今日から滋賀で星空撮影始めます♪

カメラ初心者がのんびりお気楽に星空撮影

望遠鏡・赤道儀・・・色々機材買いました。

もうご存知だと思いますが、先日大阪のKYOEIさんで撮影機材一式を購入しました。

丁度スカイメモSを買って1年です。

ノーマルカメラとキットレンズを使って、1年間追尾撮影をしました。

この世界に足を踏み外し・・・いや踏み入れ、これからも続けて行くと・・・

この1年間で、色々撮影をし話を聞きながら

自分の撮影スタイルで、どういう対象を撮影していくのだろうと考えていました。

それに必要な機材、将来の事も考えながら色々アドバイスを頂きました。

この数か月検討し、購入した機材はコチラ。

赤道儀

ビクセン       SXP リミテッド(極軸望遠鏡レス仕様)

 
            SXG-HAL13 0三脚
            三角トレー

            
            ※KYOEIオリジナル極軸望遠鏡


新型極軸望遠鏡は使いにくいと聞き、極軸望遠鏡無しにしました。

代わりにSXPに装着可能な、極軸望遠鏡を購入しました。

今のスタンドアローンな使い方に慣れた事もあって

PCレスで自動導入可能なスターブック10搭載のSXPを購入しました。

将来的には、もう少し重量のある鏡筒も載せるかもしれないので、余裕を見ての選択しました。

鏡筒

タカハシ    FS-60CB


         ×0.72レデューサー/回転装置(SKY90)/カメラマウント(DX-60WEOS用)


K-ASTEC バンドセット一式(60 CB用)
KYOEI     汎用アリミゾプレートDX


レデューサーを装着して焦点距離255mmです。

焦点距離は、いまのキットレンズとほとんど同じですが

F値は5.6→4.2になります。

もう少し長い焦点距離を考えましたが、撮影したい対象の多くがはみ出ちゃいます。

APS-Cで使いますし、今撮影していきたいこの距離が良いと思いました。

取り回しもしやすくていいです。

オートガイダー


     MGEN-75GSS
     
     K-ASTEC カメラケーブル(EOS用)

             ステップアップケーブル(SU512)

             アルカスイスセット

スタンドアローン構 成を組みましたので、MGENを選択しました。

ディザリング撮影に興味もあります。

小物類

ノーザンクロス   アリミゾマウント(大)


シュミット        樹脂製バーティノフマスク65-100mm


スカイウォッチャー 電動フォーカスモーター


ダイジ         電源 SG3500 LED 12V20Ah    

スカイメモSで1年修行をしたので、赤道儀の基本的な扱いは大丈夫そうです。

クランプや赤緯・赤径を手で動かすのでさえ

気を使っていたので、重量があり安定していています。

鏡筒については初めての物なので、触るのも慎重です・・・コワイヨ・・・

ファーストライトに向けて、毎日少しづつ整備中です。

しばらく整備ネタが続きます。


スポンサーサイト
機材 | コメント:6 |

改造カメラ x7 SEO-SP4

先々週、仕事から戻ったら宅急便が届いていました。

嫁:カメラ買ったの~?

ワタシ:改造したら、お星さんよーうつるらしいノ。

別に隠すつもりもなかったので、即答しましたよ。

しかし、なんでカメラだとわかったのか謎でした。

荷札を見ると、

カメラ

オォ イエス! 

本体はCANON EOS kiss x7 です。



改造は、SEO-SP4です。

瀬尾さんから 、10~14日程かかりますとのことでしたが、1週間で戻ってきました。

大塔で撮影したM45の処理に掛かりっきりで、開封できてませんでした。

カメラ横にシールがはってありますね。

ずっと天気が悪かったので、室内で試写しました。

ライブビューに切り替えたら、見た感じ意外と普通・・・

疑問を感じつつ、改造x7で壁を撮影してみました。



全然普通の色っぽい感じですよ・・・

試しに同じ設定のノーマルx7iで撮影してみました。



ワタクシメのメはいい加減なものです。
 
改造x7で撮影した方は、うん、赤っぽいですよ。

改造x7で撮影した画像のホワイトバランスを整えてみました。

いい感じです。



レンズでピントもちゃんと来ます。

これからの時期、赤いのんがたくさんあるので

星座ソフトみながら何を撮影するか、考えるのが楽しみです。


機材 | コメント:12 |

いまさらなレンズフード

今週の新月期は、残念ながら絶望的なご様子です。

スカイメモSを購入してから、55-250mmのキットレンズをずっと使ってます。

かれこれ1年弱、ずっとフードがないままで使ってたんです。

これから本格的な寒さも迎えますし、外部光対策も兼ねてフードを買いました。

いまさらなんですが・・・・

Canon レンズフード ET-63 L-HOODET63



純正でもそんなにお高いものでなかった・・・

もっと早く買っておけばよかったと思います。

値段も値段なんで、当然樹脂製ですよ。

装着してみました。



250mmにすると、こんな感じに胴体がでてきますね。

高級感はナイです。

まぁ、それでもフードがついただけでもテンションあがってたりしますがφ(゜゜)ノ゜

で、ちょっと前に宅急便であるところに送られていったブツ。

数日前に帰ってきました。
機材 | コメント:4 |

改造用カメラご到着

天体改造する用のカメラを用意しました。
改造にはまだ出してません。
これからの満月期に改造に出して、次の新月期に間に合えばいいかな。

CANON EOS kiss x7 ボディです。


APS-Cのバリアングル非搭載モデルですね。

予定では使っている x7iを売りにだしてからだったのですが、先に購入しました。
ヤフオクで使えるTポイントが失効寸前だったので。

ヤフオクで落札しましたが新品です。
動作確認も特に問題ないです。
当たり前ですが、付属品も全部未開封で揃ってますね。

写真ではわかりづらいですが、x7iと比べてバリアングルがないぐらいと思ってました。
実際見て手に持つと、x7iと比べると凄くコンパクトですよ。
重さも全然違います。



x7iとボタン配置や操作メニューはほぼ一緒ですね。
説明書見なくても大丈夫です。

一通りチェックしてから改造に出そうと思います。
改造後の不具合なのか、元々だったのかわからないと困るので。
改造はSEO-SP4にします。

残念ながらx7iのバッテリーと互換性が無くて、外部電源も流用出来ませんね。
一緒にアマゾンで外部電源も注文しておきました。
サードパーティ製ですけど、特に問題なく動きましたが、たまに電池マークがおかしくなります。
AC100Vに繋いでるはずですが、電池残量が減ったりしますよ。
切れるようなことは無かったですが、問題ありならカプラーだけ純正品を使おうと思います。

x7とx7iが両方あるのでダークノイズの比較をしてみました。
ISO3200 300秒 気温15℃前後です。
それぞれ3枚連続で撮影した中の3枚目になります。
わかりやすいように、PSのCameraRawで露光量を+5にしたものです。
そのほかのパラメーターは0です。

画像クリックで大きい画像が出ます。

【液晶ONでの比較】

x7
x7 on

x7i
x7i on

x7iは画面中央右端にバリアングルの配線の影響と思われるノイズがありますね。
x7にはありません。

【液晶OFFでの比較】

x7
x7 off

x7i
x7i off

液晶ON同様、x7iには画面中央右端にバリアングルの配線の影響と思われるノイズがあります。
どちらも液晶ONより、ノイズが少ないように思います。
個体差はあると思いますが、私の固体ではx7iに比べてx7の方がノイズがやや多いように思います。
変わりに、x7の方はバリアングル配線によるノイズはなくなりました。
ちょっと気になるのは、x7のほうのノイズの出方。
x7のほうが縦方向に濃淡が目立ちます。

x7iの方もよくみればそうなっているのですが、x7iのほうは全体にまんべんなくノイズがある感じです。

【固定ノイズの比較】

x7
x7 off kotei

x7i
x7i off kotei

液晶OFFの状態で露光量やパラメーターなど変更してない素の状態でのダークノイズです。
やはりx7のほうが固定ノイズが多い印象です。

液晶画面はOFFの方がノイズは少ないと聞いていたので、ここ最近はOFFしています。
改めて検証しても、その通りでした。
非バリアングルモデルのx7の方がノイズが少ないことを期待しましたが、そうならなくてちょっと残念です。
個体差もありますし、バリアングル配線のノイズが消えただけでもよしとします。
機材 | コメント:4 |

モニターを気にすること。

ヘンナタイトルです。

そろそろお化粧カメラ(天体改造)の導入を考えてたりします。
お化粧カメラを使うようになると、エッチなαの赤いのが写るようになるのは周知の事実。
そうなると、モニターによる色の違いが気にするようになりました。

別に壊れているわけでもないのですが。
前々から感じてはいたのですが、出来上がった作品を別のPCで見ると違うわけです。
逆にそっちのほうが自分の好みとかいうパターンもあったりします。

そういう類を調べると、すぐカラーマネジメントってのに辿り着きました。

感じてはいても、色がたくさんある対象があまりなかったり、写らなかったりであまり気にしてませんでした。
撮影自体に支障がない物件、後回し後回しにしていたっていうのもあります。
これから、お化粧カメラを使って撮影するなら、赤いノンを撮影する機会も増えます。
そうなると、正しく発色されたモニターで正しく処理したいって思ったりもします。

今はDELLのXPS8100という機種、モニターは一緒についてたRDT271WLMという三菱モニター。
27インチで画面も大きいし、なんの不満もないモニターです。
フリーソフトでも調整できるソフトがあると知り、そういう調整はやってみたんです。

Calibrize

というフリーソフトですが、あるパターンを画面に出してこうなるようにモニターの調整機能で調整シテネ !

という奴です。
結局は自分の目で調整するので、自信もなければ調整結果が正しいのかもわかりません。
もしかしたら、調整前のほうが正しかったのかもと・・・
起動時に、画面の発色が少し変わるので、何かしら調整はされているようです。

正しく発色されていないモニターで処理して、正しい色に辿り着いていたのに通り過ぎた。
正しく発色されていないモニターで処理して、正しい色に辿り着かず無理な処理をして破綻した。
他のモニターで見たら、全然違っていた。

こうなってはいないか?とか思っちゃうわけです。
結局、見る側のモニターも正しくないと見え方が違う事に変わりはないんですが。
すくなくとも、自分は正しく表示されている色で処理していると確信は持てます。

モニターを調べるとEIZOさんのColorEdgeなんかが出てきます。
発色もお値段も美しいようです。



お求めやすそうな価格帯もモデルもあるようです。
それでも決して安いお買いものではないですが。
それと、別にセンサーも用意しないとだめなんですね・・・むむっ・・・

こういうのは導入するなら、早い段階の方がいいかなと思ってる次第です。
後回し後回しにしやすそうな物件なので、導入するなら思い切って導入したほうがよいのかも。

20万近くもする新品現行モデルを買うなら、さすがに機材を買おうと思いますが
生産終了タイプのColorEdgeの中古で安いのもを見かけるので、 それなら買ってみてもいいかなと思ってたりします。
導入するかはわかりませんが、ちょっと中古市場の方に目だけでも向けておこうと思います。

ちなみに印刷はしません。
機材 | コメント:2 |
| ホーム |次のページ>>