピントが合ってない状況で、使えるのかという事です。

ピントを完全に外してLV画面でも星が確認できないぐらいピントをずらしました。
この状態で照準器の中央に別の星を入れてみました。
当然LV画面には何も写ってないわけですが、星は入っているハズです。
ピントリングを回してやると、ピントが合うにつれて星がLV画面に出てきました。
これは使えると確信しました。



これで、ピント星や基準星を導入する時、時間を費やさなくてすみそうです。
何度か照準器を付けたり外したりして使ってみましたが、大きなズレもなさそうです。
付けるたびに位置調整が必要なら意味ないんデス。

問題があるとすれば、レティクル調整ダイヤルが回りやすい。
ホットシューに固定する時にネジを回しますが、丁度指の側面にあたってダイヤルまで動かしそうです。
これはダイヤルをテープで覆って対策しました。

もう一つは、レティクルの輝度が明るすぎる。
昼間使うことを想定した物だと思うので、輝度を一番下げた状態でも夜間には強い。
一等星クラスでもレティクル近くになるとその明るさに埋もれます。
見えにくくても、適当にレティクル内に入っていれば、LV画面内に入るので 問題なしです。

肝心の遠征も、梅雨があけてもまったくスッキリしません。
結局、スッキリした日があまりないまま終わってしまいました。
今週末にも台風が接近してくる予定です。
スポンサーサイト
機材 | コメント:2 |

ダーク撮影の最終兵器!?

また少しバタバタしてきた感じで先日の遠征で撮影した処理がほとんど手付かずです。

GWは各所で晴れる日が多く良い時間を過ごされたのではないでしょうか。
暫くは撮影に向かない状況ですね。
遠征したときの記事ではないのですが、ちょっとおもしろい物を会社で買いました。。
恒温槽というものですが、ゴツイ電子レンジみたいなものです。
もちろん業務で使用する目的で買ったもので会社の所有物ですよ(笑)



簡単に言えば、自由に好きな温度環境を作る事ができてしまいます。
-40℃から150℃まで調整可能です。
普通なら、まっさきにお弁当をあっためるという発想がでてくるのではないでしょうか。
自分の場合は、ダーク撮影に使えるんちゃうの?でしたが。

最近は、対象に掛けるに比例してダーク撮影も時間が掛かる ようになりました。
なので、よっぽど気が向かなければ対象を撮影したあとに現地でダークを撮影をしようという気になりません。
これが対象の撮影だったら1時間・2時間ぐらい待っていられるのですが、真っ黒い物を撮影するのに1時間・2時間は耐え難いものがあります。
なので最近は車内で撮影しながら帰るというのを実践しているのですが・・・
(少し温度変化がでちゃいますが)
かなりの確率でカメラの電源を入れ忘れてるんですね~。
当然ダークもくそもはなくそっちゅう話です。

前回もおにゅう峠の帰りにダーク撮影をしながら帰宅しました。
案の定カメラの電源を入れ忘れてました。
だったら次の日の夜にでもダークだけ撮影すれば良いと思ってたんですが、そのままGWに突入して夜の気温が完全に変わってしまいました。

そこでこの恒温槽・・・。
これだったら当時の温度を再現できるのでダーク撮影に使えるかもと思った次第です。
まぁ会社の所有物ですし、おおっぴらに私用で使うわけにもいきません。
なので、ちゃんと会社に許可をもらってから私用で使わせてもらう事にしました。
業務で使ってないときなら、自由に使っていいよという事なのでありがたく使わせてもらいました。

タッチパネルで設定温度をいれるだけです。
しばらくすると炉内が希望の温度で維持されつづけます。
あとは中にカメラをほりこんで撮影開始してほっとくだけです。



観測窓は透明ガラスなので蓋をして光がはいらないようにしてます。
ほぼ狂いなく希望の温度に出来ます。

そんな感じで撮影し たダークがこちら。

<

当ててみないとなんとも言えませんが、ぱっと見はちゃんと撮影できているように見えます。
これはISO3200の480秒だったので、画面の端に熱ノイズ(というのでしょうか?)が出てきてました。
ライトフレームも同じような感じです。

当時とカメラの使用状況こそ違えど、温度状況的には同じ環境です。
ダーク撮影の兵器となるでしょうか。
機材 | コメント:4 |

ポータブル電源 ANKER POWERHOUSE

前回の投稿から随分日がたってしまいました。
先日の遠征で月没後に撮影した、しし座のトリオ銀河とマルカリアンチェーンを処理していました。月没後に薄雲が発生していたみたいで、月没ならぬ全没となりそうです。
すっかり処理する気も失せてしまいました(笑)

今日は油断していたところに、降雪がありました。
現在もそこそこ冷え込んでいて雨が降っています。
そんな日は暖かいリビングにこもって、ゆっくり過ごしたいと思います。

今回は、お買いものシリーズ第2弾です。
色々使い道も出てきたところで、ポータブル電源 ANKER POWERHOUSE を購入しました。表向きは災害時用の電源だと嫁に言ってあります。
裏向きは遠征時の外部電源となります。いわゆるワタクシメの物です。あるなら使うんです。

我が家にはボイジャーのディープサイクルバッテリー(M27MF)が4個と充電器が2個あります。現在はボート用に使っていますが、災害時用の蓄電地も兼ねています。
インバーターも数種類持っていて、DC12Vのバッテリーから、AC100Vと三相200Vまで取り出せます。何度か遠征時に持ち出してノートPCの充電で使用した事があります。
た だ、鉛バッテリー重いんです・・・24kgあります。
持ち出すには一苦労です。
赤道儀の24kgなら喜んで持ち出しますが、バッテリーの24kgは我慢出来ません。

ANKE R POWERHOUSE


容量 :434Wh/120,600mAh
出力
DC出力:12V
AC出力:110V
USB出力:5V×4 (各ポート最大2.4A)
サイズ :約200×145×165mm
重さ :約4.3kg

大容量のリチウム電池で重さはたった4.3kgです。
これなら嫁で片手、子供でも両手なら運び出せます。
大きさも随分小さいです。

容量あたりのコストとしては鉛電池の方が良いですが、この重量差は大きいです。
特に最近は・・・お腰に関わるのでイタダケマセン。
インバーターを別途用意しなくても、本体だけで3系統の電源が使えるのは便利です。

先日の遠征で早速使ってみた感想。
本体も小さいので三脚下のテーブルに載せても邪魔になりません。



【接続機器】
USB:スカイメモS、レンズヒーター×1、タブレット充電×1 
AC100V:ノートPC、カメラ外部電源
DC12V:未使用

-1℃の外気温で9時間ほど連続使用
100%から使用して60%ほど残りました。
カメラの外部電源も使用してみました。
電源検証の為、あえてライブモニターはほぼ付けっ放しにしておきました。
供給は安定していて、最初から終わりまで一度も切れることなく撮影できました。
これでバッテリーが切れてて数枚のみ・・・という悲しい思いをしなくて済みそうです。

今まで使ってきたモバイルバッテリーも寿命が短くなっています。
バッテリーが切れてて、レンズを曇らせてしまったことも割とあったりします。
こちらの問題についても心配する必要がなくなりました。

鉛電池に比べてお高いのですが、使い道は多いので嫁への反応は上々です。
ほとんど私が遊びで使うことになると思います(笑)
ちなみにスカイメモSもこれで駆動することが出来ました。
スカイメモSは乾電池で十分に稼働時間を確保できるので使うことは無いかもしれません。
どうしてもケーブルが混雑してしまうので、1本でも減らしたいですしね。

今後、赤道儀を持つようになれば、DC12Vも使い道がでてくるかもしれません。
何かしら全ての出力系統を使う事になると思うので、買ってよかったと思います。
遠征先で電源周りの心配がなくなるというのは精神的に良いです。
AC100Vの刺さりが若干緩いのだけが不満です。

災害時用の電源だというのに、すっかり私の私物と化してしまいました。
機材 | コメント:0 |

撮影機材の運搬・保管ケース ペリカン ストームケース IM2700OD

ペリカン ストームケース 型番はIM2700OD(グリーン)
撮影機材の整理・保管・運搬目的に購入しました。



今まではこんな状態でした。



コンテナBOXと100均小箱にカメラや赤道儀や小物を入れていました。
ちなみに上の箱2つにカメラと赤道儀をいれていて、緩衝材は古着だったりします・・・
やさしくホールド出来ているとは言えない状態です。

小箱がいくつもあるので現場で出し入れするのが結構煩わしく思っていました。
破損等はしたことはないので、問題はないといえばないのですが、これからの機材の住まいとしては、ちょっと心もとないです。
出発時はちゃんと収まってますが、撤収時は何かと散らかります。
現場は暗いし撤収時は、どうしても出発の時ほど 丁寧に片づけないんですよね。
もうどの小箱に何をいれてたとか考えるのもめんどくさくなります。
それがこうなりました。



これと三脚だけ持って出れば撮影OKな状態です。
写真では見えませんが、底に予備電池類やケーブル類も全部入ってます。
緩衝材は細かく切れ目が入っていて手で切っていけます。

【収納機材一覧】
カメラ+レンズ
スカイメモS+台座
アリガタ微動台座
雲台支え
ウエイトシャフト+ウエイト
交換レンズ
カメラバッテリー×3+充電器
予備電池一式(単3×4、単4×1パック、CR2032×2パック
レンズヒーター×2個
カメラ用外部電源
小物(ストップウォッチ、S字フック、暗視照明(スカイメモS))
リモコン
カメラ用USBケーブル類
水準器
自作目盛環
レンズフィルター
バーティノフマスク
メンディングテープ

早速、先週の遠征で使ってみました。
運搬時の安全性は言うまでもなく、現場で開けてみても中で動いている様子は無かったです。
今まで小箱を1つづつ取り出しては開けて、取り出しては開けてしていた機材の準備。
カバーを開けるだけで全部揃っているのでササっと用意できるようになりました。
準備が終わった頃に小箱も散乱していません(笑)

一番良かったと思ったのが撤収時です。
収納する場所がきまっているので、そこに入れていくだけです。
見た目ですぐにわかるので忘れ物も無くなりそうです。
いちいち小箱をたくさん用意する煩わしさがなくなって撤収時間も速くなりました。

正直ここまでケースにお金を掛ける必要はないのかもしれません。
いま使っている機材はしばらくメイン機材ですし、サブ機材になったとしても使います。
耐低温・完全防水で、これから長く使うことを考えて光学系の保管庫としても使おうと思います。
中の仕切りは入れ替えれるので他に用途があれば入れ替え可能です。
保管場所がちゃんとしているというのは、気持ちのいいものです。

何かと持ち物は1つにまとめたい性分なので、これだけ持ち出せばOKという状況にする癖があります。
なので、珈琲セットもラタン(籐)のバスケットにハンドミル・珈琲豆・ドリップポット・ドリッパー・サーバー・フィルター・マドラー・カップなど一色入ってます。



古着が詰めてあるBOXがその辺にあるより、嫁への反応がいいのが救いです(笑)
機材 | コメント:4 |

続・こんな日は・・・バーティノフマスクの作成とテスト

現在、滋賀県大雪に見舞われています。
この時間帯からかなり積もり始めています。

前回の続きになる、バーティノフマスクの作成。
昨夜、数時間だけ晴れる予報がでて、予報通り数時間だけ晴れました。
お月様もこれでもかというぐらい光ってましたが。
この機会を逃さず、バーティノフマスクのテストをベランダでやりました。
OHPに印刷したパターンを1日寝かせて乾燥させたままだったので、すぐにカットして用意しました。

マスク固定方法
パターンの部分は極力触らないように、ステップアップリングの内側に合うようにφ61で円形にカットしました。
カットしたパターンをステップアップリング内側の面部分に装着します。
面の部分に接着剤を使おうと思ってたのですが、経験上接着剤を使うと後始末がよくないです。
取り替える事もあるし、スマートに固定できる方法を考えました。
考えるといいながら、何も考えずステップアップリングの束を眺めてました。

もう1つ上のステップアップリングで、マスクを挟む。
これだ!と思いました。
58mm-62mmのリングの内側にマスクを入れて、62mm-67mmのリングを嵌めて固定。

そのままだとマスクを若干抑え込めてない感じです。
円形にカットした 厚紙を間に挟んでスペーサー代わりにしたらいい塩梅になりました。



円形の白い物がスペーサーです。
これで接着剤を使わずにスマートに固定できたのではないでしょうか?
62mm-67mmのリングを嵌めるとこんな感じになりました。



マスクを取り替えるのも62mm-67mmのリングだけを回して外せば簡単に取り替えれます。
1段階リングを付けたぐらいだとケラレる心配もないです。
マスクの表も裏側にもリングがあるお蔭で、マスクが直接触れてパターンが剥げる心配もなさそうです。



ピントテスト
いつ曇りだすかわからないので、急いでベランダに機材準備。
今回はPC+EOSユーティリティ+ピントエイドを使わずに、ライブモニターだけで調整できるか試しました。
月明かりがモロにありますが、シリウスで光条の確認。
携帯カメラだと、ライブモニターの画面が上手く撮影出来なかったのですがライブモニターでも光条が確認できます。

OHPシートには定着剤?みたいなのが裏表に塗ってあって、ソフトフィルターみたいだったので心配でしたが大丈夫なようです。
シリウスぐらいだと、ライブモニターの×5でも十分に光条が見えました。
×10に倍率をあげて、早速ピントリングを動かしてみるとラグ無しに光条も追従して動いてくれて良さそうです。

ライブモニターが携帯でうまく撮影できないので撮影したシャキーンがこちら。



3本の線が1点で交わってるとは思うのですが、中心部がうまく分離できてないです。
パターンのどこかを変更すれば、ちゃんと分離するんでしょうか?
中心の周りがモヤモヤしてるのは、OHPに塗ってある定着剤で透明度が悪い影響でしょうか。

マスクを外して15秒だけ露光撮影したのがこちら。



電線はきにしないでください。
この時間帯の我が家のシリウスは電という線の中を通ります。

ついでにベテルギウスもシャキーンしてみました。



老眼も入りだしてセンサー性能の衰えた目で、星像が一番小さいとこに合わせろ!
と言われても自信が持てません(笑)
バーティノフマスクの光条合わせ、ピントエイドの数値。
客観的に合わせれるのは安心感があっていいです。

ピントエイドでもバーティノフマスクで調整できるみたいなので、次はバーティノフマスク+ピントエイドでやってみようと思います。
機材 | コメント:2 |
| ホーム |次のページ>>