今日から滋賀で星空撮影始めます♪

カメラ初心者がのんびりお気楽に星空撮影

もしかしてコレはアレですか? M45

先日大塔遠征時の2対象目デス。

1対象目のアンドロメダ銀河の撮影が終わったのは、午前2:00頃。

1対象目を40枚撮影したので時間が押し気味で、ちょっと時間が足りないかも・・・

アンドロメダ銀河も肉眼でみえるような大塔の夜空。

この日は自作の目盛環を出すことなく、どちらの対象もドットサイトで導入しました。

最後の4・5枚は薄明フラッシュで焼かれてしまってました。

他にも、たくさんの火○●4号が飛んでいきました。
(合計9発!)

こんなもんは、最新防衛システムσクリッピングで迎 撃デスヨ!

1晩同じ対象を撮り続けていた、有田のIさんも同じだったのではないでしょうか。

予定よりすくなくなってしまったけど、28枚合成しました。

色調整の段階で、背景が上手く決まらない・・・

なんだか、背景あちこちにムラがありますヨ・・・

もしかしてだけど~ もしかしてだけど~♪

  もしかしてだけど~ もしかしてだけど~♪

    ムラムラしてるのって~ アレなんぢゃないのぉ~♪

M45 プレアデス星団  赤径:3h47 赤緯:+24°07

【機材】
赤道儀:Kenko SkyMemoS
カメラ:CANON EOS kiss x7i(非改造)
レンズ:CANON EF-S 55-250mm F/4-5.6 IS STM
撮影日:2017.9.25 2:24~ 場所:湖奈良県五條市大塔
ISO:3200 250mm(APS-C) f5.6 240s×28 気温:15℃

【画像処理】
SteraImage7:(Dark減算 Flat補正 加算平均)
PhotoShopCS6:(各マスク処理 レベル補正 彩度調整)

ウッスラですけど

ムラの正体は、バックに広がる分子雲だったようです。
(背景の白いザラザラしたやつだと思います)

嬉しくて炙りまくってみましたが、ウスチラカルだけだったので

そっちに捉われずに、M45本体を処理していきました。

特徴的な刷毛目を強調しつつ、もうちょっともうちょっと・・・

欲張って調子にのって炙ってたら、気が付けばド派手に・・・・

欲を抑えながらの処理しました。

青いけど薄いブルーよりな感じが好みですが、個人によりそうです。

反射で撮影したキラーンなすばるを多く見てるので、ちょっと物足りない気も・・・

だんだん贅沢になってきました。

色のある星が周りに多いので、反射で撮影してみたいものです。

昨年、スカイメモSを買って始めた撮影したM45がこちら。


青いガスがちょっと写って、ものすごく嬉しかった記憶があります。

次の遠征からはアレを使って撮影しますヨ。


スポンサーサイト
星野写真 | コメント:12 |

いまさらなレンズフード

今週の新月期は、残念ながら絶望的なご様子です。

スカイメモSを購入してから、55-250mmのキットレンズをずっと使ってます。

かれこれ1年弱、ずっとフードがないままで使ってたんです。

これから本格的な寒さも迎えますし、外部光対策も兼ねてフードを買いました。

いまさらなんですが・・・・

Canon レンズフード ET-63 L-HOODET63



純正でもそんなにお高いものでなかった・・・

もっと早く買っておけばよかったと思います。

値段も値段なんで、当然樹脂製ですよ。

装着してみました。



250mmにすると、こんな感じに胴体がでてきますね。

高級感はナイです。

まぁ、それでもフードがついただけでもテンションあがってたりしますがφ(゜゜)ノ゜

で、ちょっと前に宅急便であるところに送られていったブツ。

数日前に帰ってきました。
機材 | コメント:4 |

大塔でリベンジ M31 アンドロメダ銀河

9月25日、奈良県五條市大塔に遠征しました。

前半北側が曇ってましたが、後半は快晴になり好条件で撮影できました。

ちょっと湿度高めで、機材はまずまずのショビレーヌでした。

気温は大体15℃前後ぐらいで、ちょっと肌寒い感じですね。

この遠征で撮影したのは2対象デス。

1対象目は、40億年後に同世帯となるお隣の銀河デス。

1シーズン中、同じ対象を撮影することは無いのですが

処理のやり方も含め、もう一度撮影してみようと思いました。

最低32枚を目指し、念のため4分で40枚で前半2枚捨てましたデス。
(ここでちょっと時間を使いすぎて2対象目の枚数が足りない・・・)

M31 アンドロメダ銀河  赤径:0h42 赤緯:+41°16


【機材】
赤道儀:Kenko SkyMemoS
カメラ:CANON EOS kiss x7i(非改造)
レンズ:CANON EF-S 55-250mm F/4-5.6 IS STM
撮影日:2017.9.25 23:00~ 場所:湖奈良県五條市大塔
ISO:3200 250mm(APS-C) f5.6 240s×38 気温:15℃

【画像処理】
SteraImage7:(Dark減算 Flat補正 加算平均)
PhotoShopCS6:(各マスク処理 レベル補正 彩度調整)

前回と同じだとあれなので、今回は北上のアンドロメダ銀河デス。
前回と比べてすっきりした感じになったと思うのですが・・・
その時はいいと思ってアップした前回のM31・・・改めて見るとゴテゴテですよね。

アクセントになる星と銀河のバランスを見ながら

自分が一番 キモ ティイイー!

と感じるとこで・・・

星と星雲の奥ゆき感を出そうと思いますが、なかなか難しいです・・・
今後の課題にしていきたいテーマです。

強調処理前に、カラーバランスを整えたのがよかったのか
中心付近はややクリーム系、外縁は淡いブルーに色付きました。
中心部はもう少しうまく飛ばせたらよかったかな・・・

次回は、同じ日に撮影したもうひとつのメジャー対象デス。


星野写真 | コメント:12 |

改造用カメラご到着

天体改造する用のカメラを用意しました。
改造にはまだ出してません。
これからの満月期に改造に出して、次の新月期に間に合えばいいかな。

CANON EOS kiss x7 ボディです。


APS-Cのバリアングル非搭載モデルですね。

予定では使っている x7iを売りにだしてからだったのですが、先に購入しました。
ヤフオクで使えるTポイントが失効寸前だったので。

ヤフオクで落札しましたが新品です。
動作確認も特に問題ないです。
当たり前ですが、付属品も全部未開封で揃ってますね。

写真ではわかりづらいですが、x7iと比べてバリアングルがないぐらいと思ってました。
実際見て手に持つと、x7iと比べると凄くコンパクトですよ。
重さも全然違います。



x7iとボタン配置や操作メニューはほぼ一緒ですね。
説明書見なくても大丈夫です。

一通りチェックしてから改造に出そうと思います。
改造後の不具合なのか、元々だったのかわからないと困るので。
改造はSEO-SP4にします。

残念ながらx7iのバッテリーと互換性が無くて、外部電源も流用出来ませんね。
一緒にアマゾンで外部電源も注文しておきました。
サードパーティ製ですけど、特に問題なく動きましたが、たまに電池マークがおかしくなります。
AC100Vに繋いでるはずですが、電池残量が減ったりしますよ。
切れるようなことは無かったですが、問題ありならカプラーだけ純正品を使おうと思います。

x7とx7iが両方あるのでダークノイズの比較をしてみました。
ISO3200 300秒 気温15℃前後です。
それぞれ3枚連続で撮影した中の3枚目になります。
わかりやすいように、PSのCameraRawで露光量を+5にしたものです。
そのほかのパラメーターは0です。

画像クリックで大きい画像が出ます。

【液晶ONでの比較】

x7
x7 on

x7i
x7i on

x7iは画面中央右端にバリアングルの配線の影響と思われるノイズがありますね。
x7にはありません。

【液晶OFFでの比較】

x7
x7 off

x7i
x7i off

液晶ON同様、x7iには画面中央右端にバリアングルの配線の影響と思われるノイズがあります。
どちらも液晶ONより、ノイズが少ないように思います。
個体差はあると思いますが、私の固体ではx7iに比べてx7の方がノイズがやや多いように思います。
変わりに、x7の方はバリアングル配線によるノイズはなくなりました。
ちょっと気になるのは、x7のほうのノイズの出方。
x7のほうが縦方向に濃淡が目立ちます。

x7iの方もよくみればそうなっているのですが、x7iのほうは全体にまんべんなくノイズがある感じです。

【固定ノイズの比較】

x7
x7 off kotei

x7i
x7i off kotei

液晶OFFの状態で露光量やパラメーターなど変更してない素の状態でのダークノイズです。
やはりx7のほうが固定ノイズが多い印象です。

液晶画面はOFFの方がノイズは少ないと聞いていたので、ここ最近はOFFしています。
改めて検証しても、その通りでした。
非バリアングルモデルのx7の方がノイズが少ないことを期待しましたが、そうならなくてちょっと残念です。
個体差もありますし、バリアングル配線のノイズが消えただけでもよしとします。
機材 | コメント:4 |

未知との遭遇・・・ファーストコンタクト

気温が落ち着いて、少しづつ晴れ間も多くなってきた感じがします。
ヘンナタイトルですが映画のタイトルではありませんよ。
内容的には似たようなもんかもしれませんが(笑)

まずこの事を書いておかなければと思います。

大阪あすとろぐらふぃ~迷人会

ある日成人を迎えて随分立った頃、赤紙と呼ばれる封書が届いたわけですよ。



○○集団として色々と噂が絶えない集団からですよ・・・
メンバーの背中には、後指がササリまくっているとかいないとか。
入隊審査(○○審査)は、日々極秘裏に行われているようです。
白タイツ・白スワンを履いて歌って踊れるか・・・を夜な夜な監視し ているとかしていないとか。
(あ、○には変と態が入ります。ズバ!)



迷人会といえば、このトレードマークのたまねぎおやじ。
そして○○と言えば、まさに某マリネラ王国のたまねぎ部隊。
たまねぎ部隊といえば、○○ではあるが、エリートかつ、美男子の部隊デスよ。
迷人会とマリネラ王国・・・ナニか関係あるとか?ないとかっ!

そんな訳で少し前からお世話になっています。
届いた任命書は、いつも機材ケースの緩衝材裏の裏蓋に貼り付けて所持していますよ。
夜に活動しますから、いつ職務質問されてもこれを見せれば安心?なわけデス。



本題デス。

9月の新月期、迷人会のホームに遠征を計画しました。
22日の金曜に代休申請を出します。
天候が悪く目論見 は大失敗です。

25日はなかなかの予報です。
平日で迷人会のメンバー誰もこないかも・・・
初場所ボッチは、何があるかわかりませんから単独なら県内遠征に変更も視野に。

様子を伺っていると、メンバーさんが行くと仰ってますよ♪

会社に「ワレ、カヨウビダイキュウ」を発信します。

現地まで大体150km。3時間ほどですよ。
おにゅう峠が県内60km。2時間ほどなので、遠いようで以外に近いかもです。

会社からだと到着は20時、日中のアツい車内に機材を置きたくないです。
一旦家に戻って、機材を積み込み18時頃出発。
高速にのって、工事渋滞で40分ほどロス・・・・

目的地は奈良県五條市大塔。
最後のコンビニと思われる 所で一旦休憩デス 。
そこから約40km、後ろからきた車はたった2台でしたよ。
最後の山道も、おにゅう峠に比べたら格段に走りやすかったです。

途中シカさんと会い、21:45分現地到着です。
あとは、左に曲がれば迷人会の皆さんがいるはずです。
一旦手前で止めて、ライトを消して歩いて様子見にいきました。

暗闇からどなたか近寄ってきましたよ。
くらくてお顔が見えませんが、まぎれもなくこたろうさんです。
アツい握手を交わします。

おりおんさんと、有田のIさんも来ておられますよ~♪
こちらも暗闇でお顔が見えません(笑)
しばらくして、これまたお顔が見えませんがメンバーのみっさん。

なにやら落とし穴が仕掛けてあるらしく、注意するよう にと。
ワタクシ、暗闇だとこういうのにズッポシですよ!
安全の為に、ランタンを放り込んでおきました。

ヘンなウロコ雲みたいなんが、まだ北方向にぶわぁ~ っとあります。
滋賀だと南は明るいですが、ここの南側はまさに暗黒でちょっと不気味です。
雲が晴れてくると、餌にむしゃぶりつくように、みなさん機材にネコまっしぐらデス。

ワタクシも撮影を始めました。
安定期に入ったところで、ティータイムですよ。
地べたに座りこんで、色々お話ししてとっても楽しい時間です。
キャラメルコーンを出すのをすっかり忘れていました。

2時頃だったでしょうか?
一台の車がやってきましたが、こんな時間に誰かと思ったらメンバーさんのようです。
なんと、この時間から787bさんです。

あと何時間イケる?

とオッシャッテマスよ!
イキたいだけイケますよ!

787bさんも揃ったところで、全員揃ってティータイム。

機材の様子をみに行ったおりおんさん。

お~い アタッてまっせぇ~!

雄叫びが大塔にコダマします(笑)

おりおんさんや、787bさんに、双眼鏡を借りて星空も観察しましたよ。
アンドロメダもすばるもオリオン大星雲を双眼鏡で見るのは初めてですよ。
とってもよく見えました。

朝焼けを拝みながら、みなさんのお顔もようやく拝めました。



予定通り後半はいい空に恵まれ、色々機材を見たり、お話したりと有意義な夜を過ごしました。
聞いていた通り、南の空は抜群に暗かったですよ。
また来ようと思います。



現地を朝6:00に出発。
休憩しながら家に着いたのは10:30頃。
眠気は無かったですが、カレーを食べようとお米を炊きまし たよ。
飯食ったら寝よう♪

ぴぴー

ぴぴー
(炊飯器の炊き上がりの音デス)

どれどれ、今日もおいしい滋賀米が炊けましたよ~♪



・・

・・・

・・・・

なっしんうぉーたー!

おやすみなさい。

※今回撮影したお写真はまだ未処理デス。




雑記 | コメント:6 |
| ホーム |次のページ>>